こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ダイアナ

ダイアナ
(C)2013 Caught in Flight Films Limited.All Rights Reserved
2013年10月18日(金) TOHOシネマズ 有楽座他全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: 伝記 , ドラマ
公開: 2013/10/18
配給: ギャガ
やっと会える。本当のあなたに―。

<伝説>には秘められた1ページが残っていた―
36歳で急逝した元英国皇太子妃が最期まで追い求めていたものとは?

世界が知らない<真実のダイアナ>を描く感動の物語。

INTRODUCTION

 これが、彼女が世界にくれた〈愛〉──。

今なお人々の心に生き続ける元英国皇太子妃、ダイアナ。
ロイヤルベイビー誕生で沸くイギリスから吹く新しい風にのって、ダイアナの感動の物語が遂に日本に届く!

 王室を離れたダイアナは、真剣に世界を変えようとし、ひとりの女性として純粋すぎる愛を求めていた。今、知られざる彼女の真実に、驚き、共感し、涙を流さずにはいられない──
 
 1997年8月、交通事故でドラマチックな人生を閉じた、元英国皇太子妃ダイアナ。20歳のロイヤルウェディング、ふたりの王子の出産を経て、幸せの絶頂を迎えるはずが、夫の不倫、王室との確執、マスコミとの攻防に傷つき疲れ果て、離婚。シンデレラストーリーは終わりを告げた。絶望を抱えた日々―そんな時出逢ったのが人の命を救うことに全てを捧げる心臓外科医のハスナット・カーンだった。彼に支えられ初めて自分の人生を歩み始めるのだが……。

 ダイアナには、2度のアカデミー賞®ノミネートを誇る実力派ナオミ・ワッツ。監督は史上最も有名な“悪”の“人間性”を掘り起こして絶賛された『ヒトラー ~最期の12日間~』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。
 ショパールやトッズ、ヴェルサーチなどダイアナのお気に入りのトップブランドが全面協力、王室が撮影を許可したケンジントン宮殿の貴重な映像も見逃せない。
 ひとりの人間として、自立していくダイアナの姿を描く感動作。ここには、誰も知らないダイアナがいる。私たちが会いたかった〈本当のダイアナ〉が――。

STORY

1995年、夫と別居して3年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、ふたりの王子とも離れ、寂しい暮らしを送っていた。そんなある日、心臓外科医のハスナット・カーンと出逢い、心から尊敬できる男性にやっと巡り逢えたと確信する。 BBCのインタビュー番組に出演して別居の真相を告白、“人々の心の王妃”になりたいと語って身内から非難された時も、ハスナットだけは「これで、君は自由だ」と励ましてくれた。
 それから1年、離婚したダイアナは、地雷廃絶運動などの人道支援活動で、世界中を飛び回る。自分の弱さを知るからこそ弱者の心を理解できるダイアナは 人々を癒し、政治をも動かす力を持ち始めていた。
 一方、永遠の誓いを交わしたハスナットとの愛は、ゴシップ紙に書きたてられ、彼の一族からも反対される。ダイアナはドディ・アルファイドとの新しい関係に踏み出すのだが・・・ しかし、その瞬間は刻一刻と近づいていた。最期まで彼女が求めていたものとは──?
>> 続きを読む

    ダイアナ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      全世界に衝撃を与えた、ダイアナ元英国皇太子妃の突然の死。

      この映画「ダイアナ」は、そのダイアナ元英国皇太子妃の最後の2年間を描いていて、一人の女性として愛されたいと切望した、彼女の"最後の恋愛"に焦点を当てている。

      そして、その相手は、共に事故死した富豪のドディ・アルファイドではなかったという。

      チャールズ皇太子との結婚が破綻して別居、孤独に生きるプリンセスは、パキスタン人医師のハスナット・カーンに恋をする。

      ダイアナは、自分を特別視せず、人命を救うために生きるハスナットに、惹かれたのだった。

      世間知らずのお嬢様が、料理の手ほどきを受けたり、相手が好きな音楽に手を伸ばしたりと、浮かれる姿は微笑ましい。
      彼女が超人等ではなく、私たちと同じ人間である証拠だ。

      ハスナットへの愛と尊敬が、彼女が精力的に取り組んだ、慈善活動の原動力にもなったようだ。

      だが、時に相手の迷惑も顧みず、過剰な愛情を注ごうとする、恋愛依存型の女性像が際立ってしまう。

      なぜ彼女が、執拗なまでに相手を求めるのか。
      ただの寂しさからではない、その心の内までは分からない。

      常にパパラッチの餌食となったダイアナだが、一方でメディアを操作する、したたかな姿も描かれている。

      この作品の描写の通り、ハスナットを嫉妬させるために、ドディとのロマンスを自らリークし、愛する人に、消えることのないしこりや苦しみを残したまま、この世を去ったのだとしたら、あまりにも皮肉で悲しすぎる。
      >> 続きを読む

      2021/12/26 by dreamer

      「ダイアナ」のレビュー

    • 2.0 切ない

      2021年9月11日
      映画 #ダイアナ 2013年イギリス映画鑑賞

      ダイアナ妃が亡くなったのが1997年で、この映画が2013年。15年経って描けるようになったこともあるんだろうな。

      伝記ものは、本人に似てるかどうかが重要なポイントになるから、この映画は、その点は少々厳しかっただろうな。

      2021/09/12 by toshi

      「ダイアナ」のレビュー

    • 評価なし

      ダイアナ(ワッツ)がチャールズ皇太子と離婚後から36歳の若さで亡くなるまでの2年間を描く。

      2020/10/18 by Silencer

      「ダイアナ」のレビュー

    • 3.0

      ナオミ・ワッツさんを知ってるからか、
      声がイメージと違うからか、感情移入できなかった。
      他のレビューで見たことがあるように、ナオミ・ワッツさんに見えてしまった。

      2020/06/27 by momigi

      「ダイアナ」のレビュー

    • 3.0

      1997年に交通事故で急死した元英国皇太子妃ダイアナの最後の2年間を描く伝記映画。
      当時世間を騒がせた王室との確執や、皇太子との夫婦関係、子供との家族愛、謎多き死の真相などが赤裸々に描かれるのか……と期待して観始めたら、「医師とセレブのラブロマンス」に終始した内容で拍子抜けでした。
      主演のナオミ・ワッツはダイアナ妃の特徴を良く捉えていて、それが逆に生前の彼女を思い起こさせるのか、メロドラマに感情移入しにくかったように思います。
      これも実在の人物を扱う難しさなのかしら?
      ダイアナだと意識せずに、不器用な一人の女性の人間ドラマとして観た方が素直に楽しめるかも。 >> 続きを読む

      2019/12/08 by ででん

      「ダイアナ」のレビュー

    もっとみる

    ダイアナ
    ダイアナ

    映画 「ダイアナ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画