こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
(C)2011「RAILWAYS2」製作委員会
11月19日富山先行公開 / 12月3日(土)全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: ドラマ
公開: 2011/12/03
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
人生は鉄道に乗った長い旅─
夫婦の絆を描く、感動シリーズ第2弾

第2の人生、あなたは誰と生きたいですか─
人生の分岐点に立つ、すべての大人たちへ贈る感動作!

 人生は、鉄道に乗った旅のよう。いつ新たな出発をしても、決して遅すぎることはない─
そんな前向きなメッセージで、日本中を勇気づけてくれた映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』。島根県を舞台に、出雲の大自然を走る日本最古級電車・一畑電車<デハニ50形>の運転士になる夢を果たす男と、その家族との絆を描き、2010年を飾るヒット作となった。その好評を受けて今回、人生を鉄道になぞらえ、鉄道にまつわる人々に光をあてたドラマを描く『RAILWAYS』のシリーズ第2弾が誕生した。
鉄道運転士の滝島徹は、仕事一筋の日々を過ごし、気が付けば59歳。ずっと専業主婦として彼を支えてきた妻の佐和子は55歳。徹の定年退職を1か月後に控え、夫婦は第2の人生を迎えようとしていた。そんなある日、佐和子は結婚を機に辞めた看護師の仕事を再開すると宣言するが、徹は妻の申し出を理解しようとしない。ふたりは口論となり、佐和子は家を飛び出してしまう。一度できた溝は深まる一方で、ついに佐和子は徹に離婚届を手渡す─。
これからの人生は、妻のためにと思っていた夫。これからは自分の人生を生きたいと願った妻。妻には夫の知らない“ある理由”があった。そばにいるのが当たり前すぎて、本当の気持ちを言葉にできないふたり。すれ違う夫婦の想いに、ひとり娘とその夫、徹の同僚や部下、佐和子が担当する患者一家の人生が交錯する。果たして夫婦がたどり着いた第2の人生の、思ってもみなかった出発地点とは─?

シリーズ第2弾の舞台は、富山県の富山地方鉄道。雄大な北アルプスを背景に、どこまでも広がる田園風景が、あらためて日本の風土の美しさと豊かさを伝えてくれる。人生の節目に直面し、これからの生き方を模索する主人公の夫婦の夫役には、主役から味わい深い脇役まで様々なジャンルの作品に出演し、日本映画界には欠かせない存在となった三浦友和。妻には、親しみやすさと凛とした美しさをあわせ持ち、同性からの圧倒的な支持を集める余貴美子。
また、演技力が高く評価されている小池栄子、フレッシュな魅力をスクリーンに吹き込む中尾明慶、日本を代表する演技派女優である吉行和子ら、実力派キャストが集結した。監督は、本作が第一回監督作となる蔵方政俊。脚本はシリーズ前作に引き続き、小林弘利とブラジリィー・アン・山田。そして主題歌も前作同様、松任谷由実が手掛け、大人の愛を綴っている。
人生という旅の中には、歳月を重ねてこそ感じる迷いや焦りがある。シリーズ第2弾では、立ち止まったり、寄り道したり、時には後戻りしたり─そうやって自分の人生を見つめ直す夫婦とその周りの人々が、喜びと幸せを分かち合ってきた、かけがえのない存在に気付くまでを描く。
今、こんな時代だからこそ、人と人との絆を確かめたい─大切な人の手を離さずに、これからの人生を輝いて生きたいと願うすべての大人たちへ、勇気と希望を贈ります。
>> 続きを読む

    三浦友和 余 貴美子 小池栄子 中尾明慶 ・ 吉行和子 塚本高史 岩松了 徳井優 中川家礼二/仁科亜季子 清水ミチコ 立川志の輔 米倉斉加年/ 西村雅彦 製作総指揮:阿部秀司 監督:蔵方政俊 脚本:小林弘利/ブラジリィー・アン・山田 音楽:Nick Wood 主題歌:松任谷由実「夜明けの雲」

    RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      時間が長くて、特に大きな波も派手でもないので、
      じーーくり、ボーと見れる。

      2016/12/18 by アスハ

      「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」のレビュー

    • 2.0

      テレビ放送を録画して視聴

      映像は綺麗です
      かなり資金も豊富な映画であることが窺えます
      俳優陣も豪華で間違いのない演技をしています
      しかし…
      ストーリーは陳腐すぎて全く感動できません
      社会で尊厳をもって生きたいと願う女性がなんの和解もなく
      元の夫婦に戻れるはずもなく…
      安易すぎる展開に苦笑してしまいました
      途中登場した初恋の相手?も意味不明だし…
      部下の恋愛にしてもそう
      展開しそうでしない無駄なシーンが多すぎるわりに
      最後の重要な夫婦はどうして絆を取り戻せるのかが描かれていないのは何故なんでしょうね。。。
      答えがないならこんな物語を描かなければいいのに…
      ただただ映像が美しいだけの富山県民のための映画です
      >> 続きを読む

      2016/11/28 by YSL

      「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      鉄にも楽しめます
      富山の風景好きです

      2015/01/03 by takosaru

      「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」のレビュー

    • 3.0

      対象年齢が定年前後の方になっている気がして、私には早かった。

      不器用で仕事一筋の夫と、本当は働いて自分らしく生きたいけど仕事をしないで家にいることを望まれて我慢してきた妻。その妻があることをきっかけに自分の人生を歩もうと決める。

      幸せなことに私は自由に生きているので、感情移入が全然できず、わからない。三浦友和の自分勝手さにイライラが止まらない。そしてどことなく私の父と似ている…。こんな旦那無理だわー(怒)とか思いながら観賞終了。私はもっと素直に楽しく生きたい。

      時が経てばこの映画の良さをわかる日もくるのだろうか。 >> 続きを読む

      2014/07/05 by milktea

      「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」のレビュー

    • 少子高齢化の今、働かない女は特権階級になりつつあります。
      >仕事をしないで家にいることを望まれて我慢してきた妻。
      こういう時代は終わったので、私たちが歳をとっても共感できる日はこないと思います。
      そうか。そういう映画なんですね。なるほど。
      「大人たちへ」というよりも、もっと……あわわ。.。o○ ○o。.
      >> 続きを読む

      2014/07/06 by 月うさぎ

    • 個人的には定年退職してもソフトウェア作っていそうな気がします。

      2014/07/07 by Shimada

    RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
    レイルウェイズアイヲツタエラレナイオトナタチヘ

    映画 「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画