こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

チャップリンの独裁者

The Great Dictator
ジャンル: ドラマ , アクション , コメディ
公開: 1960/10/22
製作国: アメリカ
配給: 東和

    チャップリンの独裁者 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 5.0

      36本目。名作です!

      2016/11/14 by masa

      「チャップリンの独裁者」のレビュー

    • 5.0 笑える

      チャップリンの映画を始めてみたのは10数年前に銀座のある映画館でやったチャップリン映画祭。そこで「街の灯」を見て感動し、次の週にこの映画で感動したのを覚えている。毎週の会社の休みを映画館で過ごすようになったきっかけの作品でもある。。某国の独裁者を皮肉って作られたこの作品。チャップリンらしい喜劇で見ていて笑える部分が多い。そして最後の名演説のシーン。いつ見ても感動する。感想はこんなところです。

      2016/03/07 by おにけん

      「チャップリンの独裁者」のレビュー

    • > そして最後の名演説のシーン。いつ見ても感動する。

      一番好きな映画です♪
      時間を置いて何度も観ようと思っています。 >> 続きを読む

      2016/03/08 by ice

    • ice様>
      コメントありがとうございます。

      チャップリンのおかげで映画の面白さというのが理解できた気がします。そういう意味では忘れられない作品の一つなんですよね。
      また時間ができたら見ようと思っています。
      >> 続きを読む

      2016/03/08 by おにけん

    • 5.0 笑える 切ない ハラハラ

      これほど明確にメッセージが伝わってくる反戦映画もないのではなかろうか。

      チャップリンがこの映画で何を伝えたかったのかは、ラストの演説を見れば明らか。
      奇しくも現代に通じるメッセージ性が何とも皮肉だ。

      笑いの部分はサイレント。伝えるべき事をトーキーで。
      チャップリンのこだわりが随所に見られており、笑える事も確かだが、この時代のユダヤ人の迫害を含めて怖さも余すところなく見られる。

      実際にヒトラーはこの映画を見たらしいのだが、何を想ったのかをぜひ知りたい所。
      白黒だとかサイレントとかで、敬遠してほしくない傑作です。
      >> 続きを読む

      2015/05/24 by オーウェン

      「チャップリンの独裁者」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ 元気が出る クール

      これまで観て来た映画の中でナンバー1。心からそう思った。

      チャップリンの存在はもちろん以前から知っていたものの、モノクロだったり、ほとんど喋らなかったりと言う辺りに飽きてしまうのではないかと感じて何となく敬遠していたのだが、先日、30分足らずの短編「放浪者」を観て、彼の作品の面白さに触れた勢いで、2時間超の長編となる以前から気になっていたこの作品を観ることになった。

      冒頭の戦争シーンでのドタバタは、いつものチャップリン作品と言う感じだが、途中からはユダヤ人居住地での迫害シーンが多くなり、シリアス度を増していく。

      風船でできた地球儀と戯れるシーンなど、幾つも有名なシーンは有るが、なんと言っても最後の演説シーンが凄い。

      いつものヒョコヒョコした歩き方で登壇し、怯えたようにボソボソと話し始めるのだが、ゆっくりと火力を強くしていくかの如く、テンションを上げながら自由の大切さを説く姿に大いに涙してしまった。

      思考停止して右へ倣えすることは簡単だが、それぞれが勇気を持って自由を守ることの大切さを、彼自身が、各方面から叩かれながら、この映画を公開したことで示した部分も有ったのではないかと思う。

      「ペンは剣より強し」と言うが、「笑い」で世界を良い方向に変えていけるなら、こんなに素敵なことは無い。
      できるところから少しずつ、世界を笑顔で満たしたいと思った。

      ◆チャップリンの放浪者
      http://www.eiga-log.com/p/B004GGQQSE/
      >> 続きを読む

      2015/01/01 by ice

      「チャップリンの独裁者」のレビュー

    • iceさんのレビュー、いいっすね。
      皆さん、是非見てください。なかなか感動的なよき映画です。
      確か、この映画公開当時、欧米にはヒンキーのネタ元さんを英雄視する人も少なくなくて、こんな映画を作って公表するのは、結構勇気のいった行動だったと伝え聞いております。
      >> 続きを読む

      2015/02/05 by ぴぐじい

    • いよいよこれは観ないとっすね!!!

      2015/02/05 by メッシイ

    • 4.0 泣ける 笑える

      チャップリンの代表作の1つで、第一次世界大戦後20年記憶を失っていたユダヤ人の床屋のおやじとヒトラーを模したトメニア国の独裁者ヒンケルが偶然同じ顔で入れ替わってしまう物語。

      独裁者を我儘で稚拙でとことん滑稽に演じるあたりが面白おかしく、まっすぐで紳士的な床屋の店主のドジな感じなど、ゆる~く観ていられます。

      後半入れ替わるあたりも大きな抑揚はなくほわっとしていましたが、最後のスピーチが進むにつれ、あれ?あれ?としているうちにどんどん引き込まれていき、気がつけば完全に心つかまれていました。

      緩和からの緊張に全部もっていかれました。やはりチャップリンはすごい。 >> 続きを読む

      2014/10/28 by モヌーン

      「チャップリンの独裁者」のレビュー

    • これは観るしかない!!!

      2014/10/28 by メッシイ

    • 風刺の効いた良い作品。

      2014/10/28 by チャミー

    もっとみる

    チャップリンの独裁者
    チャップリンノドクサイシャ

    映画 「チャップリンの独裁者」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画