こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

リトル・ミス・サンシャイン

Little Miss Sunshine
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 2006/12/23
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス

    リトル・ミス・サンシャイン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 4.0

      銀幕短評 (#109)

      「リトル・ミス・サンシャイン」
      2006年、アメリカ。 1時間40分。

      総合評価 71点。

      ある用事ができて、住んでいるニューメキシコ州 アルバカーキからカリフォルニア州 ロサンゼルスまでの 1,300㎞を、オンボロ車で旅に出る家族をえがく。長距離ドライブをするうちに、家族の関係は だんだん変容していく。

      この映画も アメリカにしか作れないパターンだ。家族のみなが 大なり小なり 問題をかかえている。それらを どう解決するのかしないのか。個人主義と家族愛。自主自立とチャレンジ精神。自由と自己責任。
      また本作も、子役の魅力に負うところが大きい。

      以下、道路のように長い附録

      アメリカは、建国以来 互いに移民同士で作った合理的なシステムを 社会のそこかしこに組み込んで暮らしている(先住民族もいるのだけれど)。たとえば 諸法律、組織統治、会計基準など。

      本作では 家族は 州間高速道路40号(Interstate 40)をロサンゼルスに向かって西へたどる。米国では広大な国土に東西南北向きに大きな州間道路を敷いた。東西向きでは、南から順に10、20、30号と並べて 90(94、96も)号までの偶数道路を、南北向きでは、西から順に5、15、25号と並べて、85、95号までの奇数道路を備える。なので、高速道路番号だけで 場所が全米のどのあたりかが だいたい分かるようになっている。

      これら2桁数字の 一級高速道路に接続する形で、3桁数字が与えられる 二級高速道路が枝分かれで張り巡らされている。わたしが住んだのは、696号と275号の交点あたりだ。下二桁(96と75)が 一級道路数字であり、あたまの百の位の奇数偶数が一級道路との位置関係を示す。日本の順不同?に振った国道番号とはずいぶん違う。

      あと、道路設計、高速道路の出口名のつけ方や 路面の車線の引き方など、合理的な諸点を述べようとするが、だんだんお腹がすいて 書くのがつかれてきたので別稿としよう、たぶん。

      そんなによく考えられているにもかかわらず、4年間の滞米中に わたしは2回も自動車事故を起こし、1回は全廃車にしたし 裁判所にも召還された。運転が とーてもヘタなのだ。2回とも社有車だからよかったものの。
      >> 続きを読む

      2018/06/13 by あさが

      「リトル・ミス・サンシャイン」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える ハラハラ 元気が出る

      とっても元気がでる映画です!

      世界がこの6人で完成してしまっているかのような
      個性豊かな主人公たちのキャラクター設定がとっても面白い

      明るくて鮮やかな景色とは裏腹に、なんだかちょっとどんよりした人たち
      みんなでモーテルに泊まっちゃうところなんかも大好きです、、!

      私もワーゲンバスほしいなあ、、、。
      >> 続きを読む

      2016/07/08 by えりこ

      「リトル・ミス・サンシャイン」のレビュー

    • この映画のように広大なアメリカをワーゲンで旅したいですよねーー

      人生の夢の一つでもあります。
      >> 続きを読む

      2016/07/08 by つまようじ

    • 5.0 笑える 元気が出る

      久々にロードムービーの傑作を見た。

      バラバラだった家族が娘のミスコン出場を機にまとまっていく。
      一筋縄ではいかない脚本が見事な出来だし、最後には家族全員がそれぞれ愛おしくなる程魅力的に映し出される。

      ミスコンでの家族の団結も最高だが、何よりも黄色いワゴンを皆で協力して押し乗り込むシーンが一番印象に残る♪
      オリーブの踊りが下品だって?いやいや爺ちゃんとの練習がしっかり活かされていますよ(笑)

      キャストは全員文句なしだが、スティーブ・カレルなど抑え目でかなりよい。
      勝ち組と負け組み。そんなことはこの家族には関係なし。
      >> 続きを読む

      2016/07/08 by オーウェン

      「リトル・ミス・サンシャイン」のレビュー

    • ワゴンに乗るシーン印象的ですよね!!

      2016/07/08 by えりこ

    • 4.0

      負け犬一家がポンコツ車を推し駆けしながら結束していく話。ご都合展開もあれど、最後のダンスシーンで全て許せる。じいちゃんの負け犬論とフランクの高校生活についての話がよかった。この作品はキャラクターの勝利だなぁ。全員濃すぎ!

      2016/06/24 by 木綿一丁

      「リトル・ミス・サンシャイン」のレビュー

    • 5.0 笑える 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      フーヴァー一家の7歳の娘オリーヴがミスコン(リトル・ミス・サンシャイン)に出場することになり、家族でミスコン会場までおんぼろバスで行くことになった。
      その、珍道中を描いたロードムービー。

      ツタヤでコメデイとは知らずに借りて見たんだけど終始、腹抱えて笑いました。
      なんでツタヤこれをヒューマンに分類してるんだろ??

      久しぶりに素直に笑える上質(シモネタもあるが)なコメデイ映画でした。
      >> 続きを読む

      2016/05/05 by ugoku-P

      「リトル・ミス・サンシャイン」のレビュー

    • > 久しぶりに素直に笑える上質(シモネタもあるが)なコメデイ映画でした。

      たまにホッとできそうで良いですね♪ >> 続きを読む

      2016/05/05 by ice

    • > なんでツタヤこれをヒューマンに分類
      一応、家族愛的な要素もあるからですかねー? >> 続きを読む

      2016/05/05 by KSM

    もっとみる

    リトル・ミス・サンシャイン
    リトルミスサンシャイン

    映画 「リトル・ミス・サンシャイン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画