こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

プレシディオの男たち

The Presidio
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 1988/08/06
製作国: アメリカ
配給: UIP

    プレシディオの男たち の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0

      感想川柳「そんなことで すぐキレるなよ 大人げない」

      TVでやってたので観てみました。_φ(゚Д゚ )

      サンフランシスコにあるプレシディオ軍事基地で女性隊員殺害事件が起こる。捜査にあたる市警察のオースティン警部はかつての上司だったコールドウェル大佐と再会するが、捜査の過程でふたりは対立を繰り返すことに。事件の裏側に潜む真実が明らかになっていく一方、オースティンはコールドウェルの娘ドナと恋に落ちて…というお話。


      サスペンスとしてなかなか面白い作品でもありますが

      ショーン・コネリーの娘がメグ・ライアンという
      無双な親子の関係性もなかなか興味深かったです( ゚A゚ )

      オースティンは正義感があって「ザ・主人公」ですが
      いちいちキレるので下手したら解決出来なかったかも(^o^;)

      容疑者は主人公が辞める原因になった男で
      被害者もその騒動の一員

      相棒はその仲裁をした元上司で
      軍人だから正しさよりルールを重んじる(・ω・)


      最初のカーチェイスで武器も持ってない相手を
      なんで逃がしちゃうかなぁと突っ込みたいところですが

      捕まえてたら話が終わってしまいますもんね(^_^;)))


      伏線もちゃんとしてるし
      古いながらもちゃんと楽しめる作品です




      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2022/05/17 by Jinyuuto

      「プレシディオの男たち」のレビュー

    • 評価なし

      プレシディオ軍事基地内で発生した殺人事件を、事件の担当刑事が反目し合っているかつての上司である中佐とともに追う。

      2021/09/12 by Silencer

      「プレシディオの男たち」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      ショーン・コネリーの追悼特集としてTV放映されていたのを見ました。

      なんの予備知識もなく見たので、いつの作品なのかも分からないまま見たのですが、メグ・ライアンが登場したあたりで、あ、きっと80年代だな、と分かった。
      メグ・ライアンがとても若いことからももちろん年代は推定できるのだけど、それ以上に、画面に映る街や人の雰囲気にあの時代の空気がすごくにじみ出ていた。

      特に名作!というわけではないが、この年代の映画って、物語の作りがある意味「型どおり」で、妙に安心感があるなぁ、と思った。
      若い人にはもしかしたら予定調和過ぎて物足りないかもしれないけど、今の私はお疲れ気味、エネルギー不足気味なので、典型的すぎるキャラクター同士の関係やのお決まりの流れがすごく心地良かった。

      メグ・ライアンがすごくかわいい!
      こんなにかわいかったっけ~?と思った。黄金期の姿を久しぶりに見たからかな?

      デートに出かけようとする娘のメグ・ライアンを見て、「そんな裸同然の恰好で行くのか!」とショーン・コネリーが声を荒らげるシーンがあって、「エーッ!? どこが裸同然!? 全然フツーの恰好なんだけど」とびっくりした。
      初デートにしてはむしろ地味なくらいだと思った。ごく普通のカットソーにジーンズ(もしかしたらスカートだったかも)で。
      80年代はインターネットで画像などがやりとりできるようになる前の時代だから、露出に関する考え方も控えめだったのかな?
      私の記憶では、むしろ今より露出度高めな時代だった気がするけれど・・・。
      >> 続きを読む

      2020/11/08 by みけ猫

      「プレシディオの男たち」のレビュー

    • 3.0

      プレシディオ軍基地で起こった殺人事件を捜査する刑事と憲兵隊長のアクションサスペンス。
      30年前の映画だけあってメグ・ライアンが若い。そしてショーン・コネリーはこの頃から渋い。
      アクションは80年代らしい派手さで頑張ってると思うけど、ドラマ部分はやや微妙?
      「ラブロマンスはなくても良かったんじゃないか?」と思ってしまうハリウッドあるある。
      良く言えば軽快でわかりやすい、80年代娯楽アクション映画です。

      2018/11/29 by ででん

      「プレシディオの男たち」のレビュー

    • 2.0

      軍事基地で殺人事件が発生。
      オースティン刑事が捜査のため軍に立ち入るが、仲間は売らないとばかりに非協力的な態度を示す軍人。

      しぶしぶ協力したのは隊長コールドウェル。しかしオースティンはその娘に惚れてしまいややこしい関係に陥る。

      ラブストーリーとアクションという二重の部分を見せているが、何か欲張った気がしてしまう。
      ショーン・コネリーやメグ・ライアンなども含めて、2時間ぐらいにして事件を丁寧に描いたほうがよかった気がする。 >> 続きを読む

      2018/10/25 by オーウェン

      「プレシディオの男たち」のレビュー

    もっとみる

    プレシディオの男たち
    プレシディオノオトコタチ

    映画 「プレシディオの男たち」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画