こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

コンテイジョン

CONTAGION
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2011/11/12
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    コンテイジョン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 3.0

      感染力・致死率共に強力なウイルスが全世界規模で拡散.治療薬の開発は困難を極め,犠牲者は数千万にも及んだ.ウイルス根絶過程をリアリティに捉えた作品. 
      で・・・・・・だからどうした感が物凄かった. 
      パンデミックを止められない絶望感・病に対する恐怖心・生への執着心といった感情が画面からは伝わってこず,ただのシミュレーションでしかない.そーゆードライな作品と言われればそれで試合終了だけど,な.
      脚本にも失笑感が.「誰にも言うな」と人には秘密を強要しておいて自分は漏洩させるCDC責任者(罹患者)はワクチンを自己未投与で他人に譲渡.ねぇ,沈静化する気あるの??
      要約すると,唯一の見どころがパルトロウの頭が剥かれるシーンと悲しすぎる作品でした. 
      >> 続きを読む

      2017/03/20 by 叡福寺清子

      「コンテイジョン」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      細菌サスペンスはほんとに久しぶりの題材だ。
      覚えているのは「カサンドラ・クロス」とか、「アウトブレイク」だ。
      果たして21世紀の今にいかなる構成を用いるのか。

      香港からアメリカと始まりあっという間に世界中がウィルスに侵される。
      この冒頭からの一連の流れの紹介は流石ソダーバーグと唸ってしまう。まったく無理のない登場人物たちのカットが矢継ぎ早に頭に入る。

      だがそこから若干の失速に入る。
      もちろん解決のためにウィルスの発生源とワクチンの精製が描かれる。
      ドキュメンタリータッチなのが現実味を喚起させ、ソダーバーグだからこその主演を張れる俳優が続々と現れては消える。

      個人的には今の時代に合わせたジュード・ロウのキャラは興味深い。
      このような人間は確実に存在するからだ。

      DAY2から始まる構成は見事。感染源はいつも些細なことだ。
      >> 続きを読む

      2016/12/20 by オーウェン

      「コンテイジョン」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      そうか、それでDay2から始まったのか。未知の伝染病に脅え、右往左往する様がスリリングに描かれていて良かった。
      大切な人を助けるために情報を漏洩する気持ちもよく分かる。また、自分だけならまだしも、家族にも死の危機が迫った場合、冷静な振る舞いが出来るかは、何とも言えない気がする。
      マット・デイモン、ジュード・ロウ等、豪華出演陣なんだけど、それぞれで絡みがないのが残念なところ。そして本作のグウィネス・パルトロウはあまり魅力的では無かった。浮気相手は画面上、登場していないよな。

      2016/11/28 by 321

      「コンテイジョン」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      「コンテイジョン」世界各国に広がる新種のウイルス。パンデミックの恐怖を描くパニックムービー。

      レビューの続きはこちらへ↓

      http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2016-01-19

      2016/02/15 by youmisa

      「コンテイジョン」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ

      恐怖は、ウイルスより早く感染する

      期待度★★★★☆

      ウイルスの怖さよりパニック状態になった人間の怖さに焦点を当てていると感じた
      未知ウイルスが現れその治療法が分からず人々が暴動やらを起こす〜といった内容

      内容が薄くて盛り上がるシーンもなかった
      >> 続きを読む

      2015/06/23 by もろやま

      「コンテイジョン」のレビュー

    もっとみる

    コンテイジョン
    コンテイジョン

    映画 「コンテイジョン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画