こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アメリカン・ビューティー

American Beauty
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 2000/04/29
製作国: アメリカ
配給: UIP

    アメリカン・ビューティー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全24件
    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      十年以上前に一度見たけど何にもわからず、( ゚∀゚)o彡゜オっぱい!オっぱい!としか覚えてなかったのが、時を経てようやく全体像がつかめた気がする
      レンタルものなのに監督コメンタリーもメイキングもあって見応えある
      照明や小道具のレイアウトなどこだわりがすごい
      アカデミー取ったのも分かる気がする
      映画だから当たり前なんだけど、それまでの日常があっという間に変わっていくのがあり得ないしこういうものに仮想的に陶酔できるから映画を見るのかもしれないな
      この場合は隣人が来なければこうならなかっただろうし
      そういうものの連続なのかも
      ソーラバーチがかわいい
      このタイトルが「アメリカンビューティー」なのがまだよくわかってない
      まだ時間かかりそう
      >> 続きを読む

      2020/04/20 by shiduka

      「アメリカン・ビューティー」のレビュー

    • 評価なし

      リストラされたレスター(スペイシー)は、娘の友達の美少女に一目惚れしてしまう。

      2019/11/22 by Silencer

      「アメリカン・ビューティー」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      レスターはアンジェラに訊きます。ジェーンは幸せなのか、そうでないのか。いつの時代においても、どんな父親だとしても、娘は幸せであってほしい、彼の笑顔からそんな心境が窺えました。
      死ぬまで僕には話さないから、とフラグを立てつつ、物語の終焉はこうなることが薄々わかってしまうのはやはり、リッキーの父親がそうであると気付いてしまったからなのかな。なかなかに、心の闇を抱えた登場人物ばかりでしたが、私はレスターの笑顔に救われました。

      リッキーの父親役を演じたクリス・クーパー、偶然にも同日に観たシービスケットにも出演されてたんですね、びっくりです!ちょっとくせのある役が似合うのでしょうか。
      >> 続きを読む

      2019/06/27 by 1963

      「アメリカン・ビューティー」のレビュー

    • 4.0

      アメリカの「美」を生々しく描いている。自由な国アメリカ。伝統的なタブーも受け入られる土壌が確かにそこに存在する。しかしそれと同時にそのタブーを許しがたく敵視する人々も存在する。
      寛容と非寛容、自由と非自由が、対立するものであると同時に共存するのが、実験国家アメリカの魅力であり存在意義であるのだろう。我々が学ぶことは多く存在する。と同時に、我々が批判すべきものも多く存在する。

      2018/09/04 by taku

      「アメリカン・ビューティー」のレビュー

    • 3.0

      ケビン・スペイシーに惹かれて鑑賞。ただ個人的には、リッキーの父に想いを馳せてしまう映画となった。きっと、真面目すぎるほどの人物で、他人も自分も、社会の決めた枠からはみ出すのを大罪と思っている。息子の法外行為を極度に戒めるものの、自分と同じ性的趣向を思わせる場面に出くわし、自分の息子が異常なわけはない、自分の否定し続けた感情を受け継いでいるはずはないと、怒りの爆発が暴力に派生したように見えた。過度な抑制による歪みと、その連鎖(性的嗜好としては誤解だが)と、アイデンティティの崩壊。それらを凝縮した人物だった。 >> 続きを読む

      2017/11/14 by Mimi

      「アメリカン・ビューティー」のレビュー

    もっとみる

    アメリカン・ビューティー
    アメリカンビューティー

    映画 「アメリカン・ビューティー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画