こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

鉄道員 ぽっぽや

ジャンル: 日本映画 , ドラマ , ファンタジー , お笑い・バラエティ
公開: 1999/06/05
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    鉄道員 ぽっぽや の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 4.0 切ない クール

      職場の先輩に薦められて観ました。
      公開から15年経っていても面白く観ることができた。高倉健さんがとてもかっこいい。
      思っていたよりファンシーなお話だったので楽しめました。

      2018/02/12 by Joban

      「鉄道員 ぽっぽや」のレビュー

    • 3.0 泣ける

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      不器用ながらもぽっぽやとしての仕事をひたむきに続けるオトサンとその周りの人間との温かな関係の物語。

      結婚後17年目にようやく授かった娘を不幸にも亡くしてしまう。その後、妻にも先立たれて独りになってしまったオトサンだったが、彼の定年後の事を気にかけてくれる周囲の人間の優しさ。
      結局ぽっぽやとしての自分しか考えられないオトサンはそれらを断るが、そこに亡くなったはずの雪子がまるで親に見せられなかった育っていく姿を見せるように姿を変えオトサンの前に現れる。

      雪子が死んだ時にも仕事をしていたオトサンはそれに対してうしろめたさをずっと感じていたが、雪子の言葉で報われる。その後、オトサン自身も逝ってしまうが周囲の優しい人たちに送られる。

      高倉健さんの演技がオトサンのぽっぽやとしての頑固さをよく描いていたし、優しい気持ちになれる作品。
      >> 続きを読む

      2017/06/21 by Ryu-0929

      「鉄道員 ぽっぽや」のレビュー

    • 2.0 切ない

      前から見てみたいなーと思っていたものがやっと見れました。
      広末さんが出ているっていうから見たいと思ったという、そんな理由なんですけれどもね。
      この映画をせっかく見ることができたのに、この日は契約しているネット回線が障害情報などが特にないのにずっと繋がらなくて、腰を据えて見れなかった状況だったということも最初に断っておきます。

      全体的にボソッボソッというトークで申告するから、音量大きくしないと何言ってるのかわからない。
      集合住宅なのでそんなに大きくするわけにもいかず、そこでまず諦めちゃって。
      それをずーっと見ていたから心の中では「本当に広末さん出てるの?」と何度思ったか。長い長い(実際はそこまで長くないんだけれども)。
      広末さんが出て来てからは、思いのほか集中して見れたような気がします。

      そして幌舞駅長という職務から、家族に何かあった時でさえ融通を利かせることのできない高倉健さん(乙松)。
      愛娘の雪子、妻の静枝。
      2人の最期に立ち会うことができず鉄道員としての職務を果たす。
      これはちょっと気の毒だなと思いました。
      >> 続きを読む

      2016/03/05 by elfintown

      「鉄道員 ぽっぽや」のレビュー

    • 4.0

      浅田次郎の小説のほうが好き。

      2016/01/13 by MKau

      「鉄道員 ぽっぽや」のレビュー

    • 4.0

      まさに浅田次郎ワールド。冬の北海道がいいです。

      2015/11/05 by kaiteru

      「鉄道員 ぽっぽや」のレビュー

    もっとみる

    鉄道員 ぽっぽや
    ポッポヤ

    映画 「鉄道員 ぽっぽや」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画