こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

人類資金

人類資金
(C)2013「人類資金」製作委員会
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
公開: 2013/10/19
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
M資金を盗み出せ!世界経済を揺るがす禁断のマネーゲームがいま始まる。

敗戦直前、旧日本軍の手により隠匿された財宝――通称「M資金」。日本政府の一部を通して戦後復興や反共計画に極秘に運用してきたと言われ、存在すら闇に包まれているこの金を題材にとった問題作が遂に完成。

M資金詐欺を繰り返す真舟の元に、ある時一人の男が現れ「財団が待っています」と告げる。財団とはM資金を管理運営している日米の秘密機関の俗称だった。「M資金は本当にあるのか?」半信半疑の真舟だったが、次々に起こる異常事態に巻き込まれ、この秘密資金を巡る争いに引き寄せられていく。ロシア、タイ、日本、アメリカと4か国での撮影、分けても、米映画以外では初となる国際連合本部での撮影を敢行した。主演、佐藤浩市。監督、阪本順治。福井晴敏の書下ろし小説を原作に、『亡国のイージス』の二人が再び手を組み、世界を支配するグローバル・キャピタリズムに切り込むエコノミック・サスペンス。 >> 続きを読む

    出演:佐藤浩市 香取慎吾 森山未來 観月ありさ 石橋蓮司 豊川悦司 寺島進 三浦誠己 岸部一徳 オダギリジョー ユ・ジテ ヴィンセント・ギャロ 仲代達矢 監督:阪本順治  脚本:福井晴敏 阪本順治  音楽:安川午朗 原作:福井晴敏「人類資金」(講談社文庫刊) 製作:「人類資金」製作委員会 企画:KИHO  制作プロダクション:KИHO キノフィルムズ   配給:松竹

    人類資金 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 1.0

      福井晴敏の原作は面白いのに、映画化されると途端につまらない作品と成り果てる。
      もちろん題材のスケールが大きすぎて、映像化しにくいというのもあるが。
      しかしここまで当たり作品なしっていうのもすごいな(笑)

      大体キャスト欄からして冷めてしまう。
      ドラマと映画は違うものという認識が未だにできないようで、香取慎吾や観月ありさがまったくはまっていない白けぶり。

      アクションにしても邦画に期待などしていない荒削りの限り。
      あと英語しゃべらせるにしても、役者陣にもう少し勉強させましょう。

      それにしても資金の使い道って結局なんだっけ?
      まあいいか。それぐらいに忘れる程の中身だから(笑)
      >> 続きを読む

      2018/02/07 by オーウェン

      「人類資金」のレビュー

    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      主人公はM資金を騙った詐欺師。

      都市伝説のようなM資金の話から始まる。個人的には、主人公の父親の死からもっと掘り下げ、宝探しの展開になると思いきや、単純な詐欺の話から国連まで関わってくる。国際問題、サスペンス、詐欺、株操作などの要素が加わっている。エコノミック・サスペンスのジャンルで、これだけ重厚な要素を扱った割には内容が浅かったように思う。特に発展途上国に対するイメージが先行しており、感情的に終わってしまったように思った。
      >> 続きを読む

      2016/11/04 by asian

      「人類資金」のレビュー

    • 3.0

      2013年劇場鑑賞。NO.19

      2016/03/30 by おにけん

      「人類資金」のレビュー

    • 3.0

      原作は未読。

      これもまた酷評が多い映画ですね。

      自分もどんだけ酷評できるかな~と思いつつ観たんですが、確かにこりゃ、文句言われても仕方のない、渋すぎる作りでしたね(笑)。

      娯楽大作、と見せかけて実は監督や原作者によりメッセージ色の強い作品、てとこでしょうか。

      観客が期待するであろう箇所がことごとく肩透かしなのに、次々と重要で壮大なテーマが展開されていくという(笑)。

      自分的には、説明不足過ぎとは思いつつ、資本主義の限界というテーマを描こうとするその硬派な姿勢と心意気には感銘を受けました。

      あとは森山未來氏の体裁きの独特さ(特に前半の)も良かったですね。合気道なニュアンスのある近接格闘術、って感じで。

      あぁ、そういえばアクションシーンで煽りの効果音(ビシッ、とかバシッ、とかシュッ、とか)がほぼ無かったことにも、下品な娯楽作にはしないぞ、って拘りが感じられて、好感が持てました。
      その分、非常に地味になっちゃってますけど(笑)。

      ふと思ったんですが、大々的な海外ロケを敢行した邦画で、成功したものってほとんど無いんじゃないかな、と思ったりもしつつ(笑)。
      >> 続きを読む

      2015/05/03 by 備忘録

      「人類資金」のレビュー

    • 香取氏の出演は、坂本監督のキャスティングミスなのか、映画会社側からの圧力なのか。微妙なところですね。
      ちなみ自分が一番違和感を感じたのは観月ありさ氏です(笑)。
      >> 続きを読む

      2015/05/04 by 備忘録

    • どっちもどっちと思いますがキャスティングには色んな圧力が有るのが芸能界だと思いますよ!!
      力のある大手プロダクションに対しては長い物には巻かれよ的な思いが有るのかな~?
      >> 続きを読む

      2015/05/04 by チャミー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      「M資金」ということで、興味深々でした。
      個人的には「M資金」は眉唾ものだとは思っていますけどねぇ。
      どういう風に「M資金」の存在を描くのかが楽しみだったんです。
      結果的に「M資金」に関しての謎解きは、ほうほう~と思ったくらいでした。
      前半でおもしろかったのは、騙されるオダギリジョーを観れたことかなぁ(笑)
      それにしてもこれまた豪華キャストですよねぇ。
      佐藤浩市は好きな俳優さんの一人なのですが、本作では存在感薄いなぁ・・・っていうか、この映画の主役って森山未來ですよね!(笑)
      後半からは森山未來がメインで、国連でする途上国問題への演説は見事でした!
      私の評価はひとえにこの演説に感動したからなんです。
      そのくらい演技がよかったです! 佐藤浩市はすっかり食われちゃいましたね><
      原作者である福井晴敏はヒューマニズムを書かせたら天下一品だと思います。
      この原作は映画にするにはもったいないように思えます。描き切れなかったように思うから。
      この作品は長編ドラマにするべきでしたね。
      ちょっと感じたのは・・・途上国問題を取り上げ、教育が必要と訴えているのに、この映画はこんな豪華キャストでいくら賭けて作ったのかなぁ・・・って^^;
      >> 続きを読む

      2015/02/02 by mana

      「人類資金」のレビュー

    • > 「M資金」ということで、興味深々でした。

      気が合いそうです(笑)

      2015/02/03 by ice

    • >fateさん♪
       本当、素敵な演説でしたよね^^
       そうでした!私も観た時そう思ったんですよ、観月ありさw

      >iceさん♪
       徳川埋蔵金とか夢があっていいですよね^^
      >> 続きを読む

      2015/02/03 by mana

    もっとみる

    人類資金
    ジンルイシキン

    映画 「人類資金」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画