こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヤッターマン

Yatterman
ジャンル: コメディ , アクション
公開: 2009/03/07
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹=日活

    ヤッターマン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 2.0

      案の定という感じ。言うことはない・・・

      2015/11/05 by kaiteru

      「ヤッターマン」のレビュー

    • 3.0

      ヤッターマンの実写化。
      どう考えても無謀だ。だが儲かるような企画は大歓迎とばかりに作ってしまうのだ(笑)

      予想した通りのものもあったり、または白ける部分も多々あったり。

      歌の場面は完全に引いてしまったし、この映画を見ればヤッターマンが主役じゃないことは誰の目にも明らかだ。

      敵対するドロンジョ様とその一味が完全に横取りしている。
      もっといえばドロンジョ様を演じる深田恭子こそが主役。よってタイトルはドロンジョ様に入れ替えで(笑)

      三池監督の大袈裟な作風でしか作り得なかっただろうこの作品。
      昔ながらのファンに目配せした部分はあるが、個人的には寿司屋で出てくる本家の方々の出演部分は気に入った。

      CGなどほとんどギャグにもなり得てないが、これを笑えるのは限られる。
      ドロンジョ一味が分かれていくその先はアニメ版と一緒。

      おまけがあったが、それが実際できるかは神のみぞ知る。
      あっ!そういや神じゃなかったんだっけ(笑)
      >> 続きを読む

      2015/07/29 by オーウェン

      「ヤッターマン」のレビュー

    • アニメの実写化はあまり成功しない印象がありますね^^;

      2015/07/29 by tamu

    • 〉ドロンジョ様を演じる深田恭子こそが主役。よってタイトルはドロンジョ様に入れ替えで(笑)
      な~るほど、それは名案ですね!
      「マレフィセント」みたいにね!
      >> 続きを読む

      2015/07/29 by 月うさぎ

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      いやぁ、実はリアルタイムでオリジナルを観ていた世代だけに、かつ三池監督作品も好きなんでツボでした。

      敵メカのコクピットの中などまでああ、これだよ、こんなだよと実写についてはよくぞここまでという三次元への再現ぶり。生瀬ボヤッキー、ケンコバのトンズラーはすばらしすぎる出来。あの特徴ある容姿をも実は紐もあらわなツケ鼻であえてああいう格好をしているいわばコスの一部という解釈は見事。

      深田恭子のドロンジョ様はオリジナルとはやや性格が異なり、初めての恋を口走っちゃったり、なんだかまんま深田恭子ながら胸の谷間の右胸乳のほくろまであらわにしてのコスプレ姿でこれまたすばらしかったです(って単にコスプレ好きかよ、自分)。「天才ドロンボー」の曲でのそんな三人組の踊りなどそのゆるさまで感涙ものでした。

      そして実写化は「ブタもおだてりゃ木にのぼる」から「全国の女子高生の皆さん」なんてフレーズにまで及ぶ。

      さらにファミリー向けながら「妖怪大戦争」の時のように下ネタやらお色気やらを盛り込んでいく三池監督の確信犯ぶり。伸縮自在のスティックが仰向けのヤッターマン二号のお股を熱くすっていったりなんてのに始まり、ドクロストーンの影響で次々と大事なものが消えていく…というところで富士山なんて大がかりなものの消失と等価にパチンコ屋の看板の一文字欠落が語られたり。童心に戻ったり、ニヤニヤさせられたりで楽しんじゃいましたわ。
      >> 続きを読む

      2015/02/08 by ジェイ

      「ヤッターマン」のレビュー

    • オリジナルファンでも楽しめる感じなんですね♪

      公開当時深田恭子さんきれいだなぁと思っていました!
      >> 続きを読む

      2015/02/08 by coji

    • 素晴らしい。素晴らしい。映画も素晴らしいが、レビューも素晴らしいです。
      (T_T)
      感涙 >> 続きを読む

      2015/02/08 by ぴぐじい

    • 3.0 笑える

      見ているこっちが恥ずかしい映画でした。

      この映画を見ても良い大人とはまず…

      1.アニメ「ヤッターマン」を懐かしく思える人

      2.深田恭子さんに愛情を注ぐ監督に共感できる人

      3.または1と2を両立する人

      …だと思われます。

      懐かしいネタやお約束がいっぱい。なかなか上手にそれらを取り込んであります。加えて、映像的に変なディテールに拘っていたりもして、町の風景など注意して見ていると、結構笑えます。

      率直に言って、小学生男子が喜ぶレベルのエロネタ満載で、小学生レベルの恋愛要素が絡めてあるなど、大人が見ていては気恥ずかしさを覚える内容で、子供向けかと思わせる部分もあるのですが、実際これ見て一番楽しめるのはオヤジ&オヤジ予備軍の皆さんでしょう。恥ずかしさも味の内というか、魅力の内と考えましょう。

      予告編などで既にご存知の方も少なくないと思いますが、本作の主役ははっきり言ってドロンボー一味です。なのでヤッターマンを演じる櫻井翔くんと福田沙紀ちゃんはちょっと影が薄い。頑張ってはおられるのですが。そのくせ冒頭とラスト間際にしか登場しない阿部サダヲ氏が目立っていたりします。おまけに主役メカのはずのヤッターワン、ボロクソな扱いです。

      福田沙紀ちゃんと並んで、本来なら準ヒロイン格であろう岡本杏里さんは酷い扱いを受けています(ネット上の某無料百科事典の彼女の役柄の解説が笑えます)。

      そのくせ深キョンドロンジョに注がれる愛情は相当なものです。ちなみに、彼女はドロンジョ様になり切っているというよりは、ドロンジョのコスプレをしたいつもの深キョンさんです。でも、そこがおじさんたちにはたまらないものとなっているようです。その他、ボヤッキー役の生瀬勝久さんとトンズラー役のケンドーコバヤシさんもハマっておられます。

      まあ、本来なら実写には全然向かない題材を何とか洒落として見られる作品にまで仕上げたのですから、監督さん以下のスタッフの皆さんは「たいへんよくできました」ということで、星一つおまけ。いや、個人的には四つ星ぐらいでもいいのですが、話の趣旨を理解せずに見に行く人がいるといけないので。その辺を理解した上でご覧になられたい方は、是非劇場のスクリーンにて。このバカバカしさとこっ恥ずかしさにある種の快感を覚えることでしょう。
      (注意:劇場公開当時に書いたレビューです)
      >> 続きを読む

      2015/02/06 by ぴぐじい

      「ヤッターマン」のレビュー

    • モノ凄くすんなり楽しんでしまったのが恥ずかしい...(笑)

      2015/02/06 by ice

    • いえいえ、素直が一番!
      私が照れ隠しで、迂遠なことを書いているだけですよ。
      (^^)

      2015/02/07 by ぴぐじい

    • 3.0

      恋愛いらない

      2015/01/15 by Logikoma41

      「ヤッターマン」のレビュー

    もっとみる

    ヤッターマン
    ヤッターマン

    映画 「ヤッターマン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画