こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

テキサス・チェーンソー ビギニング

The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ホラー , SF
公開: 2006/11/11
製作国: アメリカ
配給: 角川ヘラルド・ピクチャーズ

    テキサス・チェーンソー ビギニング の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 ハラハラ

      レザーフェイスは1939年生まれか。
      ホイト保安官の誕生はこうだったのか。
      ...など"ビギニング"な部分は冒頭だけでその後はお決まりパターン!

      トビー・フーパー監督の「悪魔のいけにえ」をヒットメイカー、マイケル・ベイの製作で新装リメイクした「テキサス・チェーンソー」(面白かった!)の続編。
      前作より過去にさかのぼり、恐るべき殺人鬼レザーフェイス誕生の秘密を明らかにする。
      監督は「黒の怨」(コレつまんなかった!)の新鋭ジョナサン・リーベスマン。

      「悪魔のいけにえ」はマスターフィルムがその芸術的な描写ゆえにニューヨーク近代美術館に永久保存されている云わずと知れたカリスマムービーなのである(国家で認められた公式な場所に展示されている殺人を描写した映像作品はジョージ・A・ロメロ監督の「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」と、2本のみ)。
      恐れ多くもそのレザーフェイスの誕生秘話。・・とはいっても「悪魔のいけにえ」の"ビギニング"でなくあくまで「テキサス・チェーンソー」の"ビギニング"
      スプラッタホラーのお決まりのパターンにしても楽しめましたが、「プールで地獄の黙示録ごっこ」や「イージー★ライダー」「ボニー&クライド」など多少映画ファンへの媚売りも感じました。


      (~allcinema)
      ベトナム戦争が激化する1969年。
      18歳のディーンとその兄エリックは、ベトナムへと旅立つ前の最後の週末に、それぞれのガールフレンド、ベイリーとクリッシーを伴いテキサス縦断の旅へと繰り出した。
      しかし途中で、暴力的なバイカーのカップル、ホールデンとアレックスに出くわし、追ってくる彼らから逃げようとして、4人の乗った車は事故に遭ってしまう。
      車外に投げ出されたクリッシーが茂みに隠れ様子をうかがっていると、車内に取り残された3人がアレックスに脅されているところに、保安官のホイトがやって来る。
      そして、いきなりアレックスを射殺し、エリックたち3人をパトカーの後部座席に押し込むと、そのまま連れ去ってしまうのだった…。
      >> 続きを読む

      2018/08/17 by motti

      「テキサス・チェーンソー ビギニング」のレビュー

    • 2.0

      前日譚と言っているが、結局は1作目とやってることはほとんど変わらない。
      何の理由もなく若者が、一家に惨殺されるだけだ。

      あの一家がなぜ今のようになったかを求める物語だが、何のことはない。
      最初から異常なのだから(笑)

      レザーフェイスは原型がほとんど出来上がっているし、保安官はただバッジを付けただけ。
      残りの二人は理由など何もなし。

      やってることが同じなのだから、バリエーションを変える等しないと意味がない。
      それと「saw」みたいな描写が多いのはやはりマイナス要素。
      免疫があるので、ただ気持ち悪いだけで終わってしまった。
      >> 続きを読む

      2017/09/13 by オーウェン

      「テキサス・チェーンソー ビギニング」のレビュー

    • 3.0

      悪魔のいけにえシリーズ第6作目。レザーフェイスやホイト保安官の誕生秘話・ソーヤー一家の殺戮を始めるきっかけ的な話。あとはいつものノリ。残酷描写はけっこうキツい。ビギニングとあることで、どうあがいても主人公側に勝利はないんだろうなって思いで見るのがなんとも。

      2015/10/12 by 二階堂

      「テキサス・チェーンソー ビギニング」のレビュー

    テキサス・チェーンソー ビギニング
    テキサスチェーンソービギニング

    映画 「テキサス・チェーンソー ビギニング」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック