こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

カラフル

ジャンル: アニメ
公開: 2010/08/21
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    カラフル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 4.0 元気が出る クール

      あの、カッパのやつ?の原恵一監督監督のアニメ作品ということで期待して観ましたが、やはりイイですね。

      もちろん原作があってのことですので監督の手腕たってたかが知れてるのでしょうが、たとえばジブリ作品なんかより真面目なところがよい。
      ビッグネームバリューのジブリは不純なのだ!
      ヲタク向けアニメとも全くちがうし、ほんとうに真面目だ。
      そこが良い!

      絵がかわいいとか、全くないの。
      それどころかキモいくらい(笑)

      たのしめました!

      (allcinema解説)
      森絵都の名作児童文学を「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督でアニメ映画化した感動ファンタジー・ドラマ。死んだはずの主人公が天使から再挑戦のチャンスをもらい、自殺した少年の体を借りてその家族や周囲の人々との暮らしを始める中で、少年にとっては灰色に見えた日常が、本当は様々な顔を持っていたことに気づいていく姿をさわやかに綴る。
      死んだはずの“ぼく”は、プラプラという天使らしき少年から“おめでとうございます。あなたは抽選に当たりました”と話しかけられる。大きな過ちを犯して死んだ魂のため輪廻のサイクルから外れてしまうはずだったが、再挑戦のチャンスが与えられたというのだ。そして、自殺したばかりの中学生“小林真”の体を借りて、自分の犯した罪を思い出すため下界で修行することに。ところが、父は偽善者で、母は不倫中、そして自分をバカにする兄とは絶縁状態という最悪の家庭環境。おまけに学校でも、友だちがひとりもいない上に、秘かに想いを寄せる後輩ひろかが援助交際をしていた事実を知ってしまうなど、まるで救いのない日々だった。そんな中、真の体に収まった“ぼく”は、真っぽくない振る舞いで周囲を困惑させてしまうのだが…。
      >> 続きを読む

      2019/02/28 by motti

      「カラフル」のレビュー

    • 5.0 クール

      自殺を「自分を殺す」という視点でも描いているのは、どうにもスゴイ。作品にのめり込むのも必至で、このストーリー仕立てにも感心しました。
      ところで、今日、山手線の電車の中でブツブツと独り言を言っては、突然大声で叫んでる若い人が隣に立っていました。皆が避けてその人の周りには私以外誰もいなくて。その時、フト、この人を抱きしめてあげる人はいるのかな?と思った瞬間に、急に赤の他人には思えなくなりました。
      作品内容にはほど遠い感覚かも知れないけれど、話中に「皆んな変わってて、それが普通だ」という件が、この体験に被りました。 >> 続きを読む

      2018/10/10 by nomura

      「カラフル」のレビュー

    • 3.0

      現代の中高生を対象にした思春期推奨映画というところかな。尾崎豊さんのカバー曲やアンジェラ・アキさんの『手紙〜拝啓十五の君へ』合唱バージョンを誇張して使ったり、いかにも思春期心を揺さぶろうとしている感が少し出しゃばり気味。それにしてもプラプラの関西弁の適当さ…この作品が大々的に宣伝されたほど熱意の込められたものならば方言の完成度ももっと上げてほしかった。もうあれは関西弁ではなくプラプラ独自の言語と無理矢理思い込もうとか無駄な努力を観客に意識させるのは不完全。

      2018/09/01 by noix

      「カラフル」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      原恵一監督はもはやその名前だけでアニメの品質は保証されている一人だ。

      天国にいるぼくだが、そこに天使が現れ輪廻のサイクルにのるチャンスが与えられるということに。
      よって地上に戻ったのは小林真という自殺から生還した中学生になる。

      単なる人間の入れ代わりではなく、挑戦という形で別の人格に入り別の人生を歩んでいく。
      その人間を知るにつけ家族や学校での位置づけを知る。
      そこにはいじめや裏切りという中学生には苛酷な環境が待っている。

      周りからもそうだが、真自身からも寄っていく改善の仕方。
      家族での談話のシーンが心温まる。
      生きてる?という単純だがとても力強いセリフに聞こえる。
      >> 続きを読む

      2018/08/13 by オーウェン

      「カラフル」のレビュー

    • 5.0 笑える 元気が出る

      誰もが、自分のキャラが定まって無いということに感じる不安感をここまでリアルベースで表現した映像作品って、これ以外に無いんじゃないかなあ。原作も面白いんだと思う。読んでないけど。

      実写だとぷらぷらの存在が嘘臭くてちゃっちくなりそうだけど、アニメでやることでこの作品を逆に大人の鑑賞に耐えうるものにしている。

      売春をしてる女の子が、マコトの絵にイタズラしようとしているところに遭遇するシーンで、女の子が涙を流した次のカットで、黒い絵の具が地面に落ちる演出にドキッとさせられた。カッコいい。

      2017/05/27 by unkuroda

      「カラフル」のレビュー

    もっとみる

    カラフル
    カラフル

    映画 「カラフル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画