こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ロンリー・ハート

Crime of the Heart
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 1987/04/18
製作国: アメリカ
配給: 松竹富士

    ロンリー・ハート の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      三大アカデミー賞女優の競演による、チェーホフ劇にも似た三人姉妹の物語 「ロンリー・ハート」。

      「ロンリー・ハート」という映画は、何と言っても「アニー・ホール」のダイアン・キートン、「ブルースカイ」のジェシカ・ラング、「歌え! ロレッタ・愛のために」のシシー・スペイセクという"三大アカデミー賞女優"の競演が、我々映画ファンの興味をかきたて、三人の演技を堪能させてくれます。

      演じる方も、競争意識に燃えていただろうし、当然、観る方もワクワクしながら楽しめるのです。

      ミシシッピーの田舎町の2日間の"三姉妹の再会"のお話です。
      三人の中で、ただひとり既婚者の三女のベイブ(シシー・スペイセク)が、夫を銃で撃ってケガをさせます。
      この大事件で、次女のメグ(ジェシカ・ラング)が帰郷して、久しぶりの三姉妹が集まることになります。

      この三姉妹は、それぞれがユニークな、というより"心を病んだ"彼女たち-------。

      家にとどまる長女のレニー(ダイアン・キートン)は、野暮ったく、頑なだ。卵巣障害による不妊症と信じる劣等感から、極端な恋愛恐怖症。サナトリウムから出てきた誕生日に、小さなクッキーに赤いローソクを立て、ハッピー・バースデー・ツー・ユーと、つぶやく。

      隣家のおしゃべりな、いとこ(テス・ハーパー)がくれた、去年の残り物のチョコレートを後生大事にする、可哀想な人なのです。

      次女のメグは、かつてコパイア郡のあばずれなんて鳴らした派手な娘。
      そうよ、子供の時から、私たちのペチコートには三つしか鈴がついてなかったけど、あんただけ11もつけてたもの、と今も姉妹の怨嗟の声。

      歌手の栄光を夢見てロスへ行き、そのため幼馴染の恋人ドク(サム・シェパード)も振ったけど、かの地で挫折して精神病院入りの過去もある。
      剃った眉、超ミニスカート、ひどいチェーン・スモークにも、荒んだ生活が忍ばれるのです。

      そして、末娘の、そばかすだらけのベイブは、18歳で結婚し、ずっと年上の相手は、町一番の弁護士で有力者。
      だが、こともあろうに、15歳の黒人少年と不倫した彼女は、現場を見つけた夫に銃を向けた、というわけだ。

      白いひらひらのドレスで、やたらと甘いもの好きも、少女のままの発育不全を思わせて、そのくせ居直ったように肉感的で、なまめかしい奇妙さ。

      遠い日に、三姉妹の若くハンサムな父は、家族を捨てて行方知れず、働き疲れた母は、"猫を道連れ"に自殺したのです。
      このように、スキャンダラスな一家で、いままたベイブの事件。
      そして、彼女らを育てた、祖父の危篤-------。

      暗い材料ばかりなのに、ドラマは奇妙に明るい。
      ユーモラスで、笑わせてもくれる。物見台のある、古びて荒れた、でも名残りの白い家に、柔らかな黄金色の陽が差している。
      その何とも言えない暖かいトーンが、心地いい。

      この映画の原作は、ベス・ヘンリーによる女性初のピュリッツァー賞受賞の三幕ものの戯曲です。
      とにかく、現代アメリカ版チェーホフ劇とでも言えるほどの、いい芝居だと思います。

      人間観察の目の細やかさ。
      ユーモアとペーソスによって捉えられた、実人生の風景。
      滑稽でもの悲しくて、愛しい女たち。
      その誰かに、風景のどれかに、観ている我々も身を置く覚えの共感を抱くのです。

      人はみな、何がしかの心の病を抱えているものです。
      孤独という名の病的な犯罪を抱いてもいるのです。
      罪びと同士、せめて寄り添おうじゃないか-------。

      優しさを求め、優しさを与えるラストがとても素晴らしい。
      ベイブが首吊り自殺をしそこない、初めて"猫と死んだ"母の謎が、とけるのも実にいい。

      黄金色の輝きに、優しさ願望を込めたこの人間ドラマは、私の魂を揺さぶってやみません。

      オーストラリア出身のブルース・ベレスフォード監督の演出は控え目だが、三人の演技派女優のエネルギー、魂の演技にお任せの感じですが、これも彼の優しさなのだろうと思います。
      >> 続きを読む

      2021/09/13 by dreamer

      「ロンリー・ハート」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ロンリー・ハート
    ロンリーハート

    映画 「ロンリー・ハート」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画