こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アンダーワールド

Underworld
ジャンル: ホラー , ドラマ , SF , アクション
公開: 2003/11/29
製作国: アメリカ
配給: ギャガ=ヒューマックス

    アンダーワールド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 3.0 ハラハラ クール

      吸血鬼族vs狼男族

      2018/07/08 by motti

      「アンダーワールド」のレビュー

    • 3.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ヒロイン(ケイト・ベッキンセール)は
      ヴァンパイアの処刑人

      ヴァンパイアとライカンとの戦いが
      何世紀も続いている
      近未来的な現代の話

      ライカンとは人狼のことで
      男女不問だが、
      映画では女性のライカンは出てきてなかった、
      狼男ばっかやった

      ヴァンパイアは
      ○○卿と呼ばれるえらいさんもいたりして
      ヨーロッパ貴族調にまとめてある

      現代なので
      スマホも使えば、
      マシンガンで
      お互いの苦手な
      日光の要素が入ってる弾や
      銀の弾などををぶっぱなすし、 
      手りゅう弾も使うし、
      何より
      ヴァンパイアは血小板?の製造、
      ライカンはDNAの合成など
      現代にいたらこんな風、みたいな
      テロ行為で有名になった某宗教団体みたいな事もやってて
      面白い

      ヒロインはライカンに
      6歳の双子の姪も含めて
      惨殺され、
      ヴァンパイアの長老(ビル・ナイ)に仲間にされて
      復讐の意味もあったと思うが
      実は家族を虐殺したのは
      その長老で、
      っていう所
      えーーーとなって、
      私の価値観ひっくり返り

      ライカンのリーダー(マイケル・シーン)が
      ヴァンパイアの長老の奴隷だった頃に
      その長老の娘とむすばれて
      娘のお腹に赤ちゃん、
      つまりヴァンパイアとライカンの血を併せ持つ子ができて
      長老が
      娘を日光で焼き殺した話がはさまってきて
      このリーダーがええ奴に思えてきた

      そういや、
      ヴァンパイアは
      裏切ってライカンと通じてたヤツ(シェーン・ブローリー)とか
      嘘ついてた女の子(ソフィア・マイルズ)とか
      なんか根性ババ色やなと
      長老の秘密が分かった時に思い出した

      それにしても
      最も災難やったのは
      人間だったのに
      特殊な血をひいていた男性医師(スコット・スピードマン)

      ライカンのリーダーに噛まれて
      なんども変身しかけて苦しそうだったり
      最終的にヒロインに噛まれて
      トリプルな存在になって
      それから変身する時も苦しそうだったり、
      そもそも
      ライカンやヴァンパイアに噛まれるのも
      痛いし、
      両方から追っかけられていつも痛い目に遭って
      気の毒

      あの終わり方、
      続きそうやなと思ったら
      続編があるらしい

      ヒロインとトリプル君が座長で
      どちらからも追われる的な話が続くのかな?
      >> 続きを読む

      2017/08/22 by 紫指導官

      「アンダーワールド」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      存在は知っていたが、特に理由は無く今迄敬遠していた作品。今回、思い切って鑑賞してみたら、なかなかどうして結構いいじゃない。
      ケイト・ベッキンセイル演じる主人公セリーンが、バイオハザードのミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリスのように格好いい孤高の女戦士として心に刺さる。
      ヴァンパイアと狼男の長く続く戦いの歴史を軸としたストーリーも興味をそそる。
      続編前提で、もう少し謎の部分を先送りしてもいいかなと思うが、これはこれで確り完結してて良かった。
      よしシリーズ制覇目指して頑張ろ!

      2017/08/14 by 123

      「アンダーワールド」のレビュー

    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      人間の知らないところで、太古より争ってきたヴァンパイアと狼人間たちだったが、狼人間たちはリーダーを失い壊滅寸前だった。

      ヴァンパイアの女戦士として狼人間狩りをしていた主人公は、狼人間たちの不穏な動きを察知するが、仲間たちは取り合おうとしない。

      とにかく、実に素晴らしい出来の作品だ。作品の出来栄えに対して、評判が今一良くなく、かなり冷遇された1本だと断言できる。

      ミュージッククリップやCFでキャリアを積んだ美術畑の新人監督だったレン・ワイズマンの作品のため、美術や撮影技術へのこだわりは容易に想像がついたが、レン・ワイズマン監督自らの原案による、価値観を危うく反転させかねないストーリー展開の面白さに、魅了されてしまった。

      このあたりの事を知らないと、「ブレイド」の連想から「またぞろコミックの映画化か」と思えなくもない題材だが、これは立派なオリジナル脚本なのだ。この手の映画で、ここまでストーリーの面白さで堂々と勝負できる作品には、久しくお目にかかっていなかったように思う。

      主人公はかつて人間だったが、ヴァンパイアと狼人間の争いの真っ只中に、その争いの理由や発端すら知らずに放り込まれ、個人的な復讐心と、ヴァンパイア一族の長老に対する敬愛と忠誠心で戦い続けてきた「戦士」であるという設定だ。

      彼女が、何の理由か、狼人間たちが特定の人間を執拗に追っている事実に気付いたことから、この物語が動き出す。

      狼人間たちの目的、ヴァンパイアと狼人間の確執の発端や、主人公の過去に関する謎を中心にして、この世界の約束事をさりげなく、しかし手際よく紹介しながらミステリアスに展開する物語は、やがて、かつて「ターミネーター」の1作目が残したのと同じ類の余韻を残して幕を閉じる。

      何も知らず、盲目的に戦っていた主人公が知る真実、そして、正義の意味。そして選択。このように、この作品はとても重いテーマをエンターテインメントとして、見事に昇華していて、それ故に心に引っかかる1本なのだ。

      アンダーワールドというタイトル通り、人の関知しない"闇の中の世界"で展開する話ゆえ、ブダペスト・ロケの効果も抜群に、"ダークでゴシックなデザイン"を施された衣装や美術が中心だが、ヴァンパイアたちが現代の最新テクノロジーで武装して戦うというヒネリが加わって、独特の世界観が築かれているのだと思う。

      黒マントを翻らせて、超人的なアクションを魅せる女主人公というビジュアルこそ、確かに二番煎じと見えるのはもはや致し方のないところだが、この女主人公を演じるケイト・ベッキンセールは、その体温を感じさせない華奢で冷たい美形ぶりが見事にはまり、近年最高の戦うヒロイン像になっていると思う。

      それ以外のキャストは、作品の予算規模を反映してか、あまり知らない名前が並んでいるのだが、ケイト・ベッキンセール以外、主要なキャストは全て英国系の俳優で固められ、この作品の"重厚な雰囲気"を決定づける要因のひとつにもなっていると思う。

      狼人間のリーダーを演じるマイケル・シーンなど、複雑な役どころを難なく、しかも魅力的に演じきっていて、実に印象的だ。

      その狼人間の変身シーンには、昨今のCGアニメーション特有の軽さとは対極の、ロブ・ボッティン以来の伝説的なアナログっぽい雰囲気が濃厚なのも、これまた実に素晴らしいと思う。
      >> 続きを読む

      2017/03/25 by dreamer

      「アンダーワールド」のレビュー

    • 3.0

      dテレビ)多分再鑑賞2回目(映画公開時に劇場で鑑賞したかも?)。ダークな世界観はいいと思うけど、見た印象が薄いのはどうしてだろうか?。吸血鬼なのに戦う武器が銃だからか、それともヒロインと人間(結果的には両方の種族のハーフになる)のロマンスの部分が弱いから?。ともかくエンタメ作品としてのインパクトには欠ける気がした。シリーズになっているようなので、この続きも見ていきたいと思う。感想はこんなところです。

      2016/04/23 by おにけん

      「アンダーワールド」のレビュー

    • 僕はケイト・ベッキンセールが黒髪クールな主役というだけでご馳走でした!

      2016/05/04 by かがみくん

    • かがみくん様>初めまして。コメントありがとうございます。
      確かに全作を通じてケイト・ベッキンセールさんがクールな印象で、そこは良かったと思います。その点から再鑑賞するとまた違った作品の印象になるのかな。
      >> 続きを読む

      2016/05/04 by おにけん

    もっとみる

    アンダーワールド
    アンダーワールド

    映画 「アンダーワールド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画