こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

風立ちぬ

風立ちぬ
(C)2013 二馬力・GNDHDDTK
全国東宝系ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: アニメ , キッズ・ファミリー
公開: 2013/07/20
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
2013年、スタジオジブリ最新作2本が奇跡の同年公開!

1988年、『火垂るの墓』『となりのトトロ』公開から25年。
2013年、50年来の友人でありライバルでもある高畑勲・宮崎駿両監督の最新作が公開される。
二本立て興行であった『火垂るの墓』『となりのトトロ』と異なり、今回の『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』では、スタジオジブリ史上初の長編映画の同年公開、奇跡の実現となった。
 2013年のジブリイヤー、先陣を切って7月20日公開される『風立ちぬ』は、5年ぶりの宮崎監督最新作です。

生きねば。
堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて。

この映画は、実在した堀越二郎と同時代に生きた文学者、堀辰雄をごちゃまぜにして、ひとりの主人公“二郎”に仕立てている。後に神話と化したゼロ戦の誕生を縦糸に、青年技師二郎と美しい薄幸の少女菜穂子との出会い別れを横糸に、完全なフィクションとして1930年代の青春を描く、異色の作品である。
(宮崎駿監督による映画「風立ちぬ」企画書から)


【物語】

かつて、日本で戦争があった。

大正から昭和へ、1920年代の日本は、
不景気と貧乏、病気、そして大震災と、
まことに生きるのに辛い時代だった。

そして、日本は戦争へ突入していった。
当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか?

イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、
後に神話と化した零戦の誕生、
薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。

この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く――。
>> 続きを読む

    原作・脚本・監督: 宮崎 駿 音楽: 久石 譲

    風立ちぬ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全51件
    • 5.0 泣ける 切ない

      零戦最高、飛行機最高には持ってこいな作品。しっとりとして、ジブリでは1、2を争う大人な映画。賛否両論の理由が良くわかる。まさに生きねばと言う言葉そのままで、どのような時代に生まれても、ただ生きていく、そんなかんじ。関東大震災、世界恐慌、日中戦争、満州建国、そんな時代を感じさせながら、ただ、太平洋戦争前に零戦を作った。という感じが最高。しかし、生きねばと言うこと以外に好きな事をして、夢を叶えるなら、しでかした業も背負う事だと言うことと言う意味もあるのだろうか。戦が飛んだ瞬間に、次郎の風が止まったんだな。だから、生きねばと言う一言は夢が終わった後の空隙を生きねばと言う義務への言葉なんだなと思った。映画を見ていた。 >> 続きを読む

      2018/09/19 by 無月斎

      「風立ちぬ」のレビュー

    • 5.0

      3回目。
      本当に何度観ても面白いし、観るごとに心に何か残してくれる映画です。
      飛行機技師が主人公だけあり、設計描写には夢溢れワクワクします。
      だからこそ、戦争へ送りだした戦闘機が壊れていくのはただただ切ない。
      戦争が終わっても、夢が終わっても、愛する人が居なくなっても、生きねばならない。とすると生きるというのはとてつもなく重いことなんだなと思いました。

      2018/09/17 by さくら餅

      「風立ちぬ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      和風「紅の豚」か...

      今の時代からかけ離れた時代なのはわかるが、宮崎監督のオッサンノスタルジーが正しいのか少し不安に思って鑑賞。
      とくに色恋沙汰は苦手な「オタク畑」の元祖みたいなイメージだし...。
      「大人向けジブリ」は期待値には届かなかった感じもある...。
      タバコ吸いすぎなのも含めてもしかしたらものすごく意固地に時代遡行してみせたかったかな(;´Д`)

      飛行機ロマンは宮崎監督のライフワークだからコレは「泣けた」んでしょうね、監督自身。
      僕は「まあまあ」だったかなw

      (allcinema解説)
      宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を自らアニメ映画化。宮崎自身が監督を務めるのは2008年の「崖の上のポニョ」以来となる。零戦こと零式艦上戦闘機の設計者として知られる堀越二郎の半生を、堀辰雄の小説『風立ちぬ』のエピソードを盛り込みながら描く。音楽は「風の谷のナウシカ」以来すべての宮崎作品を手がけてきた久石譲が担当。主題歌として荒井由実(現・松任谷由実)の「ひこうき雲」が起用された。
      >> 続きを読む

      2018/09/13 by motti

      「風立ちぬ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      二郎の声がまだ十代前半ぐらいと思しき年齢の時からいきなり老けて驚いたけれど、だんだん慣れたような慣れないような。
      隼型の試作が飛んでから堕ちるまでの場面は食い入るように見てしまいました。
      私はとても好きな作品ですが、世間の評価は今ひとつのようですね。あまり零戦そのものにスポットライトが当たらなかったので、その辺りを期待して観るとがっかりしてしまうのかもしれません。
      個人的には戦争や病死といった直接的な死のシーンを描かずにここまで何かを感じさせる手法は素晴らしいと感じました。

      2018/08/30 by yamada1220

      「風立ちぬ」のレビュー

    • 5.0 切ない

      映画館にて。

      2018/03/07 by akakakeine

      「風立ちぬ」のレビュー

    もっとみる

    風立ちぬ
    カゼタチヌ

    映画 「風立ちぬ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画