こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ダニー・ザ・ドッグ

Danny the Dog
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2005/06/25
製作国: アメリカ , フランス
配給: アスミック・エース

    ダニー・ザ・ドッグ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 3.0

      午後ロー録画で鑑賞。

      ジェット・リーのアクションが泥臭い喧嘩アクションだったが、なかなか良かった。
      闘犬の時期と自我が目覚めた時期と守るものができた時期で、戦っている時の表情が違うんだよね。
      ドラマ部分については、ちょっとゆるい感じもするが、確かにハッピーエンドじゃないと救いがないだろうなぁ。

      2017/06/09 by kurizunb

      「ダニー・ザ・ドッグ」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ

      午後ローで。捨てられた犬のような表情のジェット・リー、似合いすぎでしょ。

      アクション期待して見たからドラマ部分はまあ……(悪くはないけど)
      ラストのモーガン・フリーマンが最高でしたね、父は強い的な。

      2017/05/25 by はじめ

      「ダニー・ザ・ドッグ」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      思った以上に面白かった。ハッピーエンドでよい

      2015/10/17 by kaiteru

      「ダニー・ザ・ドッグ」のレビュー

    • 3.0

      リュック・ベッソンが脚本と聞いて嫌な予感はしていたが、やっぱりな出来でこちらの予想を外さない事に嬉しくなる(笑)

      ジェット・リーが共演など一生有り得ないモーガン・フリーマンが登場。
      このモーガンが盲目でほとんど「Ray」のような容貌。
      目が見えない事に特に意味がないことがすごい(笑)

      ジェット・リーにしても犬的演技。首輪まで付けられて、ハリウッドに渡ってもはや行くとこまで行ってしまったのか。
      首輪に関してもその設定すらあっさり捨てるいい加減さ。
      モーガンと話しただけでいきなり態度が軟化するリー。
      脚本の雑さは酷いものだ。

      ただリーのアクションに関しては、海外作品という事で中々な出来。
      特にトイレの中での白服のハゲとのアクションはよく考えたものだ。
      狭いながらも細かなやり取りが迫力を作り出している。

      犬なので原始的にパンチばかり繰り返すなど、アクションにだけ設定が生き残るってのは普通はおかしいんですけどね(笑)

      最後には意外なリーの表情も垣間見えるが、単純にアクションを楽しんだほうが面白い。
      >> 続きを読む

      2015/05/10 by オーウェン

      「ダニー・ザ・ドッグ」のレビュー

    • 4.0 切ない

      どこかレオンを思わせるような映画でした。
      幼いころから、殺人マシンとして育てられ暴力しかしらないドッグはある事件をキッカケに死んだことになる。そんな死にかけのドッグをたすけたのが盲目のピアノ調律師のサム、ここからサムと彼の娘とドッグの共同生活が始まる。

      普通の暮らしになれないドッグだったが、段々と慣れていき心を開いていく。そんな中、ドッグを殺人マシンとして育てた張本人にドッグが生きている事がバレてしまう。。。

      普通の暮らしに不器用なドッグが段々とサム達を家族と思うようになり、彼らのために戦う決意をするなど。アクション映画だが心が少しあったかくなる映画です。 >> 続きを読む

      2013/09/05 by kleenex

      「ダニー・ザ・ドッグ」のレビュー

    ダニー・ザ・ドッグ
    ダニーザドッグ

    映画 「ダニー・ザ・ドッグ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画