こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ゲゲゲの鬼太郎

ジャンル: ドラマ , アクション
公開: 2007/04/28
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    ゲゲゲの鬼太郎 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 3.0

      この作品を観た当時はうちの子供がまだ小さく、怖がりそうなので一緒には観ませんでした。
      きつねの化け物がミーアキャットに似てたのと、猫娘の戦闘シーンが、もうちょっとなんとかならないかとは思ったものの、日本映画にも大容量のCG機械を使える時代が来たお陰で、妖怪達が活躍する画面も違和感なく、結構楽しめる作品に仕上がってました。
      ウエンツ君、ミスキャストかと思ったけど作品に溶け込んでました。
      妖怪クラブ、楽しかったです。

      2022/03/21 by バナバナ2

      「ゲゲゲの鬼太郎」のレビュー

    • 4.0 笑える 元気が出る

      子供の頃、テレビをよく見てましたねぇ。。。
      懐かしい世代の方には、結構楽しめる映画かと。
      「芸能人対抗コスプレ大会」・・・みたいな映画ですな。

      一番のハマり役は大泉洋さんのネズミ男。
      田中麗奈ちゃんの猫娘は、おぢさまたち 必見の価値ありですよ!
      ストーリーの中で、唯一余分だったのは、人間と妖怪(鬼太郎)の恋愛ですかね?

      まぁ所詮、子供向けの映画なんで、妖怪たちはコミカル。
      しかし若いキャスティングの中に、大御所をキャスティングすることで、締まりのある作品には仕上がっているかと思います。

      あまり、深く考えて観る映画ではありませんが、妖怪と人間の共存の中に、自然と私たち人間の共存を垣間見た映画でもありました。
      >> 続きを読む

      2021/12/28 by mika

      「ゲゲゲの鬼太郎」のレビュー

    • 3.0 笑える 元気が出る

      テレビアニメシリーズを踏まえた実写版そして最新の21世紀版としては「オレら、基本的に夜型だから...」みたいなこんな感じなんでしょう。ネズミ男だけは絶賛すべきw

      2018/07/29 by motti

      「ゲゲゲの鬼太郎」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      漫画やテレビアニメでお馴染みの幻想世界を実写映画にした「ゲゲゲの鬼太郎」。個性豊かな俳優陣が、姿形もさまざまな妖怪に扮し、お祭りのような趣がある。

      高校生の実花(井上真央)と小学生の健太(内田流果)の姉弟が暮らす団地に、妖怪が姿を現わすようになり、住民を怖がらせていた。テーマパークを建設するため、業者が稲荷神社のあった山を取り崩したことと関係があるらしい。

      そんな中、のんびり暮らしていた鬼太郎(ウエンツ瑛士)のもとに、助けを求める健太の手紙が届く。

      一方、妖怪の世界でも異変が起きていた。不思議な力を持つ「妖怪石」がなくなったのだ。石は、意地汚いねずみ男(大泉洋)の手にわたり、質屋へ入れられる。

      たまたま店に居合わせた健太の父が、石の持つ力に操られ、それを盗んでしまう。そして、父から石を託された健太のもとに、妖怪の手が伸びてくるのだった------。

      人間の親子の絆や、開発といった問題を織り込んだ物語には、現代を投影させようという作り手たちの意欲が感じられる。

      大泉洋のねずみ男は、はまりすぎなほど。ウエンツ瑛士の今風の鬼太郎に、小悪魔的な田中麗奈の猫娘。砂かけ婆の室井滋、子なき爺の間寛平-----。従来のイメージと見比べるのも楽しい。

      妖怪同士の争いがクライマックスになるのだが、CGや特殊メイクで造形した妖怪の世界は、不気味というより、いろんなキャラクターが登場した「スター・ウォーズ」シリーズを思い出させる賑やかさだ。夜より昼間の場面が多いことも、そんな印象を強めているのかも知れない。

      原作者の水木しげるのコアなファンより、もっと幅拾いファミリー層を狙った映画だと言えるだろう。
      >> 続きを読む

      2017/08/08 by dreamer

      「ゲゲゲの鬼太郎」のレビュー

    • 1.0

      大泉洋が見たくて見たのだけれども、本当にキャラ映画。
      妖怪の再現度はいいのだけれどストーリーがつまらない。それに尽きる。
      意外なところに安田顕がまぎれてるのにも注目(初見では絶対に気付かない)

      2016/05/06 by kuro

      「ゲゲゲの鬼太郎」のレビュー

    もっとみる

    ゲゲゲの鬼太郎
    ゲゲゲノキタロウ

    映画 「ゲゲゲの鬼太郎」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画