こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

母べえ

ジャンル: ドラマ , 戦争
公開: 2008/01/26
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    母べえ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 切ない 元気が出る

      「婆べえ」

      山田洋次監督が時代劇に区切りをつけたあと、最新作を世に送り出した。
      ただし、昭和時代劇ってことだけどねw
      いや、ある意味、彼の映画はいつでも時代劇かもしれない。
      2000年代を舞台にしてもノスタルジーを醸し出しそうだからだ。

      で、映画ですが、「東京タワー オカンとぼくと」みたいな「ノンフィクションお母さんネタ」みたいなもん。
      でも、吉永小百合は変わらないね。
      変わらず素敵とかでなく、想像範囲内すぎてつまらん!
      たしか北の零年見たときに思い知った感想と同じ!
      最後くらい特殊メイクして老醜をさらしたほうがいいのにと思うんだ。
      山田監督の映画で丹波哲郎が老醜を晒す演出をされたエピソードがあって嫌がる丹波氏を押し切ったことがあったんだけど、サユリストには無理だったのだろうか(笑)

      子役の2人と、浅野忠信は良かった!
      浅野の変人ぶりは浮いててちょうどよかったと思う。
      まぁ、そのほかの部分、ハートウォーーミングな小ネタの笑いなど山田組の映画としての楽しみ方はできましたが...。


      (~allcinema)
      黒澤明作品のスクリプターとして知られる野上照代の自伝的小説『父へのレクイエム』(改題『母べえ』)を、山田洋次監督が吉永小百合を主演に迎えて映画化した感動の反戦ヒューマン・ドラマ。
      ある日突然夫が治安維持法で投獄されてしまうという苦境の中で、夫を信じ続け、つつましくも気高き信念を失わず、残された2人の娘を守るため懸命に生きた一人の女性の姿を描く。

      昭和15年の東京。野上佳代は、愛する夫・滋と2人の娘、長女の初子と次女の照美と共に、つましいながらも幸せな毎日を送っていた。
      互いに“父(とう)べえ”“母(かあ)べえ”“初べえ”“照べえ”と呼び合い、笑いの絶えない野上家だったが、ある日、突然の悲劇が一家を襲う。
      文学者である滋が、反戦を唱えたことを理由に特高刑事に逮捕されてしまったのだ。穏やかだった生活は一変し、不安と悲しみを募らせる母と娘たち。
      そんな中、滋のかつての教え子・山崎や滋の妹・久子、放埒で型破りな叔父・仙吉らが一家のもとに駆けつけ、佳代と娘たちを優しく親身に支えていく。
      >> 続きを読む

      2018/09/06 by motti

      「母べえ」のレビュー

    • 4.0

      丁寧な描写。心に残る映画だった。浅野くんは本当にいい役者になった

      2015/11/01 by kaiteru

      「母べえ」のレビュー

    • 3.0 泣ける

      昭和15年東京の野上家の話。
      家族は仲良し皆「べぇ」で呼び合っていた
      「母べぇ」(吉永小百合)「父べぇ」と。
      そんな中、ドイツ文学者の父べぇが治安維持法で引っ張られ
      母だけの野上家を心配した父の教え子の山ちゃん(浅野さん)や父の妹のチャコちゃん(檀れい)が出入りし、皆で父べぇの帰りを待つが・・・


      反戦映画かな?

      これを観た一番の感想は悲しい・・
      嫌な時代だなと・・。

      温かなヒューマンドラマ、ほっこり終わりたい人は観てはいけません。
      結構、皆悲惨な死に方します。

      時代的に太平洋戦争と考えればそうなのかもしれませんが・・・。
      ちょっと重かったです。
      >> 続きを読む

      2014/04/20 by ♪玉音♪

      「母べえ」のレビュー

    • 近隣諸国で摩擦が高まって来る今だからこそ、観ておくべき作品かも知れないですね。

      2014/04/20 by ice

    • >iceさん

      そうですよね、私九州人なんでもしも戦争になったら
      一番に危ないよなとか思うんですよ~>< >> 続きを読む

      2014/04/21 by ♪玉音♪

    母べえ
    カアベエ

    映画 「母べえ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画