こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

冷たい熱帯魚

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2011/01/29
監督:
製作国: 日本
配給: 日活

    冷たい熱帯魚 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全29件
    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      波風を立てずに暮らしてきた主人公は、突然現れた強引な男に呑み込まれていく。
      意識を操られ、あっという間に抜け出せない泥沼の深みに足を取られている。

      園子温監督の「冷たい熱帯魚」は、己自身だけでなく、家族とも対峙せず、時の流れに身を置いてきた彼が、欲望という名の人間の本性に気付かされていく姿を描いている。

      「死」を覗き込み「生」とは何かを心の深層まで掘り下げて問い詰めていく過程では、その血塗られ異臭に満ちた凄惨な映像でさえ美しい。
      肉を刻み骨を焼く地獄を見て、彼は初めて「人生の痛み」に目覚めていくのだ。

      小さな熱帯魚店の店主・社本は、娘の万引きをかばってくれた村田に誘われ、村田が経営する大型熱帯魚店を訪れる。
      すっかり村田のペースにのせられた社本は、いつしか村田のインチキ投資話に巻き込まれていく。

      村田は投資家から金を巻き上げると相手を殺し、死体を解体して証拠を隠す。
      人肉を細切れにして川に捨て、骨は灰にして山に撒く作業を、村田と妻の愛子は楽しそうにこなすのだが、社本は吐き気を抑えきれない。

      村田の強欲の前で、彼を刺激しないように言いなりになる社本。
      「捕まったら死刑」という覚悟と開き直りの前に、社本のちっぽけな良心や価値観は、粉々に打ち砕かれ身動きが取れない。

      社本の考えを見透かす村田は"自分の力で生きてきた"自信に溢れている。
      そんな中、社本もまた村田に従ううちに、己の奥に潜む凶暴性を解放していく。

      それは社本にとって、初めて物事に真正面から向き合った瞬間だったのだろう。
      もう後戻りできないとわかっているからこそ、妻子と食事を取り、妻とセックスする彼の切なさが非常にリアルだ。

      小市民の象徴である社本は、村田に全く反論できない。
      得体の知れない大きな力の前では、社本のような人間は、言いなりになるしかないのか。

      村田の口から発せられる言葉の洪水は、徹底的に社本に無力感を植え付け、思い通りに生きられない人々の全ての不満を代弁しているようだ。

      村田に扮したでんでんの、人の良さそうな外見の裏に、狡猾と残虐を垣間見せる演技は、まさに悪魔そのものだ。

      社本のみならず、この映画を観る者の心理まで支配してしまうパワーには完全に圧倒された。
      >> 続きを読む

      2021/10/07 by dreamer

      「冷たい熱帯魚」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      あ〜凄いの観ちゃったな。
      人体を骨と肉に分けるシーンなんてとても観ちゃいられませんよ。
      その反面、主人公の妻が全く料理を作らず冷食の夕食を食べるとか
      その妻が常におっぱい見えそうな洋服常に熱帯魚の店番とか笑っちゃいました。

      でんでんは怪演でしたね。
      助演賞貰うだけの事はあった凄い演技だった。
      女優陣も裸体惜しみも無く凄かった。
      人は支配する側とされる側で成り立つという事を認識しました。

      元になる事件「埼玉愛犬家殺人事件」あまり記憶にないのですが
      犯人は死体が無ければ捕まらないという考えの人だったらしく
      正に死体なくして事件にはなりませんよね。
      犯人は既に刑務所で病死したらしいですが
      一体、何人の人が犠牲になったんでしょう。
      魚の解体みたいに思ってたんでしょうかね。
      >> 続きを読む

      2021/06/03 by marino

      「冷たい熱帯魚」のレビュー

    • 4.0

      とにかく怖い、ひとが怖い。
      テンション高めの笑い声に狂った叫び声、ヘンな丁寧言葉に叩きつけるような言葉。
      次から次へとクルクル変わる表情。

      不自然で自然なひとたち。
      全てが凶気。

      2021/04/11 by chikako

      「冷たい熱帯魚」のレビュー

    • 5.0 笑える クール

      こういうスケベとグロが一緒になった映画、大好きです。
      「俺は常に勝つ!........しんたろう!」
      やかましいわwww

      作中一番のど根性キャラは、私は愛子だと思ってます。

      2020/09/13 by メンチカツ

      「冷たい熱帯魚」のレビュー

    • 3.0 笑える ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      社本の最初と最後で表情や雰囲気が全然違うのが良かった。
      とりあえず人をいとも簡単に「透明」にしちゃう人物の集まりって感じ
      こっちの感覚がマヒしてくる(笑)
      村田みたいな人、本当にいそうだから面白かった(笑)キャラ的にってことね!
      最後に社本が娘に一人で生きたいか、と聞いたのはどうしてだったんだろう
      いろいろ謎が多い映画でしたなー、つまらなくはなかったけど!
      with ともさん
      >> 続きを読む

      2020/06/01 by ponzy

      「冷たい熱帯魚」のレビュー

    もっとみる

    冷たい熱帯魚
    ツメタイネッタイギョ

    映画 「冷たい熱帯魚」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画