こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

十三人の刺客

ジャンル: 時代劇
公開: 2010/09/25
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    十三人の刺客 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      めちゃくちゃかっこよかった
      ギラギラした土臭いにおいがする
      構造は忠臣蔵に似てるが、先に見た決算忠臣蔵が刀で戦うシーンがまるでなかったのでこちらでカタルシス消化
      血が出るわ出るわ血生臭さもあいまって
      吾郎ちゃんのヤバさが際だっててよかった、あの人の狂気の演技はお金払う価値がある
      松方弘樹の殺陣が素晴らしかった、やっぱり餅は餅屋、時代劇は時代劇俳優のもんである
      顔面の強さが違う
      元気が出るテレビでデレデレヘラヘラしてた変なサングラスのおじさんと思ってたがめちゃくちゃかっこよかった
      伊原剛志さんのかっこよさにも気づけてよかった
      体格がいいから侍が似合う
      あとの主役達も一人一人書ききれないくらいみんなよかった
      役所さんは理想の上司だな、心がけてマルちゃん正麺食べよう
      伊勢谷も高岡奏輔も戻ってきてほしい
      最後の厠に首が転がる演出も見事
      斬られ役の方々の細かい演技も素晴らしい
      あとすごかったのは音
      刀の音や切れる音、身衣の音など迫力がすごい
      俳優陣も豪華だったのでそれぞれのスピンオフとか撮れたらよかった
      「しきゃく」じゃなくて「しかく」なんだな
      最後の最後のブルーレイの広告でやっとわかった
      時代劇はお馬さんがかわいそうになるのであまり見たくなかったが、CGだとわかるところもあって今回はなんとか
      よっしゃ、もっかい見たろ!
      伊勢谷の不死身設定はなんなんだろうな…
      二回目みました
      敵役のたじろぐ演技(実戦したことない侍の戸惑い)も見事でしたね
      わたわたしてた
      >> 続きを読む

      2021/04/15 by shiduka

      「十三人の刺客」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      稲垣吾朗の バカ殿 !

      片岡千恵蔵、里見浩太郎の1963年版を三池崇史監督がリメイクしたもの。
      それぞれの役を役所広司、山田孝之が演じました。

      つまり忠臣蔵とかに通ずる内容ですな。

      メッチャ非道い暴君をやっつけるのダ!

      悪行の数々あれど、手足を切断されて慰み者にされた女がビジュアル的に本作のみどころでしょうな。

      三池崇史監督らしいこだわりも見れるよね。
      「クローズZERO」よりコッチのチャンバラのほうが楽しめましたね。

      (allcinema解説)
      63年の傑作時代劇を「クローズZERO」「ヤッターマン」の三池崇史監督が豪華キャストでリメイクした時代劇エンタテインメント大作。権力を笠に言語道断の蛮行を繰り返す将軍の弟を暗殺すべく集められた13人の刺客が、300人を超える軍勢を相手に壮絶な戦いに臨む姿を描く。主演は「パコと魔法の絵本」の役所広司、共演に山田孝之、伊勢谷友介、市村正親、稲垣吾郎。
      江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりは目に余った。斉韶は近く、老中への就任も決まっている男。幕府の存亡に危機感を募らせる老中・土井利位は、かねてより良く知る御目付・島田新左衛門に斉韶暗殺の密命を下す。さっそく、甥の新六郎をはじめ十一人の腕に覚えある男たちを集めた新左衛門は、後に加わる山の民・木賀小弥太を含む総勢十三人の暗殺部隊を組織、入念な計画を練り上げていく。しかし、斉韶の腹心・鬼頭半兵衛もまたその動きを抜け目なく察知し、大切な殿を守り抜くべく周到な準備を進めていた…。
      >> 続きを読む

      2019/04/15 by motti

      「十三人の刺客」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      リメイクされるに辺りオリジナルを先に見た。
      時代劇という枠を超えたエンタメ精神を見せつける、13対53という有り得ない斬り合いを見せきった。

      しかしこのリメイク版は13対250というとんでもない数が相手になる。
      これを延々と50分もかけて見せるのだから壮絶この上ない。
      三池監督はテンションを落とさずに最後まで見せきる迫力の演出を施した。

      物語はすべて同じで余計なものは加えずシンプルに徹した。
      役所広司を筆頭に13人の刺客を個性で埋めた。当然見せ所は左右されるがこれは仕方ない。

      ところで伊勢谷友介のキャラは明らかに世界観を壊しているが、これは一人だけコメディリリーフだからか?
      あとは稲垣吾郎の悪行ぶりが嵌っていたのは驚いた。今後はこの路線の方がいいだろう。
      >> 続きを読む

      2017/05/23 by オーウェン

      「十三人の刺客」のレビュー

    • 5.0

      面白かった。吾郎ちゃんはご乱心な役がぴったり。市村も武士らしく主に忠実で良かった。伊勢谷も面白かった。豪華俳優陣。時代劇はやっぱり面白い。三池だったのにはびっくりした。

      2017/01/29 by JUMP

      「十三人の刺客」のレビュー

    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      序盤の被害者女性のエグさに絶句。
      切り合いのシーンはどうせ全員死ぬだろうと思ってたし、いつ誰から死ぬかハラハラしっぱなし。
      某ガムのCM以降、個人的にキモイイメージが定着してた伊勢谷を初めて好意的に見られた。ああいう役好き。
      >> 続きを読む

      2016/08/02 by ななこ

      「十三人の刺客」のレビュー

    もっとみる

    十三人の刺客
    ジュウサンニンノシカク

    映画 「十三人の刺客」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画