こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

明日の記憶

MEmories of Tomorrow
ジャンル: ドラマ
公開: 2006/05/13
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    明日の記憶 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 5.0 泣ける 切ない

      約1年ぶりだろうか。久しぶりに日本の映画を日本語で観た。
      この1年、海外に生活していることもありずっと洋画を英語でしか観ていなかっただけに、日本語で観た場合の映画への惹きこまれ方がやばかった。
      特にこの映画は内容が内容なだけに、逆に観ているのがつらくなってしまうほど映画に心を動かされた。
      もし自分がこうなってしまったらどうしよう。そんなことを考えてしまうと怖くて怖くて仕方がなくなってしまう。
      でもだからこそ、今こうして良いことばかりじゃない人生でもしっかりと生きていけてることに感謝できる、そういうことを思い返させてくれる映画でした。 >> 続きを読む

      2016/02/12 by Koby

      「明日の記憶」のレビュー

    • 5.0

      渡辺謙さんはやっぱり良い役者だなと再認識した作品。働き盛りにアルツハイマー病を発症してしまった男の物語。自分が次第に壊れていくと分かっていながら、これと言って打つ手のない悔しさと怖さ。思うようにものを思い出せない、思考できないもどかしさ。痛いほど伝わって来ます。周囲を固める役者陣も好演だし、良いキャスティングだったと思います。最後はある意味美しくまとめてありますが、同時にもの悲しさを感じる場面でもあります。

      2015/08/06 by ぴぐじい

      「明日の記憶」のレビュー

    • 4.0

      若年性アルツハイマー病。
      いわゆるぼけの類だが、現代医学では治療不可。
      進行するだけで止めることが出来ない。
      そしていずれはすべての記憶がなくなる。想像するだけで恐ろしい。

      渡辺謙と樋口可南子の夫婦。
      出会いからの記憶をたどっていく過程に、謙さんがそのまま入り込んでいく。
      そして陶芸が完成したときに、二人は初めて出会う。
      これをアルツハイマーと掛けた所は秀逸で心を詰まらされる。

      そして大滝秀治のセリフ。「生きなきゃだめだ。生きてりゃいいことがある」
      人生の酸いも甘いも知り尽くした重いセリフだ。
      このパートが最後にあることで、わずかな希望の光が生まれた。
      >> 続きを読む

      2015/03/31 by オーウェン

      「明日の記憶」のレビュー

    • >進行するだけで止めることが出来ない。
      これはこわいですよね、、
      周りも辛いと思います。 >> 続きを読む

      2015/03/31 by coji

    • 結構、恋人が記憶を~みたいな映画やドラマありますけど
      長く連れ添った夫婦だから伝わる重みみたいなのが
      ありますよね。
      なので個人的には「私の頭の中の消しゴム」よりも
      こっちの方が心にきました^^
      >> 続きを読む

      2015/03/31 by ♪玉音♪

    • 5.0 泣ける

      ツタヤの100選だったので鑑賞。何気なく見始めたが、渡辺謙を始め演技派達の俳優陣のテンポ良いストーリーにグイグイ引き込まれる。
      中年の私にとっては親の視点と子の視点の両方から、心を揺さぶられれて何度も涙腺が緩んだ。
      夫婦の絆の強さを感じた。

      2014/08/21 by takenuma

      「明日の記憶」のレビュー

    明日の記憶
    アシタノキオク

    映画 「明日の記憶」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画