こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

大統領の料理人

LES SAVEURS DU PALAIS
大統領の料理人
Les Saveurs du Palais ©2012 –Armoda Films- Vendome Production –Wild Bunch – France 2 Cinema
9月7日(土) シネスイッチ銀座、Bunkamura ル・シネマ 他 全国順次公開
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
ジャンル: ドラマ
公開: 2013/09/07
製作国: フランス
配給: ギャガ
INTRODUCTION

味わい深いストーリー、めくるめくご馳走、口に運んだ時の衝撃と驚きの痛快さ!
グルメの国フランスから、この上なく美味しい特別な一本が生まれた。
ひょんなことから、大統領のプライベートキッチンを任されることになった
女性シェフが、型破りな豪快さと絶品料理でお堅い官邸の常識と、
大統領の<心>を変えていく――。
世界中の批評家も舌鼓を打った本作は、本国フランスでも大ヒット!
あなたの「美味しい」がくつがえる、心地よい衝撃を劇場でどうぞ.

STORY

片田舎で小さなレストランを営むオルタンス・ラボリがスカウトを受け、
連れて来られた新しい勤務先はエリゼ宮。そこはなんとフランス大統領官邸の
プライベートキッチンだった。
堅苦しいメニューと規律と縛られた食事スタイル、嫉妬うずまく官邸料理人たちの
中で、彼女が作り出すのは「美味しい」の本当の意味を追求した料理の数々。
当初、値踏みするような目で遠巻きに眺めていた同僚たちも、
いつしか彼女の料理の腕と情熱に刺激され、彼女のペースに巻き込まれ、
官邸の厨房には、少しずつ新しい風が吹き始める。
やがて、大統領のお皿に食べ残しがなくなってきたある日、
彼女に直接声をかけてきたミッテラン大統領の口から意外な話が飛び出す---。
>> 続きを読む

    大統領の料理人 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0

      フランス史上初の女性で大統領官邸料理人となった女シェフの伝記映画。
      ミッテラン大統領かわいい。
      実話だからなのかフランス映画だからなのか、敵対するシェフと和解もしないしエンタメな逆転劇もない。素朴に始まって粛々と終わった印象。
      もっと華々しい話を想像していたので、意外に思いつつもじんわりと染みる人間ドラマを楽しみました。
      料理はとても美味しそうでした。

      2019/02/28 by ででん

      「大統領の料理人」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「美味しいもの 食べさせたいと 思う気持ち」

      TVでやっていたので観てみました。φ(..)

      片田舎のレストランを経営しているオルタンスは、ミッテラン大統領の指名によってエリゼ宮のプライベートルームに迎えられる。オルタンスは、規律に縛られた男社会の厨房で孤立しながらも、ひたすらに料理の味を追求。やがて、オルタンスの情熱が冷え切っていた厨房を刺激していく…というお話。

      これも実話ベースですね。(* ̄ー ̄)


      男社会の厨房で大変であったでしょうに(。´Д⊂)その上『この食材使うな』とか『これは無しで牡蠣に変えてください』などトラブル続き。(゜ロ゜;お山の大将って客観的に見るとめちゃくちゃ滑稽ですね。(*_*;優秀な人材を邪険に扱う古参はまさに老害。

      でも大統領には懇意にしてもらって作りがいはあったみたいですね。(^-^)助手もいいやつだし。

      大統領の料理人を辞めてから南極料理人になったシーンを交えながら展開していきます。(´ー`)σオルタンスにとっては、どっちにしてもやってることは同じなんですよね。

      気取ったフランス料理じゃなくて、家庭的な料理なのがいいですね。でも材料費は結構かかってるみたいで揉めてました(笑)フランスなら食費はケチらないと思ってましたわ。

      結構歳を重ねているのにまだまだ夢があるのはスゴいなぁ〜(。・ω・。)ゞ

      悪い経験も必ず自分の糧になる。(^ー^)

      気になるセリフ
      『デザートは尼さんのオナラよ』『過度な食事制限で健康を保つことは病気と言える』

      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2019/01/16 by Jinyuuto

      「大統領の料理人」のレビュー

    • 4.0

      「大統領の料理人」というステータスには興味がなく、純粋に美味しい料理を美味しく味わってほしいという主人公の一貫した姿勢に好感が持てる。栄枯盛衰を描いているようにも見えるけど、自分の哲学に従ってそれを貫く生き方が清々しい。そして何より、料理の美味しそうなこと。カロリーも健康も忘れて思う存分バターたっぷりのフレンチ家庭料理が食べたくなること間違い無し。

      2016/08/25 by ZhuMei

      「大統領の料理人」のレビュー

    • おなかがすきそうな映画ですね!

      2016/08/26 by mhk

    • 4.0

      音楽に乗って作れらていくおいしそうな料理。

      食べてないにおいしい料理食べた気にさせてくれる映画。

      2016/08/11 by ugoku-P

      「大統領の料理人」のレビュー

    • 3.0

      あまり豪華食材ばかりを使うのは好きではないが。
      カントリー風のおふくろの味ということならなおさらであるが。
      どこの場でも、小さな小競り合いがあるものだが、
      最後にうまく収まらなかったような気がするが、
      でも、ほんわかした雰囲気が良かった。

      2016/03/19 by アスハ

      「大統領の料理人」のレビュー

    もっとみる

    大統領の料理人
    ダイトウリョウノリョウリニン

    映画 「大統領の料理人」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画