こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

フォー・ウェディング

Four Weddings and a Funeral
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス , コメディ
公開: 1994/10/08
製作国: イギリス
配給: 東宝東和

    フォー・ウェディング の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 泣ける 笑える

      恋愛も結婚も自由なのに一歩が踏み出せない男女。
      制約が多いのに安定しているゲイのカップル。
      愛の形は人それぞれ。
      イギリスらしいウィットに富ん会話にクスっと笑って、皮肉にほくそ笑み、ちょっと愛について考える。そんな作品。ユーモアが日本語訳しにくいタイプなので台詞は英語で聞くのがおすすめ。

      2015/12/30 by TinkerBell

      「フォー・ウェディング」のレビュー

    • 泣けるってのも気になります!ヒュー・グラントファンより。

      2015/12/30 by メッシイ

    • 原題は4つの結婚式と一つのお葬式なんですが、弔辞がしみじみ泣けたのです。

      2015/12/30 by TinkerBell

    • 4.0 泣ける 笑える

      ヒューグランドのファンになった作品です。友達の結婚式からの恋愛。あるある話ですね。

      2015/11/12 by yumen2015

      「フォー・ウェディング」のレビュー

    • いかにもヒュー・グラント的な題材。観るしかないです!

      2015/11/13 by メッシイ

    • 4.0 笑える 元気が出る

      英国産のキャストなんで華やかにかつ上品なラブコメ。
      タイトルどおり4つの結婚式を通しての、チャールズとそのまわりの人間の恋愛模様をうまく描いてます。

      結婚式にも色々あるんだと思いましたが、面白いのは結婚式が出会った男女それぞれのカップルを作っていくある種合コンの場として使用されてるのは驚き。
      日本じゃこんなことないからね(笑)

      ヒュー・グラントはいつものように二枚目半の男を演じてますが、これは間違いなく地でいってると思います。
      友人役でジョン・ハナーを発見。彼はコメディセンスが抜群にうまい。
      さらに司祭役でMr.ビーン発見。

      他にもクリスティン・スコット・トーマスも上品な皮肉屋。
      問題はヒロインのアンディ・マクドウェル。
      唯一共感しづらい女性なので、ここにはまれるかが作品の評価を決めそうだ。

      他にも手話で見せる弟。同居の妹など脇キャラまで愛嬌あふれるキャラ。

      たまに見たくなる作品の典型例。
      >> 続きを読む

      2015/03/28 by オーウェン

      「フォー・ウェディング」のレビュー

    フォー・ウェディング
    フォーウェディング

    映画 「フォー・ウェディング」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画