こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

LOVERS

十面埋伏 House of Flying Daggers
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス , アクション
公開: 2004/08/28
製作国: 中国 , 香港
配給: ワーナー

    LOVERS の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 4.0 ハラハラ クール

      原題は十面埋伏。カコイイ!
      チャン・ツィイー! 彼女の美しさを十分堪能しましょう。それに尽きる映画。
      アクション・シーンも素晴らしいけど、それも彼女の美貌と美しい肢体があってのこと。格闘技系の女優としては、ピカ一です。

      金城武。顔が整いすぎ。ほとんどアニメに近いぐらい。
      彼の映画は初めて観たけれど、この先大変じゃないのかなあ。だって演技いらないじゃない、この顔があれば。性格を演じ分けるなんてできるのかなあ。

      ところでチャン・ツィイー。
      色が白いので、肩だけみせてもとてもセクシー。いいなあ。カワイイなあ。
      斜め横からは見たとき、顔が薄くて(彫り深くない)キレイに見えない角度があるけど、東洋人だからね、しょうがない。

      チャン・イーモウ監督の前作「HERO」では、アクションシーンがもはや幻想の域に達して、空ばっかり飛んでいたので、ちょっとついていけなかったけど(武術家というより仙人同士の戦いだったですね)、今回はそこは抑えて、わりとリアル・ベースの戦いになっていたので良かった。
      ただ映画としてはグリ-ン・ディスティニーの方が上。そっちの方が波瀾万丈でもっと面白いので、見てない人はビデオでどうぞ。若々しいチャン・ツィイ-が見れます。

      この監督は映像の美しさのためなら、少々話が破綻したってかまわないと思っている節があるんだけど(たとえば雪の中での対決シーンとか)、まあここまでやられたら、下手なツッコミはナシですね。

      でチャン・ツィイーだけど、公式にはこんなふうに紹介してある。
      「陶磁器のように白い肌の楚々としたたたずまいの中に、激しい気性と清廉な色香を秘めたヒロインを演じるチャン・ツィイー」
      まったくその通り。

      彼女が最初に踊る曲は、どこかで聞いたことがあるようなないようなと思ってたら、有名な歌でした。
      調べたら、漢の楽人である李延年が、漢の武帝に妹を推薦するために歌った歌で、傾国傾城(絶世の美人)という言葉の元となったものです。

      北方有佳人
      絶世而獨立
      一顧傾人城
      再顧傾人國
      寧不知傾城與傾國
      佳人難再得

      北方に佳人有り
      絶世にして独り立つ。
      一顧すれば人の城を傾け、
      再顧すれば人の国を傾く。
      寧んぞ傾城と傾国とを知らざらんや、
      佳人再びは得難し。

      北の国にたぐいまれな美女がいる。ひとたび流し目をくれれば男は城を投げ出し、ふたたびすれば国をも投げ出す。城を傾け国を傾けることの恐ろしさを知らぬわけではないが、このような美人はまたと得難い。
      (岩波文庫 中国名詩選 上 松枝茂夫編)

      たしかに遊郭で歌い踊る場面でのチャン・ツィイーは、この歌にふさわしいですねえ。
      >> 続きを読む

      2018/12/17 by Raven

      「LOVERS」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      中国の唐の時代の末期、腐敗した政治に対して、各地で反政府勢力が活動を活発化させていた。都の長安の近くで勢力を伸ばす「飛刀門」は、政府にとっても目障りな存在だった。

      その前頭目の娘と思われる盲目の踊り子をさらって逃げた官吏は、飛刀門の懐深くに入り込む計略を巡らせていたが、旅を続けるうちに踊り子に心を奪われてしまう-----。

      飛刀門の直訳である、英語題名の「House of Flying Daggers」のB級テイストも捨て難くはあるが、これを「LOVERS」としたのは、この作品の本質を捉えた、実に良い邦題だと思う。

      この作品は、自らの役目や責任を全て投げ捨てて、激情に身を任せた女一人、男二人の三角関係の映画だ。大国家建設の大義の前に、私怨を捨てるというチャン・イーモウ監督の前作「英雄HERO」と比べてみると、まさに真逆のベクトル、私情に突き動かされる人々の物語なのだ。

      そのため、登場人物のエモーションの延長線上に組み立てられたアクションは、「英雄HERO」の様式美を継承しながらも、激しく、熱く、そして美しい。アクション映画はこうでなくちゃいけません。

      この作品に比べたら、「英雄HERO」は静止画の紙芝居のようなもので、感情移入のレベルが全く異なってくるというものだ。

      逃げる男女、数において圧倒する追撃してくる朝廷軍。二転、三転するうちに、辻褄が合わなくなり、何だかグダグダになってしまったストーリーはご愛嬌としても、手を変え品を変え、場所を変えて展開されるバトル・シークエンスには、素直に心が躍ります。特に、竹林でのバトルなど、まるで忍者合戦のようだ。

      そして、そのエモーションに突き動かされる男女の三角関係のドラマを、それに負けない極彩色で彩って見せたところが、この作品の一番の見どころだと思う。

      このチャン・イーモウ監督の色彩感覚には、脱帽させられる思いで、様式美の中に色彩を閉じ込めてしまった「英雄HERO」と、意図的に反対のことをやろうとしているのか、奔放に色彩を散らすように意識的に演出されていると思う。

      殊に、この作品の予告編でさんざん見せられた遊郭のシーンは凄い。セットも衣裳も煌びやかで、使われている色の数が物凄く多いのだが、それがバラバラになることもなく、画面を彩るスターを中心にして、不思議なほどの調和を見せており、まさに圧巻といえる光景になっていると思う。

      このセット、衣裳、照明、撮影が一体となっての大仕事には感嘆せざるをえない。

      ただ、この映画で惜しむべきところは、クライマックスにある。いよいよ朝廷軍と飛刀門の全面対決へと雪崩れ込むか?----- というところで、映画の焦点を「女を取り合う二人の男の対決」のみに絞り込んでしまったのは、いかにも尻すぼみの感がするのだ。

      もちろん、三角関係のドラマである以上、この三人が入り乱れてのクライマックスとなるのは必然ではあるのだが、大型のアクション映画を期待した私にしてみれば、やはり最後はスケールの大きなバトルシーンで盛り上げて欲しかったと思うのだ。

      それに、この作品のテーマから考えても、大義を賭けて激突する朝廷軍と飛刀門をカットバックで描いた方が、そうした大義に敢えて背を向けて、私情に走る男女の姿、生き方というものが、より深く印象づけられたのではないかと思うのだ。
      >> 続きを読む

      2017/05/14 by dreamer

      「LOVERS」のレビュー

    • 3.0

      序盤から中盤にかけては非常に良かったのだが、終盤になるにつれトーンダウンすることになる。

      チャン・ツイィーの惚れ惚れする舞踊。
      そして竹林での闘いなど非常に秀逸なだけに勿体無い。

      飛刀に関してはCGという事もあり評価は微妙。
      やはり肉体を使った戦いでないと、興奮しない。

      金城武もアンディ・ラウも、チャン・ツイィーの引き立て役になってしまった感じ。
      要は三角関係のもつれといってしまえばそれまでだが。
      そしてアンディ・ラウはまたしても無間道へ(笑)
      >> 続きを読む

      2016/12/07 by オーウェン

      「LOVERS」のレビュー

    • キャストに魅かれて劇場で観ました。

      色づかいが記憶に残っています。

      2016/12/08 by ice

    • 4.0 切ない

      本当に美しい映像でした。
      竹林も紅葉も雪景も妓楼も色彩が鮮やかで
      大きなスクリーンで見たかったな~!
      衣装も素敵だな~と思っていたらワダエミさん。

      金城武がとても魅力的で、チャンツイィーになりきって(笑)
      ストーリーを予想せずに無心に見たので、
      何度も騙されて面白かったです。
      これで死ぬなら本望ですって感じの満足な結末でした。

      金城武、レッドクリフ以来見てないような・・・
      >> 続きを読む

      2016/05/16 by SHIRA-HAHA

      「LOVERS」のレビュー

    • 金城武のファンなので劇場で観ました。

      内容は覚えていませんが、色遣いが印象に残っています。 >> 続きを読む

      2016/05/16 by ice

    • 4.0

      鑑賞直後の感想⇒風景がめっちゃ綺麗!!
      壮大な自然の絵がとても美しく思いました。
      私が個人的に美しいと思ったのは竹林の中での場面。
      自分の住んでいる場所には竹林という物が無いので、尚更美しく感じたのかもしれません。
      あと雪!吹雪を表現したのはすごく伝わってきたけれども、俳優さんの顔が見えないくらい大吹雪を演出しているので、そこだけは少し雪を減らしても…とは思いました。
      それでも映像美は究極だと思います。
      序盤の踊りのシーンから、もう本当綺麗!
      レビュー見ていても多くの方が「美しい」と絶賛していますが、本当に美しいと思う。
      内容自体も切なくて、場面の美しさとリンクして哀愁を誘う。
      主演の金城武、チャン・ツィイー。
      衣装も華麗で、チャン・ツィイーの踊りはすごく魅力的。
      映像美だけでも見る価値あるんじゃないかなと思います。
      映像の魅力で、ずっと見ていた…ような気もします。
      >> 続きを読む

      2016/03/05 by elfintown

      「LOVERS」のレビュー

    もっとみる

    LOVERS
    ラバーズ

    映画 「LOVERS」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画