こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

駅馬車

Stagecoach
ジャンル: 外国映画 , アクション , 西部劇
公開: 1940/06/29
製作国: アメリカ
配給: ユナイテッド支社

    駅馬車 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 5.0

      ジョン・フォード監督の名作「駅馬車」で、最も有名なのは、あのスタント・シーンだろう。
      映画史上に名高い、スタントの名手ヤキマ・カナットが、駅馬車の馬から馬へと飛び移るあの場面だ。

      言うまでもないが、この場面はワンショットで撮られている。
      なんと無茶なスタントだ!! その命知らずぶりには、今なお愕然とするほかない。

      「駅馬車」が画期的だったのは、アクション・シーンだけではない。
      この映画以前の西部劇は、いわゆるB級映画、つまり添え物扱いされるのが普通だった。

      だがジョン・フォード監督は、西部劇に深みを与えた。
      登場人物に血を通わせ、骨太の語りを貫き、広い空間でカメラに朗々と歌を歌わせた。

      その歌は美しかった。重なる雲の下、モニュメント・ヴァレーの岩石丘の裾野を舐めるように走る、駅馬車のロングショットは、何度観ても胸が震えるほど美しい。

      もうひとつ注目すべきは、馬車に乗り合わせる八人(御者を含めると九人)の人生が、何ひとつ説明されずとも、くっきりと浮き彫りにされることだ。

      酔いどれの医者、気取った賭博師、気のいい娼婦、酒の行商人、純情なアウトロー-----馬車の内部には、西部開拓時代のミクロコスモスが形成されているといってよい。

      この映画でブレイクした、西部劇の王者・ジョン・ウェインが、純情なアウトローのリンゴ・キッドに扮して、気のいい娼婦と心を通わせ、豪快なアクションで、我々映画ファンの目を惹きつけましたね。
      >> 続きを読む

      2020/04/08 by dreamer

      「駅馬車」のレビュー

    • 5.0

       名作映画を挙げるランキングは多々あれど、この映画を抑えていないランキングは、恐らく現代の、広告にお金をかけることができた作品のみを並べたものになるだろう。淀川長治が様々な媒体でこの作品を評価していたり、アメリカ国立フィルム登録簿に登録されたりと、この作品は常に高い評価を受け続けている。
       この作品が評価されるのにはいくつか理由があるだろうが、その最たるものは、完成度の高さであろう。90分と少しというコンパクトさながら、特徴的なキャラクターが繰り広げる人間模様、明朗なストーリー、現代でも通用するようなアクションシーン、美しい自然の映像、当時の社会への風刺といったような、様々な要素が鮮やかに合わさっている。
       戦後に活躍した多くの芸術家たちが皆こぞってこの作品を見たということから、戦後日本の様々な分野の作品はこの映画の影響を受けているだろう。それは、この映画の限られた時間内での最大限の創造性に由来していると思う。このような、コンパクトかつ溢れ出んばかりの内容を有した映画が、現代日本でも出てきてくれることを祈る。
      >> 続きを読む

      2018/01/10 by shinshi

      「駅馬車」のレビュー

    • 4.0

      西部劇、そしてある地点からある地点への旅中、酔いどれの医者、娼婦、お尋ね者、保安官、ギャンブラーら様々なキャラが運命を共にする話のパターンとしても古典であるジョン・ウェイン主演作。

      馬の疾走シーンのスタントは見事。駅馬車の馬に取りついたインディアンが撃たれて転落。馬の蹄にも馬車の車輪にも巻き込まれないという技量。当時では標準的な技だったかもしれないけど。

      そして、駅馬車が着いた後も話が続くとはしらなんだ。

      2015/08/01 by ジェイ

      「駅馬車」のレビュー

    • 古典作品はあまり観ないのですが、地味なイメージがありました。が、見事なスタントシーンがあったりするんですねー。見てみたいかも♪ >> 続きを読む

      2015/08/02 by ただひこ

    • 3.0

      前半の人間模様が少し退屈に感じてしまった。
      でもあの襲撃シーンは本当に本当に凄い!迫力がはんぱない!

      たぶん再度観たりすると退屈だった人間模様が逆に面白くなるかも。

      2015/06/27 by きりゅう

      「駅馬車」のレビュー

    • 4.0

      ジョン・フォードとジョン・ウェインのコンビがいかに相性抜群かは、この作品を観れば一目瞭然。

      十人十色の人間と駅馬車で旅をする過程で描かれる感情と、ジェロニモとの戦い。
      駆け抜ける駅馬車との疾走は今観ればそれほどでも?となりますが、先駆けしたからこそ偉大なアクションになっている。

      スタントマンが戦闘の馬車から落下して車輪に巻き込まれず転がる様は、トップクラスの仕事ぶり。
      スタントマンの人権が大きく向上したというのはよく分かる。

      医者の粋な行為がまた嬉しくなるラスト。
      勧善懲悪な世界観も頷ける面白さ。
      >> 続きを読む

      2015/03/20 by オーウェン

      「駅馬車」のレビュー

    • 昔の映画を今の映画と比べちゃうと物足りなさがあるときもありますが、でもその後の映画に与えた影響とか考えるとリスペクトです♪ >> 続きを読む

      2015/03/20 by milktea

    駅馬車
    エキバシャ

    映画 「駅馬車」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画