こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ホワイトアウト

Whiteout
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2000/08/19
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    ホワイトアウト の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      雪深い山の中にある、日本一の貯水量を誇るダムがテロリストに占拠された。ダムが爆破されれば、下流域の20万世帯が流されるという未曾有の惨事になってしまう。

      冷酷な犯罪者たちは、次々と職員を射殺し、政府に対して50億円の要求を出す。猛烈な吹雪で外部の者を近づけない天然の要塞と化したダムの中で、一人逃げ延びた電力会社の職員が、孤独な闘いを強いられていく----。

      真保裕一原作・脚本、若松節朗監督、織田裕二、松嶋菜々子、佐藤浩市出演による「ホワイトアウト」。

      全般的に絵作りが下手といえばそれまでだが、寄りの画面が多くて、スケール感のある引きの絵が決定的に足りないことなどを観ていると、いかにも「TV的な演出」になっていると思う。

      ハリウッド映画なら、CGで迫力ある引きの絵や空撮ショットを作ってでも挿入したことだろう。

      そして、ストーリーは「ダイハード」の丸写しだが、日本特有というか、ここにはユーモアの感覚が著しく欠如していて、ひたすら安易な悲壮感と泣かせにもっていこうとする。

      音楽も、場面場面はともかく、全体を通した一貫性に欠けているし、ヒロインであるはずの松嶋菜々子も演技がとても下手で、著しく興ざめしてしまう。

      導入部はギクシャクしているし、後半は端折り過ぎ。あんなこんなで不満はいっぱいあるのだが、それでも結構楽しませてもらったのは事実だ。自ら長年温めてきた企画という織田裕二をはじめ、作り手たちの気合の問題だけではないだろう。

      "邦画にしては頑張っている"という常套句は敢えて言いたくない。この作品は、娯楽映画としての一定のレベルを確実にクリアーしているし、だから、邦画ファンとしては、そのことには素直に賛辞を送りたいと思う。思えば、このレベルに達していないハリウッド大作に、何度失望させられたことか----。

      何気ない小さな描写や演出が、映画を救うことがあると思う。例えば主人公たち「素人」が、初めて銃を扱うシーン。安全装置のはずし方も知らないし、何より撃つことそのものに戸惑いを感じてしまう。

      この映画は、そんな当たり前のことを、きちんと絵にしているから、後で主人公がテロリストの何名かを殺害したことを外部に伝えるシーンの痛切さが出てくると思うのだ。

      それから、ダムの周辺の地理や内部の移動経路を、地図や操作パネルの表示を使ってそれとなく見せるシーン。これはもはや使い古されたやりくちなのだけれども、今どこで何が起こっているのか、観る者を「わかったつもり」にさせる点で、非常に効果的だと思う。

      この映画は、下手な脚本家や演出家がおろそかにしがちな、何気ないことが割合としっかりしていると思う。そういう当たり前のことが出来ている作品は、例え他に多くの欠点があろうとも、どうしようもない"底抜け映画"にはならないものだ。

      この映画は決して上手い作品ではないが、そういう、ところどころに顔を見せる手堅さに救われていると思う。

      出演俳優は、ヒロインの松嶋菜々子以外は適材適所、分かりやすいキャスティングで、ここにも娯楽映画には必須の手堅さを見せている。そして、脇役の誰もが、巻き込まれ型のヒーローである主人公の織田裕二を引き立てるように、自分の役柄を良く心得ていると思う。

      その織田裕二は、半分凍りながらの過酷な撮影も、ものともしない熱演で、この大きな作品を一人で背負って立っているのが、嬉しい驚きだった。
      >> 続きを読む

      2017/03/22 by dreamer

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 1.0

      うーん、テレビで放映していたので気になって
      最後まで観たが、何も残らなかった。

      まず、ダムに職員(織田裕二)や位置づけが曖昧な女(松島菜々子)が
      自動小銃を乱射して簡単に人を殺すなんて、
      あり?

      その銃撃戦は、まったくリアリティーがない。

      ストーリーは、「ダイ・ハード」の焼き直しだが、
      織田裕二の「世界一ついていない男」があまりにも単調。
      佐藤浩市に至っては、存在感ゼロ。
      >> 続きを読む

      2016/05/29 by とーます

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 5.0

      映画館

      2015/11/20 by NANA

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 1.0

      もとより邦画にエンタメなど期待してはいないのですが、これも例外にもれず見事に面白くない。

      あの原作を消化できるのかといえば、はしょりすぎでこれじゃ原作ファンは満足しない。織田裕二と松嶋菜々子のTV的演技にすっかり興醒め。
      大体この二人が演じる必然性がない。それに松嶋の役はなくてもストーリー上問題ないでしょ(笑)

      満足できたのは佐藤浩市ぐらいかな。
      イメージと違うからこそ、こういう俳優の存在に映画は救われている。

      展開は実に歯切れが悪いし、先が読める作りに退屈でしょうがない。
      ツッコミどころのあるシーンの多さに辟易。多少なりともリアリティがなくては飽きてしまう。
      日本版「ダイハード」なんて、あまりにも本家に失礼極まりない。
      >> 続きを読む

      2015/09/16 by オーウェン

      「ホワイトアウト」のレビュー

    • 評価なし

      鑑賞日:????/??/??
      鑑賞回数:1回目
      鑑賞種類:?
      評価:不明

      鑑賞日:2003/01/04
      鑑賞回数:2回目
      鑑賞種類:地上波放送
      評価:不明
      >> 続きを読む

      2015/02/19 by ASANO

      「ホワイトアウト」のレビュー

    もっとみる

    ホワイトアウト
    ホワイトアウト

    映画 「ホワイトアウト」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画