こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

エアベンダー

The Last Airbender
ジャンル: アクション , アドベンチャー
公開: 2010/07/17
製作国: アメリカ
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン

    エアベンダー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 2.0 ハラハラ

      ぇ?こんなの監督してたの?
      ...と思ってレンタル鑑賞。
      しかし、M・ナイト・シャマラン監督のほかのどの作品よりもガッカリした。
      こういう映画、もちろんアリだと思うけど、僕の好きなM・ナイト・シャマラン監督であることにガッカリなのである。
      また続編があるようなので余計にガッカリなのである。
      でも一応 続編も見ちゃうかもしれない自分にもガッカリするかもしれないw


      (~allcinema)
      「シックス・センス」「ハプニング」のM・ナイト・シャマラン監督が、初めてオリジナル脚本ではなく、原作のある物語に挑戦したファンタジック・アクション・アドベンチャー。米ニコロデオンの人気TVアニメ「アバター 伝説の少年アン」を実写映画化。秩序が崩壊し戦乱が続く世界に調和をもたらす最後の希望となった一人の少年の成長と活躍をスペクタクルに描き出す。主演のノア・リンガーはテコンドーで黒帯という武術の実力が認められ、みごと大役に大抜擢となった。
      氣・水・土・火の4つの王国によって均衡が保たれていた世界。各王国には、それぞれ国の要素“エレメント”を操る使い手“ベンダー”がいた。その中でも4つ全てのエレメントを操ることができる者は“アバター”と呼ばれ、世界に調和をもたらす唯一の存在といわれていた。アバターは輪廻転生により各国順番に現われ、今世そのアバターとして生まれたのは、氣の国の民で“エアベンダー”の少年アンだった。しかし、アバターの重責に堪えきれず逃げ出したアンは氷の中に閉じ込められてしまう。ちょうどその時、火の国が反乱を起こし、氣の国は全滅、世界の秩序は崩壊する。100年後、水の国の兄妹カタラとサカによって発見され、救い出されたアンは、アバターとしての宿命と向き合い、世界に平安を取り戻すべく、さまざまな試練に立ち向かっていくのだが…。
      >> 続きを読む

      2019/01/09 by motti

      「エアベンダー」のレビュー

    •  
       
       
      こんばんは。
      ご存知の様に、本作は全米のTVチャンネル"ニコロデオン"が製作したアニメ『アバター 伝説の少年アン('05~'06)』の「シーズン1」を元に作られました。M.N.シャマランにとって本作と『アフター・アース('13)』は謂わば雇われ監督で、お金の為に引き受けました。この二作で得た資金を元にM.N.シャマランはやりたかった企画として「ザ・ナイト・クロニクル」なるプロジェクトを始動させて行きます。
      因みに約1億5千万ドルと云われる本作の製作費に対し、収益は約3億2千万ドル稼いだと云われています。
      以上、M.N.シャマランの名誉の為に書き添えておきます。
       
       
      >> 続きを読む

      2019/01/15 by 三多羅 格

    • >三多羅さん
      情報ありがとうございます。
      シャマラン監督らしくない理由がよく分かりました。
      アフター・アースも同様に、らしくない気がしていましたが、納得です。
      >> 続きを読む

      2019/01/15 by すえきち

    • 3.0 ハラハラ

      Netflixで視聴。
      ファンタジーですかね。

      シャマラン監督なので、ちょっと期待していましたが。
      コンセプトは割と好きだし、映像もキレイで嫌いではないです。

      でも、ちょっとお話としては練れてなかったなか。。
      まず、世界観の説明が弱い。
      そして、アバターが100年不在だった理由の説明も弱い。
      だから、全体的にぼんやりしちゃってよくわからない。
      3部作くらいの予定だそうだけれども、1作目だけではなぜタイトルが『エアベンダー』なのかわかりにくい。
      たしかにアンはエアベンダーだけど、アバターだっていうところが重要なんでしょ?

      とはいえ、個人的にはああいう作りこまれた世界は好きなので、割と好きです。
      >> 続きを読む

      2016/09/13 by みつ。

      「エアベンダー」のレビュー

    • 2.0

      4つのエレメントが存在する世界で火の国が野望を持ち世界征服を企む。全てを司る選ばれし「アバター」が世界を救う。…という聞いただけでプンプン臭ってくる映画。
      なぜか全て中国系な服装で「気のベンダー」は完全に少林寺、まぁ統一感はあって良いけど。

      正直、世界観はすごく好みなんだけど、キャラが全く立ってないから誰が何を目指してるのか途中で分からなくなる。つまるところ、背景や設定は良い感じなのに『もっと上手いこと作れんもんか』と思わせる作品。

      2016/05/15 by かがみくん

      「エアベンダー」のレビュー

    • 評価なし

      1回目の鑑賞。鑑賞日不明
      2010年劇場鑑賞。NO.29

      2016/05/07 by おにけん

      「エアベンダー」のレビュー

    • 2.0

      M・ナイト・シャマランの作品にはもはや期待することなどないが(笑)初めて原作ものを手掛けるというのだから違うものが出来上がる可能性がある。

      とはいえ子供向けのアニメが原作なので物語もかなり敷居が下げられている。
      その割りにのめり込ませない所はシャマランらしい。

      いきなりアバターという単語が出てくるが、あっという間に混乱した秩序を取り戻す青年というところから始まる。
      この少年が明らかに少林寺にでもいそうな子供。

      案の定カンフーを使うが重要なのは氣・水・土・火の4つの要素を司る王国があり、それぞれの国にその能力者たちがいること。
      つまりはこの能力者たちが戦うことによって、派手な視覚効果を駆使したバトルが見れるというわけだ。

      ただ残念ながらシャマランの演出ではこういう類は無理だった。
      無駄なスローモーションをかっこいいとでも思っているのか。
      肉体同士の格闘はつまらない掛け合いになり、要素は予告編で見せたものしか入ってこない。
      最後のアンの長回しの演出など酷いものだ。

      完全に続編を狙っているが、劇場で見ることはないだろう。
      >> 続きを読む

      2015/07/17 by オーウェン

      「エアベンダー」のレビュー

    もっとみる

    エアベンダー
    エアベンダー

    映画 「エアベンダー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画