こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編

ジャンル: アニメ
公開: 1982/03/13
製作国: 日本
配給: 松竹

    機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 切ない クール

      一応の完結作として感動できた!
      人類のスペースノイドとしての目覚め「ニュータイプ」の時代の到来というテーマ、ラストシーンのカツ、レツ、キッカの誘導シーンに深いモノを感じました!

      2018/08/06 by motti

      「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」のレビュー

    • 3.0

      アムロとシャア。二人の男の人生が凝縮されている本作。
      アムロは戦いの中で分かり合えた存在であったララァを殺してしまい、失意のうちに最終決戦に突入する。
      シャアも、ララァという「母になってくれる存在」を亡くし、ニュータイプの自信がないままサイコミュ搭載MSジオングに乗る。
      二人は肉弾戦まで演じるが、結局アムロは父母やララァを失った後自分の居場所をWBのクルー達に見つけ、シャアはザビ家に対し復讐を遂げる。

      ハッピーエンドのようだが、続編で実はハッピーでもなんでもなかった事実がわかるのだがそれはまた違う作品の話。 >> 続きを読む

      2017/04/01 by みのくま

      「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」のレビュー

    • 5.0

      30周年記念の廉価版を割引料金で…。TVシリーズの総集編的作品の後編。前編で宇宙から地上に降りて、中編はその地球上での戦いを描き、この後編では再び宇宙へ。三部作全体を通しての最大の見せ場ソロモン攻略戦と、クライマックスであるア・バオア・クー攻防戦があるので、本作が三部作中一番盛り上がるお話であると思います。

      前作「哀・戦士編」の感想にも書きましたが、基本子供向けなんですけど、大人びた設定やドラマがあって、背伸びしたい盛りの子供に打ってつけ。加えて、中学、高校と成長する度、新しい見所や視点が。おじさん、おばさんになって振り返るに値する作品だと思っています。

      今時のアニメに比べて絵のクオリティが少々落ちるかも知れません。既に今時ではない「エヴァ」なんかと比べても、SF設定のマニア度や緻密度がやや浅かったり、メカや登場人物のネーミングのセンスがあまり洗練されていない気がしたり、絵柄の美しさや細密さで劣るかも知れません。台詞も良くも悪くもちょっと不思議なセンスだったり…。

      でも、この無国籍風を含めた不思議というか、ユニークな味わいが好きです。「萌え」に走ってる「エヴァ」とかより、硬派とは言いませんが、暑苦しくて、人間臭い、このドラマが好きです。ちっともクールじゃない主人公アムロ君が良いです。まあ、ちょっと成長して、少しだけかっこよくなりますが…。美形キャラは一部だけで、人柄や性格だけでなく、容姿の面でも個性と多様性に富んだ登場人物たちが良いです。ファースト・ネームに階級とか付けて呼んじゃったりしても良いじゃないですか。ファンの人に後付けで設定を考えてもらっちゃったりしても良いじゃないですか。それはともかく、個人的に思い入れのある作品であることもあっての、この高評価ではあります。
      >> 続きを読む

      2015/06/19 by ぴぐじい

      「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」のレビュー

    機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編
    キドウセンシガンダムスリーメグリアイソラヘン

    映画 「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック