こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

陽はまた昇る

ジャンル: ドラマ
公開: 2002/06/15
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    陽はまた昇る の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 4.0

      企業戦士の是非はともかく
      人を育てる上司がいた時代

      自分も仕事をしてきて25年余り
      歳は重ねても一番下っ端
      こういう上司は目に見えて減った
      そして
      答えだけを求めてくる若手も増えた

      加賀谷さんのような上司の下で
      がむしゃらに仕事がしたい
      >> 続きを読む

      2020/05/27 by ちっちゅう

      「陽はまた昇る」のレビュー

    • 2.0

      ビデオの規格であるVHSとベータの戦いを映画化したもの。
      少し前に合ったDVDとブルーレイの争いみたいなものか。

      下請けの工場が首切りのため派遣した男。
      そこで逆転とばかりに家庭用のビデオであるVHSの開発に舵を切る。

      古き良き製品の開発であるが、主演が西田敏行なのも相まってか、泣きの演出がとにかくくどい。

      いちいち言葉で説明して、あらゆる人間を説得するという件。
      現実でもそうだったのかは知らないが、苦労を乗り越えたという部分が薄い。
      それを人情的な話に置き換えても感動とはならない。

      西田敏行も釣りバカのスーさんとまるで変わらない役どころ。
      ラストの会社での社員のやり取りは完全に蛇足でした。
      >> 続きを読む

      2020/02/10 by オーウェン

      「陽はまた昇る」のレビュー

    • 5.0

      みちこさん(妄想)。

      なぜこの作品を知らなかったのか?いや、知らない。

      デッキを買った時のことを少し思い出す。

      だが、しかしもうない。 >> 続きを読む

      2016/11/08 by アスハ

      「陽はまた昇る」のレビュー

    • 3.0

      ☆TV☆

      VHSを開発したビクターの実話に基づくサクセスストーリー。
      ベータは名前を聞いたことがあるだけで、見たこともないので、VHSとベータのこんな闘いがあったことも初めて知った。

      「いただきます」「新しい鞄ありがとう」「下請けではなく協力会社」「社員という財産」

      事業部長の、人を大切にする心が最初から最後まで溢れ出ていた。そしてそれが、最終的に成功に繋がる。

      西田敏行はいい役者さんですね。そして渡辺謙も。渡辺謙は堂々とした強い役のイメージが大きかったけど、こういう控えめな役も上手にこなすなーー。素晴らしい。

      最初は事業部長に翻弄されて困っていた大久保の意見で最後は強行手段に出るというところも良いですね。

      主役を支える奥さんの、夫を思う気持ち、応援する気持ちも◎

      「優しい戦いに勝つより、厳しい戦いで負ける方が強くなる」
      印象に残った言葉です。
      >> 続きを読む

      2016/10/09 by もんちゃん

      「陽はまた昇る」のレビュー

    • 5.0 泣ける 元気が出る

      40歳以上のひとであれば誰でも知ってるベータVHS戦争の裏側を映像化した作品です
      西田敏行が本当にいい味出してます
      戦後の日本を動かし続けたのはこういう技術屋のひとたちだったのでしょうね
      もっと話題になってもいいのでは?と思える昭和の美談をいまに伝える名作です
      やはりこういうネタにはいろんな圧力がかかるのでしょうね…
      そんな話は抜きにしても必見の日本映画です

      2016/02/21 by YSL

      「陽はまた昇る」のレビュー

    • ProjectX的な面白さが有りそうですね♪

      2016/02/21 by ice

    もっとみる

    陽はまた昇る
    ヒハマタノボル

    映画 「陽はまた昇る」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画