こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ナイロビの蜂

The Constant Gardener
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 2006/05/13
製作国: イギリス
配給: ギャガ・コミュニケーションズ

    ナイロビの蜂 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ナイロビの蜂」は、殺された妻の行動をたどりながら、妻の本質を理解していく夫=不屈の園芸家の心の道程を描いた秀作だ。

      スパイ小説の巨匠、ジョン・ル・カレの小説の映画化作品で、ケニア在住の外交官の妻(レイチェル・ワイズ)が何者かに惨殺される。

      彼女は熱心な活動家で、ケニアの貧困層の医療問題に取り組んでいた。
      彼女の夫(レイフ・ファインズ)は、事件の背後の陰謀を探り始めるのだった-------。

      この映画は、基本的にはミステリで、第三世界における欧米の大企業の不正の告発が、表向きのテーマですが、さらに重要なのは妻を失った夫が、妻の行動をたどりながら、妻の本質を理解していく姿だ。

      レイチェル・ワイズ演じる妻は、我々観る者の目から見ても、エリート外交官の妻には向かない人のように見えるんですね。
      パーティの席でも果敢に外国の大臣を批判するし、不正の追求のためなら色仕掛けだって辞さないんですね。

      そんな妻の行状を夫は見て見ぬ振り。
      ひたすら趣味の庭いじりに没頭していたのだが、妻の死の原因を追ううちに、妻の行動の背後には自分への深い愛情が存在していたことに気付き始める。

      「ナイロビの蜂」とは、陰謀と関係のある存在を意味しているが、あまり良いタイトルとは思えない。
      これは、すでに発刊されていた原作の小説に合わせただけであり、原作の小説の邦題があるにもかかわらず、全く無関係な邦題を付ける映画が多い中、この配慮はありがたいと思う。

      しかし、原題の「Constant Gardener(不屈の園芸家)」の方が、遥かに内容を的確に表していると思いますね。
      主人公は、日課の草木の手入れと同じスタンスで、くじけることなく、じわじわと陰謀に迫っていくんですね。

      彼が選択する結末は、一見、敗北主義的だが、実は用意周到に復讐という大樹の種を植えたともとれるんですね。

      そして、自身を肥やしとすることで、この樹が大輪の花を咲かせることを願ったのだと思う。
      まさに、「不屈の園芸家」の物語なのだ。
      >> 続きを読む

      2018/06/27 by dreamer

      「ナイロビの蜂」のレビュー

    • 3.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      テレビ放送を録画して視聴

      レイチェルワイズって美人というわけではないんだけど
      とても印象的なひとだなぁっていつも思う。
      とても含みのあるミステリアスな表情がそう思わせるのかもしれません。
      今回もいいキャスティングだと思いました。
      彼女の存在が物語の展開上、謎だらけだからです。
      ただ謎すぎて最後のシーンも全く感情移入できない自分がいて
      良かったのか悪かったのか…。
      テッサはどこまで野望家で何を愛していたのか。。。。
      ジャスティンだけが振り回されたようにも感じられたラストでした。
      自分が歪んでるんでしょうかね(笑)
      >> 続きを読む

      2018/05/23 by YSL

      「ナイロビの蜂」のレビュー

    • 5.0 泣ける ハラハラ

      ずいぶん前に観た記憶があるけど2度目の鑑賞。
      アフリカを舞台に、製薬会社と国がぐるになり危険な治験を行なっているという社会派映画。
      同時に深い愛の映画でも。ハリーポッターとはまったく違うレイフファインズが素敵です。
      原題は constant gardener 。レイフファインズの役柄を表しています。

      2017/10/16 by Ennis17

      「ナイロビの蜂」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      最後の行動を納得させてしまう物語。
      妻の死から始まるミステリーと思える内容が、最後には愛に昇華される。

      予想以上にヘビーな物語を作ったのはあのメイレレスだ。
      やはり演出が只者ではないし、舞台がアフリカに移った際の高揚感はこの監督ならでは。
      さらには子供たちの表情が忘れ難い印象を残す。

      俳優二人も力強い。
      レイフ・ファインズの繊細さはこの役が今まで一番出ている。
      レイチェル・ワイズの行動派な一面も予想以上に驚かされた。

      物語もそうだが、この二人をキャスティングした段階で成功している。
      >> 続きを読む

      2015/03/12 by オーウェン

      「ナイロビの蜂」のレビュー

    • 評価なし

      ル・カレ的な、静かで深い切なさの、大人のサスペンスだった

      2014/09/16 by raintree

      「ナイロビの蜂」のレビュー

    ナイロビの蜂
    ナイロビノハチ

    映画 「ナイロビの蜂」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画