こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

シュレック

Shrek
ジャンル: キッズアニメ・映画 , ファンタジー , ファミリー
公開: 2001/12/15
製作国: アメリカ
配給: UIP

    シュレック の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 4.0

      おもしろい

      2021/09/18 by のすけ

      「シュレック」のレビュー

    • 2.0

      初めて観た(笑)

      皆から忌み嫌われ、恐れられている為、一人で気ままに暮らしてるオーガのシュレック。
      彼の元におしゃべりのロバ、ドンキが現れ、そこから彼の元に様々なおとぎ話のキャラクターが訪れる。
      話を聞くと皆ファークアード卿の命令で住む所を追われたのだという。
      シュレックはファークアード卿に直談判し、皆を守ると言う。。。
      かくして、シュレックとドンキの旅が始まる。

      食わず嫌いで観る事を避けてましたが、中々面白かったです❗️
      >> 続きを読む

      2021/02/02 by ヒデト

      「シュレック」のレビュー

    • 4.0

      シュレックが食べるものが、なにかと気持ち悪い。
      吹き替え版で、声の違和感が強烈過ぎた。

      2020/03/03 by くろねこ

      「シュレック」のレビュー

    • 5.0 笑える 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "作り手たちの熱い思いと人間性への深く誠実な洞察が感じられる長編アニメーションの傑作「シュレック」"

      この映画「シュレック」はスティーヴン・スピルバーグが、ディズニーアニメの立役者だったジェフリー・カッツェンバーグらと設立したドリームワークスによる長編アニメーション作品。

      コンピューターグラフィックスの新鮮な映像と、創造性溢れるストーリーテリングで、我々に不思議な感動と興奮を与えてくれます。

      この物語は一見すると、まるでお伽話のような定石通りの展開になっていきます。森の奥で世を捨てて暮らす緑色の怪人シュレック。ひょんな事から知り合った、おしゃべりロバのドンキーと共に、溶岩だらけの城に幽閉されているフィオナ姫を救い出すために旅に出ますが----、というお話です。

      というのも、姫を妻にしたがる独裁者ファークアード卿と取引をして、姫の救出を請け負ったためでした。

      かくして、シュレックとドンキーの抱腹絶倒の珍道中、行く手をさえぎる凶暴なドラゴンとの死闘、姫との出会い、旅路で芽生える恋----というように物語は展開していきます。そして、驚かされるのは、驚異のCG技術とキャラクター造型の面白さ。実に見事です。

      下品で怒りっぽいシュレックは、それまでのアニメのヒーロー像とは対極の存在にしたところが大成功で、楽天家のドンキーは、エディ・マーフィの声が彼のキャラクターとイメージがピタリとはまり抜群の出来だったと思います。

      秘密を抱えたフィオナ姫は、王子を待つだけの受け身の存在ではないし、"背は低いが態度はデカイ"ファークアード卿は悪役の新機軸とも言うべき見事なキャラクターです。

      そして、彼らが先端のフェイシャル・アニメーション・システムで、三次元の空間を奔放に駆け巡るのです。

      ディズニー作品へのパロディー精神も光りますが、何よりも、アンドリュー・アダムソンら作り手たちの「人間性への深く誠実な洞察」がこの映画全編に満ち溢れていて、アニメ映画の限りない可能性と素晴らしさを感じました。

      そして、作り手たちの熱い思いを爆発させたようなクライマックスには、それまでのありきたりの実写映画を遥かに超えた、本物の感動が胸に迫ってきて、ドリームワークスもなかなかやるなという印象を持ちました。

      尚、この映画は2001年度のアカデミー賞の最優秀長編アニメーション賞を、同年のLA映画批評家協会賞の最優秀アニメーション賞を、英国アカデミー賞の最優秀脚色賞を、放送映画批評家協会賞の最優秀長編アニメーション賞を受賞しています。
      >> 続きを読む

      2016/08/31 by dreamer

      「シュレック」のレビュー

    • 懐かしい作品です!見た当時は単純におもしろい!と思った記憶があります。でも今振り返ると、あの時代のアニメとしてはすごいことをしていたのだなと思います。 >> 続きを読む

      2016/09/01 by 瑠李凛

    • 瑠李凛さん

      この「シュレック」という長編アニメは、アニメ映画の限りなく、あらゆる可能性を広げた、アニメ映画史においてエポックメーキングな作品に成り得たと思います。

      アカデミー賞において、長編アニメーション部門が設けられた最初の年になる2001年度の最優秀長編アニメーション賞をこの作品が受賞したという事は、そういう意味からしても、何か象徴的な気がします。

      そして、この賞の第2回受賞作が「千と千尋の神隠し」、第3回受賞作が「ファインディング・ニモ」と素晴らしい作品が受賞して、アニメ映画の新しい可能性を持った作品が後に続いていますからね。
      >> 続きを読む

      2016/09/01 by dreamer

    • 5.0 笑える

      公開されたときは実に新鮮な感動を覚えた作品。

      テーマは明快。美女と野獣がいかにして好かれていくか。醜い容姿をコンプレックスにいかにして、そこから前に進むか。

      ディズニーキャラをこけおろした毒気ある皮肉との対比が絶妙。

      キャラではエディが声を演じるロバのおしゃべりが絶口調♪これでもかとボケてツッコムが、このロバも実は独り身というのが切ない。

      そしてフィオナ姫も実は・・・このテーマこそ一番評価したいポイント。
      >> 続きを読む

      2015/02/09 by オーウェン

      「シュレック」のレビュー

    • 浜田雅功の吹き替えも、(上手い下手は置いておいて...)良かった記憶が有ります。

      2015/02/10 by ice

    もっとみる

    シュレック
    シュレック

    映画 「シュレック」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画