こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

20世紀少年

ジャンル: ミステリー・サスペンス , SF , ドラマ
公開: 2008/08/30
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    20世紀少年 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0

      3部作の第1作。原作は未読だけど、どうやら忠実に再現されているようですね。
      小学生の頃遊びで記したよげんの書が、大人になり、現実になってしまう。大人になったケンヂたちが世界を救うべく立ち向かうというお話。
      スケールも大きく、キャストも豪華。
      楽しめました。

      2019/05/01 by よっしー

      「20世紀少年」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      めずらしく原作を読んでいる作品です。
      原作ありきの映画にダメ出しするファンというものは原作を愛すればこそ必ずいるものだがキャラも似せてこんだけ忠実な映画化ならまずまずでしょう?
      もともと原作の持つスケール的には映像映えするのは予想できたけど僕としては映画制作側はもっとハズしても良かったと思う。
      漫画にありがちな「待て、次号」的なチャプターもそのままに忠実に映画化されていたイメージなんだもん。


      (~allcinema)
      人気マンガ家・浦沢直樹の同名ベストセラー・コミックを、豪華キャストを配し、日本映画史上空前のスケールで映画化するサスペンス・アドベンチャー大作。
      約半世紀にわたって展開する壮大なストーリーを、原作者自ら脚本化に関わり全3部作として映像化。本作はその第1章。
      主人公ケンヂ役に唐沢寿明、共演に豊川悦司、常盤貴子。監督は「ケイゾク」「トリック」の堤幸彦。
       
      1969年。
      小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと原っぱに秘密基地を作り遊んでいた。
      彼らは、20世紀の終わりに人類滅亡を企む悪の組織とそれを阻止する正義の味方といった物語を空想しては、それを“よげんの書”に書き記し、楽しんでいた。
      1997年。
      大人となったケンヂはコンビニを経営しながら、失踪した姉キリコの赤ん坊カンナの面倒を見ていた。
      その頃、巷では謎の教団を率いる正体不明の教祖“ともだち”が出現、各地で不穏な事件が起き始める。
      やがてそれが少年時代の“よげんの書”にそっくりなことに気づくケンヂ。
      20世紀の終わりが迫る中、ついにケンヂはかつての仲間たちと共に人類滅亡の阻止に立ち上がるのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/11 by motti

      「20世紀少年」のレビュー

    • 評価なし

      1回目の鑑賞。鑑賞日不明
      2008年劇場鑑賞。NO.30

      2016/05/06 by おにけん

      「20世紀少年」のレビュー

    • 3.0

      浦沢直樹のまさにモンスターなコミックだが、「YAWARA」や「MONSTER」は読破しているくせにこの作品だけは見ていない。
      いつか読もうと思っていたら映画版が先にやってきた。

      というわけで3部作仕立ての大盤振る舞いな映画化の第1章。

      ケンジやオッチョなど小学生の面々が立てた予言の書。
      大人になったときに、ともだちという首謀者とその計画が実現することに。

      犯人当てと、日本征服の計画を食い止める。その二つを軸に進んでいく。

      ネームバリューに関してはこれ以上ないくらい有名キャスト陣が次々出てくる。
      さすがに金を掛けただけがあるが、犯人当ての部分に関しては随分と構成が雑だ。
      血の大晦日での激闘だが、そこで犯人の予想が確実に突いてしまう。
      お面を取っても輪郭や声などである程度絞れる。

      もちろんまだ1章しか見てないので予想だが、2,3のキャスト欄にその俳優名がしっかり入っている。
      さて予想は当たるのか楽しみだ。
      >> 続きを読む

      2015/07/16 by オーウェン

      「20世紀少年」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      少年時代に作った予言の書通りに発生する事件。

      豪華俳優陣の中で光る豊川悦司。

      散々テレビなどで宣伝が流れていた作品。

      概ね想像通りの設定だったものの、思ったよりも暗い内容なことに驚きを感じた。
      要所要所の映像では子供も楽しめる系だと思っていたのだが、完全にターゲットは大人で有り、始まりの海ほたる刑務所内でのシーンから相当シュールだ。

      3部作になっているようだが、安直な引き伸ばし作戦ではなく、第二世代が主人公として活躍するパターンらしい。

      先代の資産を継承して次の世代が活躍するパターンは、出演者をゴッソリ変えたり、設定を大きく変更することが無理なく出来る上、感情移入が容易で有るという大きなメリットを生む。

      しかし、友だちとは一体誰なのだろう。
      ハットリくんの面を被った人物のシルエットでは、佐々木蔵之介が近いように感じたが、身長は彼ほど大きく無いようにも見える。

      3部作とは言え、彼の正体が最大の謎で有る以上、既に登場していることが期待される。
      全部見終えてから、しょうも無い正体でガッカリさせられることが無いよう祈りたい。

      カルト教団による無差別テロ。この作品と近い現実が日本で起こったことを忘れてはならない。
      >> 続きを読む

      2014/03/04 by ice

      「20世紀少年」のレビュー

    • あれ?ともだちの正体が誰だったか忘れてしまいました。。。

      2014/03/04 by ◆空太◆

    • ともだちの正体、覚えていますが内緒です。(^m^ )

      「20世紀少年」ってT-REXの曲が先なんですよ~。
      かっこいいでしょう?あのイントロ~!
      >> 続きを読む

      2014/03/04 by 月うさぎ

    もっとみる

    20世紀少年
    ニジュッセイキショウネン

    映画 「20世紀少年」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画