こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

エンジェル ウォーズ

SUCKER PUNCH
ジャンル: SF , アクション
公開: 2011/04/15
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    エンジェル ウォーズ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 4.0

      現実と向き合うため、妄想が戦いを彩る。セーラー服に日本刀、うさちゃんが書かれたロボットなど現実の辛さをドラマチックに変換。そこで広がるファンタジーな世界がとても面白く、愛嬌があった。
      自由を手にするため5つのアイテムのゲットを目指す感じとか、まるでゲームのようだ。
      妄想変換は現実に立ち向かう勇気を与えてくれる。戦う彼女たちを見て自分も勇気をもらえたような気持ちになった。

      2017/03/17 by きりゅう

      「エンジェル ウォーズ」のレビュー

    • 3.0

      金髪美少女がサムライマシーンと戦う映画も撮りたいし,ゾンビ兵士と戦う映画も面白そうだし,ドラゴンスレイヤーぶんぶん振り回す映画も好きなんだよなー.
      あ,そうだ!全部まとめて一本にしちゃえ!!って言ったかどうかわかりませんが本作はそんな作品.
      「撮りたい映画を撮る」ことが目的化した結果,現実パートと妄想パートの乖離は軽くスルーされちゃって,私のようにそこに白けちゃうと結構キツい作品だと思うの.
      あと自分の妄想を赤の他人に見せる事が恥ずかしくないのはすごいぞ!ザック!!

      2017/02/20 by 叡福寺清子

      「エンジェル ウォーズ」のレビュー

    • 3.0

      精神病院送りになった美女5人が空想世界を武器にして脱出を図る。

      設定はややこしそうだが、現実世界の苦境を戦いという場に変えて表現しているだけ。
      やはりザック・スナイダーの演出が戦闘シーンになると途端に変わる。

      セーラー服姿も目を引くが、そこから刀やマシンガンを使いこなし群がるロボットを退治していく。
      空想なだけに相手が人間である必要がないので、とことんCGを使いまくって漫画的なアクションに徹している。

      三体の武者を相手にするところなんか、鬼武者そのものだ(笑)
      >> 続きを読む

      2016/11/24 by オーウェン

      「エンジェル ウォーズ」のレビュー

    • 評価なし

      1回目の鑑賞。鑑賞日不明
      2011年劇場鑑賞。NO.8

      2回目の鑑賞。2015.7.19
      最初見たときは冒頭30分寝オチしてしまった作品。改めて今回鑑賞しても全く話というかどんなコンセプトで作品が作られたのか全く理解ができなかった。他の方の感想で「日本の萌えアニメを外国でやるとこんな感じ」という意見があったが、まさしくそれに近い。話よりもその観点から見れば少しは楽しめると思うけど、話重視の方には全くお勧めできない。後関係ないが、日本語吹き替え音声は声優人気ユニットの「スフィア」が吹き替えているという触れ込み。これも全く理解できない。全体的には???という作品。 >> 続きを読む

      2016/04/09 by おにけん

      「エンジェル ウォーズ」のレビュー

    • 4.0

      見終わった直後のインパクトは相当なもので、星五つでも足らないくらいでした。しかし、この作品の評価、迷います。ラストに観客に向けたらしいメッセージがあるのですが、正直、その意味がよく分からなかったです。もしかしたら何か深遠な意味があるのかも知れないし、あるいは単に洒落の域を出ないのかも。そんなわけで、私に本作をちゃんと理解できているか、あまり自信がありません。したがって、当然、本作に妥当な評価を下す自信もない。なので、枝葉末節的な事柄が多くなるとは思いますが、どうかご容赦ください。

      事前に日本の某アニメへのオマージュがあるらしいと聞いていました。また、アニメほかの日本のポップカルチャーから頂戴した要素がてんこ盛りであると言う噂も。

      なるほど、この監督さん、『BLOOD THE LAST VAMPIRE』のファンであると言うのは、どうも本当みたい。それから、聞くところによれば、シューティングその他のゲームの世界観や要素が強いそうです(私はゲームには全く無知なので…)。同じアニメ好きでも、格闘や戦闘の描かれた作品がお好きみたい。「スフィア」の皆さんが吹替えされているのですが、おそらくは彼女らが最も得意とするジャンルや傾向とは少し違うかも知れません。

      それから、この作品を見ていて、テリー・ギリアム監督の『未来世紀ブラジル』を思い出してしまう部分が少々。ただ、あれよりも本作はもっと前向きな印象を受けますけどね。

      あと、監督の過去作『300』や『ウォッチメン』とは少し傾向が異なるような気もします。もっとも、私が理解していないだけで、根底に流れるテーマや思想に、過去作と共通する部分が大いにあったりするのかも知れませんが。

      最後に、もしかして、エロかっこかわいいコスチュームに身を包んだ女の子たちが、敵を打倒しまくるだけの単純で軽いノリの痛快な作品を期待されているとしたら、考え直された方が良いかも。本作はかなり深刻で重いお話です。ちょっと複雑で難解です。毒気もあります。主人公たる女性たちにはとても辛いお話です。それに耐えられそうで、監督さんのアニメの趣味や過去作の傾向を分かった上で、それでもまだ興味のある方であれば、見る価値はこのくらいかな?ってことで、四つ星です。
      >> 続きを読む

      2015/06/02 by ぴぐじい

      「エンジェル ウォーズ」のレビュー

    もっとみる

    エンジェル ウォーズ
    エンジェルウォーズ

    映画 「エンジェル ウォーズ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画