こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

街の灯

City Lights
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス , アクション , コメディ
公開: 1934/01/20
製作国: アメリカ

    街の灯 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 4.0 泣ける 笑える 切ない

      なんと心が暖かくなる作品なのだろう。
      THE ENDの後、しばらくこの映画てチャップリンが
      してきたことを反芻していた。彼女のためにいろいろしてたなあ、
      ボクシングのシーン泣き笑い、最高だった。
      昨年末からケン・ローチ、ポン・ジュノ作品を続けて観てきているので、
      この作品も社会の下位層の覆しようのない、
      圧倒的な無力感が襲ってきた。
      約30年ぶりの鑑賞、笑える、そして切ない恋のお話以上に
      何かに寄生していながらも、気品、プライドだけは
      失わないチャップリンの生き様を今回は強く感じさせられた。
      >> 続きを読む

      2020/04/20 by 南風乗男

      「街の灯」のレビュー

    • 4.0 笑える

      浮浪者チャップリンが盲目の花売り娘に恋をするロマンティックコメディ。
      1931年公開。チャールズ・チャップリン監督・脚本・製作・主演。

      子供の頃は何も考えずに笑って観ていた映画ですが、改めて見直してみると絶妙なパントマイムの素晴らしさに、笑いながら惚れ惚れしてしまいました。
      私的に好きなのは、ワンカット長回しで撮影されたボクシングの場面。チャップリンと相手ボクサーの息の合った動きには感嘆するばかりです。

      浮浪者と花売り娘が出会うシーン。そして、ラストで浮浪者が破顔するシーン。どちらも一度観たら忘れられない名場面。
      まごうことなきサイレント映画の傑作です。
      >> 続きを読む

      2020/04/18 by ででん

      「街の灯」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える

      これはサイレントとして最高の表現が生きた映画ではないでしょうか。

      チャップリンに笑って泣いてと満足の出来。
      レストランとボクシングの場面は、いかにもなシーンの連続に笑える。

      浮浪者と盲目の少女。出会いからラストまでせつなくなるほどのラブストーリー。
      ラストはあのハンサムな青年と娘がくっついて、チャップリンが寂しげに見つめながら後ずさりしていく。なんてバージョンも有りかなと思いますが、それじゃあまりにも悲惨すぎるか(笑)

      気まぐれな酔っ払い金持ちとの出会い方も、個人的には大好きです。水面から助けるというギャグは今も脈々と受け継がれてますし(笑)

      ラストの盲目から気づく愛。はにかむ笑顔がこの上なく微笑ましいラストだった。
      >> 続きを読む

      2015/11/24 by オーウェン

      「街の灯」のレビュー

    • ほとんど観てはいないのですが、独裁者でチャップリンの大ファンになってしまいました

      このレビューを拝見したのをきっかけに、全部観るか!と一大決心をしたのですが、そういう系のDVDはお高いですねぇ...
      >> 続きを読む

      2015/11/25 by ice

    • 4.0

      音楽も良かったし、バランスもいい感じでした◎
      変わった富豪との場面や、ボクシングの場面、パーティの場面など見どころが沢山あります♪
      そしてこの話自体が素晴らしい!花売りの娘に恋をしたチャリ―は彼女の盲目を治してやろうと決心し、お金を稼ぐため仕事を始めようとする。
      こういう純愛大好きです☆
      個人的には富豪との場面を少し短くして、彼女との場面をその分長くして欲しい気もしました。

      これら素敵な要素を見事にまとめたチャップリンの演技はとても素晴らしかったです。 >> 続きを読む

      2015/02/07 by きりゅう

      「街の灯」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      【盲目の花売娘のために奮闘するチャーリー。無償の愛を笑いと涙で描く不朽の名作。
      放浪紳士チャーリーは街頭で花を売る少女の美しさに魅せられ、ポケットに残る小銭で一輪の花を買う。だが少女は彼を金持ちだと勘違いしてしまう。後に引けなくなったチャーリーは、彼女の目の治療費を稼ぐため、悪戦苦闘を繰り広げる……。】

      思いっきり笑い・・・ ラストはもう涙涙涙;;;;;;

      感動でいまだに涙が止まらない。思い出すだけで・・・涙

      なんて純粋で美しい話なんだろう。なんて一途で美しい心。チャーリー。

      トーキーの時代にこれほどのコメディ、チャップリンの偉大さが分かる。面白すぎる。
      ・・・で、ラストの感動!

      衝撃の作品です。

      文句なしの 星5つ  でも少ない。
      >> 続きを読む

      2014/01/10 by バカボン

      「街の灯」のレビュー

    • 私もチャップリンの作品、他のも観たいと思います。
      でも、ツタヤさんなかなか置いてないですね。
      今度は取り寄せてもらっておこうかと思います。
      >> 続きを読む

      2014/01/10 by バカボン

    • 意外としっかり眉毛書いてますよねーw

      2014/01/11 by makoto

    もっとみる

    街の灯
    マチノヒ

    映画 「街の灯」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画