こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ベオウルフ 呪われし勇者

Beowulf
ジャンル: SF , ファンタジー , アニメ , アクション , アドベンチャー
公開: 2007/12/01
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース

    ベオウルフ 呪われし勇者 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 3.0 ハラハラ

      全裸なのはパフォーマンス・キャプチャー技術でいちいち服描くのメンドだからだろw

      大好きだった「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の名監督ロバート・ゼメキス監督作、アニメとしての「ポーラーエキスプレス」、「モンスター・ハウス」で培ったキャプチャー技術による実写CGアニメということで、ほとんど漫画のような内容でわかりやすいので単純に楽しめました。
      今までにもそれこそ「ロジャー・ラビット」や「永遠に美しく」そして名作「フォレスト・ガンプ」などでも映像のマジシャンぶりは、ジョージ・ルーカスやスピルバーグと違ったシリアスでない部分が好きだったりする。

      3Dで見るのを前提に作られているそうで、レンタルでは「ゾンビ3D」と違って3Dに対応していなかったのが残念。
      いかにも3D映えしそうな構図が散見するのだけど、構図的にはフランク・ミラーなどのセンスには完全に負けてる感じは否めない。

      アンジェリーナ・ジョリーのヌード(アニメ)もだけど、レイ・ウィンストンの見えそうで見えない全裸アクションシーンは苦笑しつつ、チ○コがみえるかどうかばかり気になりましたがw


      (~allcinema)
      最強の勇士が凶悪な怪物たちと壮絶な闘いを繰り広げるアクション・ファンタジー。
      英文学最古の文献のひとつとされる英雄ベオウルフの冒険物語を基に、オスカー監督ロバート・ゼメキスが、「ポーラー・エクスプレス」に続いて最新のパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使して、実写とCGを融合させた革新的な映像で幻想的世界を壮大に描く。
      主演は「ディパーテッド」「キング・アーサー」のレイ・ウィンストン、共演にアンジェリーナ・ジョリー。
       
      古代デンマーク。戦士ベオウルフは、時の王フロースガールの命によって、人々を襲い続ける呪われし巨人グレンデルの討伐に立ち上がる。
      そして激戦の末、グレンデルを見事に打ち負かすのだった。
      しかし、平安が訪れたのも束の間、ベオウルフの部下たちが皆殺しにされる。
      それは、魔性なグレンデルの母による仕業だった。
      さらにはベオウルフも冷酷で妖艶な彼女の魅惑に引き込まれ、彼女を愛せば永遠の力を持つ王になれる、という悪魔の誘いを受け入れてしまう。
      はたして、突然命を落としたフロースガールの後継者として王の座に就くベオウルフ。
      だが、やがてある時、ドラゴンが現われ、民衆を襲撃し始める…。
      >> 続きを読む

      2018/09/13 by motti

      「ベオウルフ 呪われし勇者」のレビュー

    • 評価なし

      レンタルで鑑賞。

      2016/04/01 by おにけん

      「ベオウルフ 呪われし勇者」のレビュー

    • 評価なし

      『ベオウルフ』

      全CG?
      でも人がリアル^ロ^;

      キャラクターに
      モデルがいるのかな?
      私はアンジェリーナ・ジョリーしかわからなかったけど…^^;

      最初の方、ちょっとグロテスクで「ぐぎえ~;」って思いましたが、
      最後の方はなかなかドラマな感じが良かったです

      でも、やっぱり人間が演じた方が、感情は入りやすいなかと、思います

      (当時のブログより)
      >> 続きを読む

      2016/02/28 by ゆ♪うこ

      「ベオウルフ 呪われし勇者」のレビュー

    • 2.0

      ファンタジーの源流とも言えるベオウルフが題材ならもっと面白いストーリーとかにできたんじゃない?ってのが感想。

      CG結構すごいし(ゲームムービー感)、ベースのベオウルフの英雄譚もどうとでも膨らませられるのに勿体ない。

      2015/09/20 by KSM

      「ベオウルフ 呪われし勇者」のレビュー

    • 3.0 笑える

      ここまでリアルなCGを使って実写に近づけるなら、じゃあ実写でやったほうが早かったのではと思う。

      何よりも実写に近い映像なだけに気持ちが悪いくらいにリアル。
      おまけに残酷なほどの血みどろ描写など強烈だ。

      それと同時に笑えるシーンが多々ある。
      ベオウルフがなぜか裸になって激闘するシーン。これでもかってぐらいに股間がピンチだが素晴らしい隠し具合(笑)
      こういうシーンは捨て難い。

      キャストでは主役のベオウルフはどうでもよく(笑)やはりアンジーだ。
      たったわずかしか出ていないのにこの存在感は圧倒的。
      誘惑に振り回されるベオウルフにも納得だ。
      >> 続きを読む

      2015/03/05 by オーウェン

      「ベオウルフ 呪われし勇者」のレビュー

    • >何よりも実写に近い映像なだけに気持ちが悪いくらいにリアル。

      あまりにリアルだとちょっと気持ち悪いのわかる気がします!
      最近のCG技術、凄すぎますよね〜
      >> 続きを読む

      2015/03/05 by milktea

    もっとみる

    ベオウルフ 呪われし勇者
    ベオウルフノロワレシユウシャ

    映画 「ベオウルフ 呪われし勇者」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画