こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブローン・アウェイ 復讐の序曲

Blown Away
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 1994/11/03
製作国: アメリカ
配給: UIP作品

    ブローン・アウェイ 復讐の序曲 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "爆弾魔対爆弾処理のプロの攻防を描いた爆弾サスペンス 「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」"

      この映画「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」は、爆弾魔と爆弾処理のプロの攻防を描いた作品です。爆弾魔に扮するのは、トミー・リー・ジョーンズ。彼と対決する爆弾処理のプロが、ジェフ・ブリッジス。監督は後にTVドラマの金字塔となった、「24 TWENTY FOUR シーズンⅠ」のスティーヴン・ホプキンス。

      ストーリーは爆弾映画の常道に従い、単純そのもので、ジェフ・ブリッジスとトミー・リー・ジョーンズは共に北アイルランドの爆弾テロリストでしたが、あるテロ事件の際、ジェフの手違いのためにトミー・リーの妹が爆死してしまいます。

      ジェフは逃亡するが、トミー・リーは逮捕されて20年の懲役刑をくらいます。しかし、トミー・リーは刑務所を脱獄し、現在アメリカのボストンで結婚して、警察の爆弾処理班にいるジェフに復讐するため、次々と複雑な爆弾を仕掛けてボストンを騒然とさせるのです----。

      こういうジャンルの映画は好きなんですが、好きだからこそ、色々と不満な箇所が目についてくるのです。

      まず、トミー・リー・ジョーンズの人物造型がおかしいという点です。この映画に登場する爆弾は普通の爆弾ではありません。最先端の技術を凝らした、物凄い時限爆弾ばかりです。よほどの熟練と緻密な頭脳、集中力の持ち主でなければ作れないはずです。

      精密技術に秀でた、ある意味、ネクラで寡黙な人間が、憑かれたように爆弾作りに打ち込んでいる姿が想像されます。ところが、トミー・リー・ジョーンズのキャラクターは、全く正反対なのです。わあわあと騒ぎまくって、陽気に暴れまわるネアカの体育会系人種のようです。こんなキャラクターの爆弾魔がいるとは、どうも考えられません。

      次に、爆弾のメカニズムを説明してくれないのが、非常につまらない。爆弾サスペンスは、ただ爆発すればいいという訳ではなく、何がどうなれば爆発するのか。どれくらいの規模の爆発になるのか。

      それらが、きちんと提示されて初めてスリルとサスペンスが生まれるのです。ロイド・ブリッジス(ジェフ・ブリッジスの実父)に仕掛けられたコイルのぐるぐる巻き爆弾、フォレスト・ウィテカーに仕掛けられたヘッドホン爆弾----。これらは、どのように作られ、セットされたのか、その描写がないので、少しもハラハラ、ドキドキしないのです。

      この映画は、リチャード・レスター監督の爆弾サスペンスの傑作「ジャガーノート」を参考にしたと思われるふしがあります。お互いに手の内を知り尽くした、爆弾のプロ同士の対決という構成がよく似ているし、トミー・リー・ジョーンズのキャラクターは、「ジャガーノート」の主人公のリチャード・ハリスを模しているかのようです。

      しかし、似て非なるものとはこの事で、「ジャガーノート」でのリチャード・ハリスが陽気にふるまうのは、爆弾と面と向かう心の震えを、必死で抑えようとしていたためでした。ただ、騒いでいるだけのトミー・リー・ジョーンズとは180度違うのです。

      不満な箇所は、このようにたくさんありますが、しかし、クライマックスの廃船の爆破シーンは確かに物凄い迫力で見応えがありました。使用した導火線の長さが1マイル半、ガソリンが600ガロン、十段階の連続爆破という事で、そのスケールの大きさには驚嘆してしまいました。
      >> 続きを読む

      2016/05/30 by dreamer

      「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      公開当時の1994年はその爆発の規模が話題であり、トミー・リー・ジョーンズの怪演を楽しんだ覚えがある。

      ドラマ自体にそれほど捻りはなく、二人の復讐劇に他の爆弾処理班や家族が巻き込まれていくというよくあるプロット。

      面白いのは爆弾の仕掛け方。
      不発と見せてのどんでん返しや、まさかと思うような仕掛け。
      地雷に似た仕組みの爆弾など多種多様。
      最後の爆発などもすさまじい破壊力で溜飲が下がる思い。

      勿体無いのは最後の車部分。
      爆発映画のくせにここは至極単純な演出。船の大爆破があっただけに拍子抜けしてしまった。
      >> 続きを読む

      2015/03/11 by オーウェン

      「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」のレビュー

    ブローン・アウェイ 復讐の序曲
    ブローンアウェイフクシュウノジョキョク

    映画 「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画