こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

愛、アムール

AMOUR
ジャンル: ドラマ
公開: 2013/03/09
製作国: アメリカ , インド , フランス
配給: ロングライド

    愛、アムール の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      もう少し若い時分に観ていたら、老老介護の現実を扱った社会派映画として消費したかもしれない。しかし不惑を越えれば誰しも老いを意識するし、親が存命なら彼らは主人公たちの年齢と大差ない。久しくクリーニングに出していない礼服のことが夜更けにふと気になったりする。

      来るべき終焉に向けて、構える契機となる映画である。少なくとも欧米はそのように反応し、こぞってこの映画に賞を与えた。まるでそうすることで何かを封じることができると信じるかのように。あるいは世界のほつれを隠蔽できるとでも信じるかのように。あの受賞の夥しい数こそは、欧米の知識人たちの動揺の表れであり、もしくはやましさの表れだろう。

      パリ中心街の高級アパルトマンが舞台。老夫婦は引退したピアノ教師で、国を跨いで活躍する新進気鋭の弟子がいる。娘夫婦は夫の浮気で切った張ったを繰り返しているが、どうにかロンドンで家を構えている。孫たちも少なからず音楽に携わっているらしい。ヨーロッパの典型的なブルジョワ。とまれ、ままならぬ懐事情を人事不詳の母に娘が打ち明ける場面があるから、鴨の足掻きが透けて見える。

      冒頭、シャンゼリゼ劇場でピアノリサイタルが始まろうとしている。舞台側に固定されたカメラは客席側に向けられ、わらわらと集まる観客たちを長々と映している。鏡像に向かい合うような居心地の悪さがあって、なるほど、これから私たちは私たち自身の物語を観ることになるわけだ、と知る。いかにもハネケらしい演出。

      無理に医者に診せ、手術まで受けさせた結果妻が半身不随になって戻ってきたことへの夫の罪悪感。妻は妻で夫をなじる気持ちもなくはないだろう。だからこそ二度と病院に連れていくなと妻は夫に約束させる。家を離れたくないからとか、夫から離れたくないから、という感傷的な演出は、そもそもの始まりから奪われている。この点において、老夫婦の愛の絆をこの映画に見ようとする者は、最後までお預けを食らわされることになるだろう。やはりハネケの amour は逆説的であり、一筋縄ではいかない。

      妻の容態は悪化する一方で、看護師二人体制でなければ回らなくなってきて、二人目を雇うも、これがケン・ローチの映画から連れてきたようなお育ちのよろしくない悪看護師で、妻になかなか凄いことをするし、解雇を言い渡す夫とこの看護師の対決は、DQNとは距離を置こうでは済まされない、暗鬱とさせられるものがある。本邦でも、こちらは距離を置いているつもりが、突然追いかけてきて高速道路で停車させられかねないのだ。

      娘が父を非難する。この状態が最善か、と。涙ながらに Parlez sérieusement avec moi ! と詰め寄るが、よし、それなら真剣に話し合おうじゃないか、と父。妻は病院は断固拒絶する。医者も看護師も定期的に手配している。家では私がついている。それでも気に入らないと言うなら、お前が引き取るのか。返されて、カメラが娘を映すことはない。声を拾うこともない。なぜお母さんは最後の最後でわたしを苦しめるの……が娘の本音だろう。罪悪感に発作的に突き動かされながら、それを持て余す現代人のありようが浮き彫りになる。

      あの最後の娘の不意の訪れに、夫は動揺して妻の寝室に鍵をかける。父親の異変にこそ娘は動揺し、母親に会わせてほしいと迫る。もしや、と観客は思うわけだが、鍵は開けられて母は寝台に眠っている。ただ、この場面から、来るべきクライマックスが発作的でないことを我々は知らされることになる。

      意識の曖昧な妻に向かって、夫は幼少のころの話をする。非常に話のうまい人で、こちらもつい引き込まれてしまう(疎開先に送られる娘に、調子が良ければ「◯」を、悪ければ「×」を書いて毎日送れと父が何枚ものを葉書を託したというエッセイが向田邦子にあったのを思い出す)。老夫婦の間で交わされる話の大半が夫の幼少期のそれというのは、いささか違和感がなくもないが、どうか。ただ、ここにも作話の方向づけはあるはずで、夫にとっての妻が、今や母親と等価となっている印として私は観た。あるいは死にゆく妻に自身の幼少期を託すとは、これ以上ない同化を意味するのかもしれない。

      いい日なら便箋の片隅に花の印を、悪い日なら星の印を。振り返れば花の印の多い人生だったかもしれない。しかし老介護の現実は、人生の花模様をすべて星模様に変えかねない危うさを孕んでいる。だから鳩のおとないは、聖霊のおとないと読むのが一つの筋だろう。夫は茫然自失となりながら妻に導かれて部屋を出る。実年齢においても、エマニュエル・リヴァはジャン=ルイ・トランティニャンより三つほど年長。

      ドアの隙間をガムテープで目貼りしたのはなぜだろう。自分のためというより、妻のためだったろう。妻があそこまでプライドが高くなければ、事態はだいぶ変わっていたかもしれない。しかし、気難しくなるというのは、何もその人自身の性格からとも限らない。老いは、病いは、人の本質を狂わせかねないのだから。しかし狂ったら狂ったで、私たちはそれも当人としていたわっていかなければならないのである。だからあの目貼りは、妻への最後の気遣いとしてあるのではないか。

      誰もいないアパルトマンの部屋に、光が満ちている。娘が立ち寄って、鍵を開け、室内を見渡しながら、そっと居間に腰を下ろす。

      イザベル・ユペールとは、ただその存在をもって、あらゆる映画に終止符を打つことのできる、稀有な女優ではないか。
      >> 続きを読む

      2021/09/21 by Foufou

      「愛、アムール」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      GYAO視聴。ハネケ作品は心身健康な時に観ないと猛毒作用。しかし人生に必要な猛毒。この作品もなかなか観る決心がつかなかったけれど、やっぱり観てよかった。ラストへの予想はつくけれど画面の緊迫感に引き込まれてあっという間。ジョルジュの最期をあのように描くのが素敵。アンヌに導かれてコートを着て旅立ったのね。主演の二人が素晴らしすぎて圧倒される。 >> 続きを読む

      2020/02/15 by Chihoish

      「愛、アムール」のレビュー

    • 3.0

      女優の役者さんがすごい演技力だと感心した。映画なのに、この夫婦の日常生活の様子を同じリビングで見ている感じだった。パリに住んだこと1度もないのにwwwなんだろう、それだけ、このテーマが身近で日常にある出来事で、でも映画だから安心して他者として見れる側面があるのだろう。1.7倍速で視聴という映画ファンとしあるまじき方法でみたのだが、すごい間のえいがなんだろうな。違和感なしだったwww

      2020/02/15 by THE沙鳩

      「愛、アムール」のレビュー

    • 5.0

      こういうものを解決できないのなら、医学だって薬学だって経済学だって政治学だって、そんなものは信じない。
      そんなものは偽善だと言い続ける。

      2018/03/25 by taku

      「愛、アムール」のレビュー

    • 5.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "夫婦の愛を静かに、厳しく見つめる珠玉の名作 「愛、アムール」"

      コンサートホールの観客席。舞台から見下ろすカメラが、開演を待つ大勢の顔を映し、その中に品の良い夫婦がいる。

      ミヒャエル・ハネケ監督の映画「愛、アムール」は、そんなどこにでもいそうな夫婦が直面していく"老いと病"を通して、珠玉の愛を描き出した名作だ。

      哀愁と気高さに満ちたピアノ曲の後、幸せな余韻に浸る夫婦が帰宅したところから、この物語は始まります。

      カメラはもうその後、二人が暮らすパリの部屋を出ることはないのです。翌朝、突然の病に襲われた妻と、介護をする夫の日々を、この映画はひたすら見つめていきます。

      手術に失敗した妻は「もう病院には戻らない」と宣言する。時折、訪ねて来る娘は、再入院を勧めるが、妻の願いを受け入れた夫は、共に自宅で暮らすと覚悟を決めるのです。

      「あなたは怖い時もあるけど、優しいわ」といった会話や労わり合いの場面が、二人が積み重ねてきた"時間の豊かさ"を伝えていく。

      だが、閉じた空間で悪化する病と向き合い、介護にも追われるうちに、夫婦の感情のやりとりは緊張感を増していくのです。

      過剰な感情表現を抑えて、事実だけを伝えていく。夫婦の心を純化した形で見せているから、終盤に夫が見る幻は、この上もなく美しいのです。

      気品を失わない妻を演じたのは、広島を舞台にしたアラン・レネ監督の名作「二十四時間の情事」のエマニュエル・リヴァ。夫を「男と女」「暗殺の森」のジャン・ルイ・トランティニャンが演じ、それぞれ魂のこもった名演を見せてくれる。

      アカデミー賞にオーストリア代表で出品され、外国語映画賞を受賞。また、ミヒャエル・ハネケ監督は、前作の「白いリボン」に続き、2作連続でカンヌ国際映画祭の最高賞に輝いています。
      >> 続きを読む

      2017/11/06 by dreamer

      「愛、アムール」のレビュー

    もっとみる

    愛、アムール
    アイアムール

    映画 「愛、アムール」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画