こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ダーウィン・アワード

The Darwin Awards
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 2007/12/01
製作国: アメリカ
配給: プレシディオ

    ダーウィン・アワード の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 笑える

      人の死に方なので不謹慎とは思いますが.....面白かった!

      "ダーウィン賞"なるものがまず面白い!
      受賞した彼らがどんな面白いやつだったか想像すると不謹慎ながら面白可笑しくて、この主人公に全く以て共感できるというもの。
      一つ一つのエピソードで1時間半くらいの映画が取れそうな勢いのあるバカたち。
      愛すべきバカ。
      素晴らしすぎます!

      主人公自身もそのタイプであることは、ドキュメンタリを撮影しているという設定がいっそう面白くしているのだと思う。

      でもね、人間だれしもバカなことってしてしまうと思うんだよね。
      それが致命的だとこのように扱われるものの大いに共感できる僕もダーウィン賞タイプの素質って持ってるんじゃないかなと思ったり。

      それはそうとエンドロール後も見逃さないで見ないとw
      >> 続きを読む

      2018/07/21 by motti

      「ダーウィン・アワード」のレビュー

    • 4.0

      【概要】

      世間には信じられない間抜けな原因で死ぬ人が実は結構いる。そんな死に方をした人を毎年表彰するダーウィン賞。この作品はそんなダーウィン賞的事件の数々を暴いていく保険調査員たちの物語。主人公は元警察の名プロファイラーであるマイケル。そして、彼とバディを組むのが変死事件担当のベテラン女性調査員シリ。そもそものきっかけは、大失態で警察を辞職したマイケルが趣味で始めたダーウィン賞受賞者の研究。これを推し進めることで、毎年保険業界がダーウィン賞的死傷者に支払う保険金を大幅に節約できるはず、と保険会社に売り込んだのだ。こうして、おバカ版『X-ファイル』物語…いや、伝説が始まった。

      【感想】

      パンフを読むまでもなく、実見していて思ったのが「これっておバカのX-ファイル?!」。鋭い洞察力と推理を発揮する一方、生き方がもどかしく、時々恐るべきお間抜けさを見せる主人公マイケルにジョセフ・ファインズ。その相方のツッコミ役の女性調査員に一頃不調だったウィノナ・ライダー。他にも有名人多数。いかにも低予算的な画質と造りながら、俳優陣は結構豪華かも。時々あざとさも感じるけれど、概ね素直に笑える場面多し。ちょっと緩さもあるけど。記者志望の学生が卒論代わりの記録映画撮影中というおまけ設定あり。中盤これで笑いをとり、クライマックスでもちょっとだけ効いて来る。皮肉も皆無ではないけれど、登場人物たちへの愛情は感じられて良い。
      >> 続きを読む

      2015/07/26 by ぴぐじい

      「ダーウィン・アワード」のレビュー

    • 2.0

      ダーウィンアワード。これはその年にバカバカしい死に方をした人に贈る賞。
      こんなものが存在するのだから、アメリカ人は底なしにバカだ(笑)

      そのいくつかを物語仕立てにして送る。
      まあそのどれもが情けないというか、アホというか。
      問題なのは思ったよりも笑えなかったということだ。

      普通に考えれば死は悲劇のはず。
      そこを笑い飛ばす賞なのだから、もっと弾けるだとか、徹底的にバカを極めるだとかしないと難しい。

      名のある俳優陣が次々死んでいくが、どうせならウィノナも悲劇に遭うだとかそれぐらいの爆発力は欲しかった(笑)
      あとこういう素材は映画よりもTV向きだろう。こじつけの部分がややこしい感じがした。
      >> 続きを読む

      2015/05/03 by オーウェン

      「ダーウィン・アワード」のレビュー

    • ダーウィンアワード、初めて知りました。
      さすがアメリカ…!

      2015/05/04 by ただひこ

    ダーウィン・アワード
    ダーウィンアワード

    映画 「ダーウィン・アワード」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画