こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

ジャンル: 刑事 , ドラマ
公開: 2012/09/07
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全21件
    • 2.0

      コメディタッチならまだしも、シリアス路線でこのオチはやり過ぎでしょ。
      おまけに警察幹部も、北朝鮮じゃないんだから会議の席上であんな大胆発言する訳ないでしょ。まだ密室なら分かるけど。

      分かりやすく見せようとする余り、やり過ぎてアンバランスになっちゃったな、と思いました。

      2022/04/11 by バナバナ2

      「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」のレビュー

    • 4.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ 元気が出る クール

      TVドラマから始まった超人気シリーズの最終作。

      警察押収物の拳銃が凶器となった殺人事件。

      警察内部犯の可能性が高い状況の中、組織を守るべく隠蔽工作に舵を切る上層部。

      これまで事ある度に観返し、元気と勇気を何度となく貰ったシリーズ。
      もはや自分の人生を重ねることも少なくない最も大切な作品と言っても過言では無い。

      長期に及び中、演者が亡くなるなどにより継続が難しいのはわかるが、これで最後と言われてしまうとなかなか受け止めることができず、10年も経ってからやっと観ることになった。

      「新たなる希望」というサブタイトルでは無いが、自分の人生でも、今を新たなる出発点として挑戦することに決めた。
      >> 続きを読む

      2022/03/19 by ice

      「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      今の時代になって警察はすでに入った時点でみんな犯罪を犯さないといけないという元警察官の暴露を知ってから不正だらけの組織なのはわかりきったこと。隠蔽は当たリ前で上からの命令はおかしくても従うといったことも目新しくなくなったが、どこかで青島のような刑事が現実にもいてほしいと思う。もう少しコメディ要素を多くしてほしかったけど、これは最後の締めくくりとして時間が経ってから見るとノスタルジー。最後のクレジットでおなじみの主題歌と今までのシーンが出てくるのがじーんとくる。(Netflix) >> 続きを読む

      2022/02/28 by 桃猫バラ

      「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」のレビュー

    • 3.0

      様々なスピンオフ作品なども生み出してきた踊る大捜査線シリーズも終にFINAL!

      「正義なんて心に留めておく位が丁度良いんだ」
      警察内での不正、揉み消し、体面、体裁を気にした姿勢が時に事件を迷宮入り、または不幸な被害者を生んでしまう事もある・・・
      その一つの解決がこの映画だったのかもしれない。。

      ぶっちゃけ心残りはすみれさんと青島くんの恋の行方でしたw >> 続きを読む

      2020/10/04 by ヒデト

      「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」のレビュー

    • 2.0

      踊るシリーズ完結です。3作目で完結だと思っていたので、イメージが薄かったです。

      警察組織のリアルな描写を描いた作品らしいラストでしたが、ちょっと物足りなかったです。もう少しひねってほしかったし、もう少しひねれたんじゃないかなと期待してしまいました。

      青島と室井さんの関係性は全シリーズ通して興味深いですが、今作はしっかりと直接的なタッグが組まれていて、見応えがありました。

      「お前が犯人だ。・・・どうする」にはシビれた。 >> 続きを読む

      2020/04/21 by jun88

      「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」のレビュー

    もっとみる

    踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
    オドルダイソウサセンファイナルアラタナルキボウ

    映画 「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック