こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

椿三十郎

Sanjuro
ジャンル: ドラマ , 時代劇
公開: 1962/01/01
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    椿三十郎 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 評価なし

      ただのB級映画、アイドル映画として見るべきだと思います。黒澤監督がはるか天上に祭り上げられた時から顧みると、世界の名作かもしれませんが、この軽いノリ、適当なキャスティング、単純な効果音などなど、実に陳腐なB級映画だと思います。それなのにこんなにすごい、ではなく、陳腐なB級映画の枠内だからこそこういう名作が生まれ得たのだと考えるべきでしょう。当時の人たちがどのように感じていたかを汲まないと、作品の評価はできないように思います。

      2019/09/10 by fujisan

      「椿三十郎」のレビュー

    • 5.0

      カッコイイし、笑える。
      三十郎に抱かれたい!

      2018/10/28 by kaori

      「椿三十郎」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      森田芳光版で今年リメイクされたものは見ていません。コチラは本家、黒澤明監督版。加山雄三や田中邦衛がすぐわかった!やはりカリスマ、椿三十郎役の三船敏郎がカッコ良すぎる!織田裕二の椿三十郎を想像してみるが、とても太刀打ちできまい。公開中の「隠し砦の三悪人」のマツジュンもダメ。三船敏郎のイメージは強烈だ

      2018/09/15 by motti

      「椿三十郎」のレビュー

    • 4.0 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      【後に自分で見返す用。大いにネタバレあり。】


      黒澤明監督の中では自分の中で王道として位置付けている作品。浪人、三十郎の起点の効く立ち回りと口回り、ドジな脇役のコメディ要素、そして綺麗な風呂敷の畳み方。

      真夜中の森の中。古びた社殿で若侍の一団が集まり密談を始める。たまたま9人の若侍たちの話を盗み聞きした椿三十郎は彼らの間抜けさに呆れて少しの手助けをする。自分らの親分を疑い、真の悪役である菊井を善人だと勘違いしていた9人はその起点に敬服を示す。

      結局、その若侍の親分は菊井に捕虜として捕らえられるが、三十郎の上手い子芝居や非常な剣技の実力による協力によりなんとか助けることに成功する。
      >> 続きを読む

      2017/06/24 by Ryu-0929

      「椿三十郎」のレビュー

    • 5.0 笑える ハラハラ 元気が出る クール

      原作の「日日平安」をこの前読んだけど、映画の方が断然面白かった。全然、山本周五郎、良いけどね。

      それにしても映画本当に良くできてるなあ。スゴい。
      何回も観てるのに一回観出すと、最後までまた引き込まれてみちゃうもんなあ。

      2017/04/09 by unkuroda

      「椿三十郎」のレビュー

    もっとみる

    椿三十郎
    ツバキサンジュウロウ

    映画 「椿三十郎」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画