こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ライフ・イズ・ビューティフル

La Vita e bella
ジャンル: ドラマ
公開: 1999/04/17
製作国: イタリア
配給: 松竹富士配給(松竹=アスミック・エース エンタテインメント=角川書店提供)

    ライフ・イズ・ビューティフル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全22件
    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      お父さんのおかげで命を繋ぐことができました、ありがとうみたいな終わり方だけど、シャワーへ行かなかったりちゃんと隠れてたのは子供自身がしっかりしていたからであって、父親はただぺちゃくちゃやかましかっただけのような……。コメディタッチの作品なんだけども、いかにも外国の笑いって感じで、日本人向けではない。 >> 続きを読む

      2018/09/18 by chaisgod

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • 4.0

      雑なところもあるけど、絶望を希望に変える父親の奮闘劇にハラハラさせられ、最後はやっぱりああなってしまうかと悲しく胸を打つ。細かい所を気にしてみる映画じゃなく、辛い時こそ発想の転換でのりきろうという巧みな機転を楽しむ映画。題材がもう感動を約束させるものがあるから、いい着眼点だった。(Netflix)

      2018/08/20 by 桃猫バラ

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 元気が出る

      “イタリアのチャップリン”と称される、ベニーニのユーモアと哀しみを交錯させた演出が秀逸。
      アカデミー3冠、カンヌ映画祭で審査員グランプリ、そのほかにも多岐にわたる賞に輝いた、ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演の感動作。
      コレね、男として、父親として...もうこの映画は涙なしで見れませんよ!

      前半は男として、めげずに好きな子にアタックしてみよう、それでダメでももっとアタックしてみよう!
      すごいポジティブ精神と明るいキャラクターに勇気づけられるんですよ。
      ココまでは男ならきっとみんな共感する部分。

      中盤から今度は後半は子供に対しての父親のあり方。コレが軽薄っぽいベニーニが絶妙なウェイトの配分で素晴らしい父親を演じているんですよね。
      子供を楽しませたい!子供にガッカリなんてさせない!たとえ死んでも。ぁあ、涙でるぅ~っ!
      こんな素晴らしい父親になるのは無理っぽいんですが、ひとまず子供や家族のことに何事にもちゃんと向き合う気持ちを持とうと襟を正しますた次第。
      >> 続きを読む

      2018/08/02 by motti

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • 5.0 泣ける

      人生は、たからもの

      期待度★★★★★

      後半が面白い映画
      もっとキツいシーンを増やして楽しいシーンとのギャップが欲しかった
      初見の時は泣けなかったが今なら泣ける気がする >> 続きを読む

      2018/04/08 by もろやま

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    • 4.0

      戦争は、多かれ少なかれ似たようなことを、そこここで引き起こしてきているのだろうなぁ。
      それによって「美しい人生」を再確認することができるという事例があったとしても、やっぱり無意味な暴力や憎しみ合いなんてないほうがいい。

      2018/02/07 by taku

      「ライフ・イズ・ビューティフル」のレビュー

    もっとみる

    ライフ・イズ・ビューティフル
    ライフイズビューティフル

    映画 「ライフ・イズ・ビューティフル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画