こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブラック・ダイヤモンド

Cradle 2 the Grave
ジャンル: アクション
公開: 2003/03/29
製作国: アメリカ
配給: ワーナー

    ブラック・ダイヤモンド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 評価なし

      トニー(DMX)率いる強盗グループがロスの宝石商の金庫から宝石類を奪っている時、ダンカン・スー(リー)という男から『ブラック・ダイヤンドだけは置いていけ』と警告を受ける。だが、それを無視してほとんどの宝石を持ち逃げするが…。

      2021/08/07 by Silencer

      「ブラック・ダイヤモンド」のレビュー

    • 3.0

      レンタル・配信)2019年7本目。@dtv。「黒いダイヤモンド」の行方をめぐって、宝石専門の強盗団の一味と台湾のエージェントが協力して黒いダイヤモンドを取り返すという話の筋。登場人物が割と多く、誰が味方で誰が敵なのか一瞬混乱する。だがアクション自体がとてもかっこいいのでその分は楽しめる。特にジェット・リーの冒頭でのロープなしで窓から窓へ飛び移るスタントは特筆すべきだと思う。(実際に本人がやっているかは脇に置いといて)。アクションでの見せ場が多い作品。映画の評判はあまり良くなかったみたいだが、こういうアクションは自分好みな作品。感想はこんなところです。 >> 続きを読む

      2019/04/08 by おにけん

      「ブラック・ダイヤモンド」のレビュー

    • 2.0

      いまひとつ。パッとしない。ジェットリーの良さも出ていなかった。

      2017/06/09 by JUMP

      「ブラック・ダイヤモンド」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      午後ローで。地下闘技場のあれを延々と見せてくれればもっと満足したかもしれない。


      にしてもスーと娘以外は悪党であることに変わりはないので家族愛とかされても微妙に入り込めない部分もある……?
      ブラックダイヤモンドの招待のアホアホな感じはけっこう好き。

      2017/04/16 by はじめ

      「ブラック・ダイヤモンド」のレビュー

    • 2.0

      アメリカに進出といえば聞こえはいいが、このころのジェット・リーはどの役も寡黙なものばかりで、怒っているか無表情しか決め手がない。
      リー・リンチェイ時代のすさまじいアクションは封印したまま。

      ダイヤを巡るアクションだが、その顛末などはっきりいってどーでもいい(笑)
      ほとんどがリーのアクションを求めて見るのだから。

      しかしジェットリー常に片手をポケット。
      余裕を見せたいだけなのか。それとも新たな型でも作りたいのか。

      最後のアクションも構え一つとらず。
      マーク・ダカスコスとはワイヤーつきなので一向にかみ合わず。
      締まらない最後といい、これは演出した方に責任がある。

      共演のDMXは気のせいか「DENGEKI」とほとんど役が一緒。必ずついてくるアンソニー・アンダーソンも含めてだ。
      あとお前ら共演しすぎだろ(笑)
      >> 続きを読む

      2015/07/03 by オーウェン

      「ブラック・ダイヤモンド」のレビュー

    もっとみる

    ブラック・ダイヤモンド
    ブラックダイヤモンド

    映画 「ブラック・ダイヤモンド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画