こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ラブ&ドラッグ

LOVE & OTHER DRUGS
ジャンル: ラブロマンス , コメディ
公開: 2011/11/19
製作国: アメリカ
配給: エスピーオー

    ラブ&ドラッグ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0

      パーキンソン病の女性と、バイアグラの販売権を手に入れたプレイボーイの男。
      時代が90年代であり、保険制度が存在しないアメリカならではな物語。

      保険がないということは病院に行くと多額の請求を獲られる。
      よって薬で解決できるドラッグ産業が発展するのは当然。

      ジェイク・ギレンホールがプレイボーイという役柄なのが相当に違和感。
      相手役のアン・ハサウェイもところ構わず胸をはだけるサービスぶり。
      後半は病気の部分がクローズアップされるため、かなり落ち込む。

      結局のところラブとドラッグ。どちらも中途半端に終わった感じ。
      >> 続きを読む

      2019/06/16 by オーウェン

      「ラブ&ドラッグ」のレビュー

    • 3.0 クール

      宣伝文句にロマンティック・コメディと書いてあったのでコメディ強めと期待して観たけれど、予想に反してロマンティックが強めだった。でも結構面白かった。愛について考えさせられた。

      2018/11/16 by namakemono

      「ラブ&ドラッグ」のレビュー

    • 3.0 笑える 切ない 元気が出る

      私が今までに観たことのないタイプの映画でした。下品な場面は本当に下品に(良い意味で)、美しいシーンは心が締め付けられるくらい切なく美しく描かれていました。1つの映画の中に、2つの映画が作れるのではないかと思うような要素が詰まっていたように感じます。

      2018/09/19 by tamae

      「ラブ&ドラッグ」のレビュー

    • 3.0 切ない

      大女優のアン・ハサウェイが、こんなに大胆に脱ぐんだ。驚き。やはり、ハリウッドで活躍する役者の覚悟は違うよな。日本ではとても考えられない。
      ただ、彼女が、そこまでアグレッシブに攻める程の内容なのか、というと違う気がする。というのも、作品の構成が中途半端。前半部分を観て、てっきり、ラブコメかと思いきや、後半は打って変わって、結構シリアスな展開に。後半部分がメインとして伝えたかったのであれば、全体的にトーンが軽過ぎる。もっとやり方があると思う。
      題名のラブとドラッグは対等の関係ではない。この題名で最初に受ける印象は、SEXと危険ドラッグにハマっているカップルの話かなといっもの。題名のセンスもいかがと思う。 >> 続きを読む

      2016/10/09 by 123

      「ラブ&ドラッグ」のレビュー

    • 3.0

      これはパッケージ、タイトルできっと誤解されてます
      ドラッグ⁈メディシンじゃないのかな⁈
      タイトルのドラッグで、セクシー系なラブコメかと思ってましたが…
      中身はとても人間味ある物語
      大手製薬会社、ファイザーの営業マンがバイアグラを世界的に普及させた実話ベース
      この映画のヒロイン、マギーは若年性パーキンソンを患っており
      そんな2人が体の関係から始まった恋愛ストーリー
      マギーが体だけの関係でいい、深入りしたくないという気持ちや
      不安定になって浮き沈みする気持ちが凄く伝わってきます
      セクシーなシーンもあり、そこはアンハサウェイの脱ぎっぷりが凄い
      進行する病と2人がどう立ち向かっていくか
      最後は映画らしく希望がもてます
      >> 続きを読む

      2016/09/22 by tomi

      「ラブ&ドラッグ」のレビュー

    もっとみる

    ラブ&ドラッグ
    ラブアンドドラッグ

    映画 「ラブ&ドラッグ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画