こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブレイブハート

Braveheart
ジャンル: ドラマ , アクション , 史劇
公開: 1995/10/14
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画

    ブレイブハート の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      結末も含めてリアリティーはある

      2015/10/26 by kaiteru

      「ブレイブハート」のレビュー

    • 4.0

      実在したスコットランド独立戦争の英雄ランダル・ウォレス。
      3時間の長尺ながらも、無駄がない演出はメル・ギブソン監督の力量が伺える。

      戦争の開始前に尻を見せて挑発する場面。
      実在した事柄をしっかりと盛り込む脚本も見事だ。

      物語は丁寧にたどっていく形であるが、相手方の王妃との恋愛が唯一不自然に見えるところがある。
      その点以外は特に問題なし。
      戦争シーンの壮大なスペクタクルはやはりすごい。

      後の「パッション」が参考にしたシーンがあるのも面白い。
      >> 続きを読む

      2015/02/25 by オーウェン

      「ブレイブハート」のレビュー

    • ソフィー・マルソーが出演していると言う一点で、ずっと記憶されています(けど、まだ観ていません...) >> 続きを読む

      2015/02/26 by ice

    • 5.0 泣ける ハラハラ

      スコットランドが独立をかけた国民投票を行っていますね。
      イギリスから独立?って何?と思った方はこの映画を観てみましょう!

      スコットランドがイングランドの圧政に対し独立戦争をするという映画です。
      この映画のヒーローは13世紀~14世紀初頭に実在の英雄、ウィリアム・ウォレスです。

      イングランド王エドワード1世(パトリック・マクグーハン)の侵略により家族を皆殺しにされたウィリアム・ウォレス(メル・ギブソン)は
      復讐を誓い、悪政に苦しむ人々と共に自由と解放を目指す抵抗軍を組織しレジスタンス運動の指導者になります。


      ドラマティックな設定や苛烈な戦闘シーンなど、スケールの大きさは半端ではなく、
      主役のメル・ギブソンは監督・制作もこなしての大熱演。
      第68回アカデミー賞で、作品、監督、撮影、音楽(ドラマ部門)、メイクアップ、音響効果の6部門を受賞。

      史実からは大幅な脚色があるものの、映画としては素晴らしいの一言です。
      愛あり友情あり裏切りや殺戮あり。
      胸がつぶれるような感動に浸れます。


      ご存じかと思いますが、英国は正式にはU.K.であって、イングランドは王国連合の一国家に過ぎません。
      スコットランドはもともと別の王家をもった古い国家です。
      両国の間では数百年もの間血塗られた戦いが繰り広げられてきており、
      1707年についにイングランドに併合されたという歴史を持ちます。
      だから今でもスコットランドの国旗がありますし、サッカーのワールドカップでは別々に代表チームを送っていますよね。

      エジンバラ城にはウィリアム・ウォレスとロバート・ザ・ブルースの像が入口を護っています。
      スコットランドの国民にとって彼は今でも英雄です。
      >> 続きを読む

      2014/09/19 by 月うさぎ

      「ブレイブハート」のレビュー

    • えっ、日本も多民族なんですか??勉強不足っす(T_T)

      2014/09/20 by メッシイ

    • メッシイさん
      人種とか起源とか難しいこと言うとすごいことになるので
      簡単に言うと、例えば琉球もアイヌも大和と別の民族ですよね。
      もっと昔で考えると縄文人と弥生人は別の人種です。
      例えば蒙古斑のあるなしとか酒を飲めない下戸の体質とか血液型とかでもわかるように遺伝的に見てもいろいろな違いがあります。
      でもすぐに混血しちゃって民族自結という考え方が日本にはたぶんないんですね。
      民族を意識しないでいられるというのはおおらかさであり、智慧でもあると思います。
      日本語を話し意思疎通ができればみな日本国民と思うという智慧。
      だから日本語喋ってくれれば日本人と「みなす」んです。
      ラモスだってデーブ・スペクターだって、外人と思いながらもでも日本人扱いしますよね。
      「他民族」という発想はないですよね。
      けれど純潔を守る民族意識というのは多民族の血が交じるのをよしとしません。
      文化も独自のものをあくまで守ろうとします。
      日本のように明治維新や太平洋戦争敗戦とかその度に、日本語やめて英語にしちゃおうか?なんて自ら言い出す国民なんてよその国にはありえないんですよ。
      逆に、民族意識を強く表に出されると困ってしまうんですよね。
      だから韓国の方の民族意識とかが苦手と感じるんじゃないかなあ。
      占領政策で植民地に日本語教育を強制したというのが現地の方に最も反発されたワケですが、
      それを理解できないのが日本人なのです。
      >> 続きを読む

      2014/09/21 by 月うさぎ

    • 5.0 泣ける

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      メル・ギブソンの熱い演技に胸を打たれます。

      イングランド兵の侵略によって愛する妻を殺されたスコットランド人のウィリアム。自由を求めて戦い続けるウィリアムの勇気ある行動は「感動」などという一言では表す事ができません。

      戦闘シーンの迫力や壮絶なラスト・・・
      アカデミー賞5部門受賞も納得の傑作です。
      >> 続きを読む

      2013/09/13 by Sophie

      「ブレイブハート」のレビュー

    ブレイブハート
    ブレイブハート

    映画 「ブレイブハート」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画