こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

風立ちぬ

風立ちぬ
(C)2013 二馬力・GNDHDDTK
全国東宝系ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: アニメ , キッズ・ファミリー
公開: 2013/07/20
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
2013年、スタジオジブリ最新作2本が奇跡の同年公開!

1988年、『火垂るの墓』『となりのトトロ』公開から25年。
2013年、50年来の友人でありライバルでもある高畑勲・宮崎駿両監督の最新作が公開される。
二本立て興行であった『火垂るの墓』『となりのトトロ』と異なり、今回の『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』では、スタジオジブリ史上初の長編映画の同年公開、奇跡の実現となった。
 2013年のジブリイヤー、先陣を切って7月20日公開される『風立ちぬ』は、5年ぶりの宮崎監督最新作です。

生きねば。
堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて。

この映画は、実在した堀越二郎と同時代に生きた文学者、堀辰雄をごちゃまぜにして、ひとりの主人公“二郎”に仕立てている。後に神話と化したゼロ戦の誕生を縦糸に、青年技師二郎と美しい薄幸の少女菜穂子との出会い別れを横糸に、完全なフィクションとして1930年代の青春を描く、異色の作品である。
(宮崎駿監督による映画「風立ちぬ」企画書から)


【物語】

かつて、日本で戦争があった。

大正から昭和へ、1920年代の日本は、
不景気と貧乏、病気、そして大震災と、
まことに生きるのに辛い時代だった。

そして、日本は戦争へ突入していった。
当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか?

イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、
後に神話と化した零戦の誕生、
薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。

この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く――。
>> 続きを読む

    原作・脚本・監督: 宮崎 駿 音楽: 久石 譲

    風立ちぬ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全47件
    • 5.0 切ない

      映画館にて。

      2018/03/07 by akakakeine

      「風立ちぬ」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      最近、DVDでもう一度鑑賞しました。
      最初に映画館で鑑賞した時は、まだ独身でした。そして、結婚した今再度鑑賞すると、二郎と菜穂子の「1日1日を大切に」生きている様子に、夫婦生活の中で忘れてはいけない大切な何かを感じました。

      また、この作品では、二郎による零戦の設計が語られますが、宮崎駿監督の作品には、風や空を飛ぶ描写が多いことに気づかされました。また、機械やマシンのディテールの細かさも驚くべきことでした。宮崎作品の魅力は、こんなところにもあると感じます。
      >> 続きを読む

      2017/09/17 by montblanc

      「風立ちぬ」のレビュー

    • 5.0 切ない クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この宮崎駿監督の「風立ちぬ」は、美しい飛行機を作る夢を追い続けた、ひとりの青年の半生を描いています。

      関東大震災から太平洋戦争前夜の激動の時代。シンプルな物語に、失われたものたちへの"鎮魂の思い"が込められていると思います。

      東京の大学で学び、軍用機設計の仕事に就いた二郎。だが完成した飛行機は、テストに失敗。失意の中、休暇で訪れた軽井沢で、かつて関東大震災の日に出会った菜穂子と再会するのです。

      惹かれ合う二人ですが、菜穂子は重い結核に侵されていたのです。病床の菜穂子を残し、二郎は再び理想の飛行機作りに没頭していきます。

      実在の人物をモデルにした初の宮崎駿作品。零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の生みの親、堀越二郎の生涯に、同時代の小説家・堀辰雄のエピソードを交えて主人公を造形していて、ファンタジー色は二郎の夢の中だけに抑え、全体の印象はきわめて写実的だと思います。

      ポール・バレリーの詩「風立ちぬ、いざ生きめやも」と呼応するように、風がさまざまな意味を持っています。

      夢の中で出会う飛行機製作者のカプローニは「まだ風は吹いているか」と二郎に問います。風は二郎と菜穂子を引き合わせ、恋に誘います。やがて二郎の心の中で風がやんだ時、この物語も終わります------。

      SLが走る田園風景や東京の下町の街並みなど、リアルに描かれた背景は、全て失われたものです。関東大震災で多くの人々が亡くなり、太平洋戦争で、二郎の戦闘機に乗った多くの若者が、命を失うことを、観ている者は知っています。そして、菜穂子は失われたものの象徴でもあるのです。

      風とともに去った人々と記憶。それでも生き残った者は前へと進まなければならない。私はこの映画を観て、"死者への鎮魂と生者への励ましのメッセージ"だと受け止めました。
      >> 続きを読む

      2017/06/26 by dreamer

      「風立ちぬ」のレビュー

    • 2.0

      今となっては一応宮崎駿の引退作品になった中身だが、これまでジブリに欠かすことのできない空。
      その空を駆けるゼロ戦の設計技師の物語。

      設計に対してのこだわりは相変わらず半端なく、時間を掛けたのがしっかりとわかる多種多様な飛行機群。
      大量に空を飛行する様は圧巻の出来。

      とはいえ目につくのはそれぐらいで、あとはドラマを崩すだけの存在しかない。
      一番の元凶は声優の人選。

      なんで主役が声優でも俳優でもなくアニメ監督の庵野秀明なのかだ。
      素人の方がまだ上手いだろと言わざるを得ない完璧な棒読み。
      感情ゼロのロボットがしゃべってるかのような声によって、直ぐに現実に戻される。

      海外での好評は声を各国の現地語で聞けるからであり、日本にとっては苦痛でしかない。
      結局宮崎駿にとっては声など重要ではなく、描きたいテーマこそがすべてなのだ。
      >> 続きを読む

      2017/06/25 by オーウェン

      「風立ちぬ」のレビュー

    • 3.0

      カナダにもやっときたので鑑賞。夢の中の夢。1時間半がものすごく長く感じた。とてもゆったりゆっくり進んであまりジブリらしくない。時期的に3・11のこともあったから地震の表現とか生々しくてきつかったな。二郎の素直でスポンジみたいな性格が良くて、行動も日本男児としての漢を感じた。飛行機・戦闘機が好きだから楽しく見れた。

      2017/05/21 by TX-01

      「風立ちぬ」のレビュー

    もっとみる

    風立ちぬ
    カゼタチヌ

    映画 「風立ちぬ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画