こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ツォツィ

Tsotsi
ジャンル: ドラマ , アクション
公開: 2007/04/14
製作国: イギリス , 南アフリカ
配給: 日活=インターフィルム

    ツォツィ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 ハラハラ クール

      銃をつきつけ「オッパイ飲ませろ!」笑うところじゃナイんだけど、すごいやね。

      銃を突きつけ「オッパイ揉ませろ!」こっちのほうならありそう?

      ていぅか、コレ、良いですよ!
      たとえば「ブラッド・ダイヤモンド」なんかのハリウッド製のアフリカン・サスペンスなんかよりも手触りが鋭利でハートにグサリときます。
      ちょうど「シティ・オブ・ゴッド」見た時と同じような鋭利な印象。
      南アフリカの貧富の2極化の激しい暮らしぶり。
      かたや、南ア国民の10%が白人ということなのでイメージ的に良い暮らしをしてるのは白人かと思いきや、上品そうな黒人夫婦。
      紳士的な旦那といい、映画的な配慮なのかもしれないけどな。
      かたや、お笑いマンガ道場(懐)で富永一朗がネタにする鈴木義司の家よろしく土管の住み家(笑)出身。

      目に映るすべてを敵視していた眼光が、赤ん坊と自らの子供時代を重ねる感情が生まれてくるとともに柔らかく変化していく。
      赤ん坊に乳を飲ませる若い母親にエイズで死んだ母親を重ねていく。
      無学な父親に半身不随にさせられた犬と駅で物乞いをしている車椅子の男とのエピソード。

      すごく良かった!

      それは本来の人間性を取り戻していくことで、彼は根っからのワルではないのだという感情移入をさせるベタな演出にハマってしまった!

      DVD特典映像、アナザーエンディングも良い!
      見る側の受け取り方で、どれでも好きなラストシーンに脳内で挿げ替えて納得できるだろうね。
      >> 続きを読む

      2018/07/22 by motti

      「ツォツィ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      窃盗に殺しは当たり前なツォツィとその仲間。
      そんなツォツィが盗んだ車。ところがそこには赤ちゃんが置き去りに。

      ここで単純にいい人になるという展開ではない。
      感情が芽生え自分で育てようとする。
      しかし紙おむつを替えようとして、新聞紙でお尻を拭いて、そこに新聞紙を巻く。
      この一連の動作でなぜオムツをつけないのかを疑問に思うが、そのあとを見れば一目瞭然。

      オムツを盗むを考えるではなく、その存在を知らないということだ。
      後に哺乳瓶やミルクの存在を知らないことでも分かる。
      母乳もただ赤ちゃんを育てているからということだけで、ツォツィは分からなかったはずだ。

      これだけ観てもツォツィのこれまでの人生と、南アフリカの現状が窺い知れる。
      アパルトヘイト後もこの国の貧困は止まることを知らない。

      しかしツォツィは子供を育てることで何かが変わった。
      わずかな希望が見えたのが、心に残る。
      >> 続きを読む

      2015/04/12 by オーウェン

      「ツォツィ」のレビュー

    ツォツィ
    ツォツィ

    映画 「ツォツィ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画