こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アンタッチャブル

The Untouchables
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 1987/10/03
製作国: アメリカ
配給: パラマウント映画

    アンタッチャブル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全15件
    • 4.0

      昔一回見てるはずなのに、これっぽっちも内容を覚えていなかったので、初見みたいなもん…で、すっげー面白かった。
      監督はデパルマだし、もっと陰惨な内容を想像していたら、実にきちっとエンタメ作品に仕上がってました。

      2019/10/16 by ata-ma

      「アンタッチャブル」のレビュー

    • アンディ・ガルシアのファンということもありますが、ベビーカーのシーンは鮮明に覚えています♪ >> 続きを読む

      2019/10/17 by ice

    • >iceさん
      フォローありがとうございます。かみさんもガルシアが好きなそうです。本作に関して言えば、やはりショーン・コネリーがかっこよかったですね。 >> 続きを読む

      2019/10/22 by ata-ma

    • 0.0

      子供のときにチラッと見てなんか怖くて午前十時の映画祭で観直した作品。
      大好きな作品です。メンバー集っていくとこからなにから。胸を打たれる作品です。

      2019/06/30 by ほにゃらら

      「アンタッチャブル」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ クール

      エリオットネスは実在した人物。オープニングから大変。

      2019/06/29 by tokkun1002

      「アンタッチャブル」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      逮捕されて小屋に連れ込まれたギャングの一員が、なかなか口を割らない。
      小屋の外には銃撃戦で射殺された別のギャングが倒れている。

      すると、老練警官のマローン(ショーン・コネリー)が外に出て死体を立たせ、口を割らねば殺すぞと、聞こえよがしに脅し、実際に口の中に銃弾を撃ち込む。

      室内で見ていたギャングは、それが死体であることに気づかず、あっさりと自白を始める。
      これは、映像の魔術師ブライアン・デ・パルマ監督が撮った「アンタッチャブル」の中で最も印象的な場面だ。

      ご存知のとおり、話の軸はエリオット・ネス捜査官(ケヴィン・コスナー)と暗黒街の帝王アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)の対決だ。
      時代は、禁酒法が施行されていた1930年頃。舞台はもちろん、シカゴとその近郊だ。

      この時代、警察とギャングの戦いは、暴力団同士の抗争とよく似ていた。
      デ・パルマは、冒頭の場面でその特性を力強く打ち出してみせる。
      残念ながら、この力強さは、全篇を貫いているわけではない。

      それでも「戦艦ポチョムキン」を連想させる駅の銃撃シーンや、カポネが本拠とするホテルの螺旋階段で小競り合いが起こる場面などは、観ている私の眼を奪ってしまう。
      デ・パルマ得意の派手な構図や流麗なカメラワークが存分に発揮されているからだ。

      それを支えているのは、フランク・L・ライトの建築を模した装置やアルマーニを巧みに活用した衣裳の数々だろう。
      この映画には、そんな楽しいケレンがたっぷり詰まっている。
      >> 続きを読む

      2019/05/10 by dreamer

      「アンタッチャブル」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない ハラハラ

      印象的な真俯瞰からのショットが多用されててカッコイイ。
      改めて見ると絵的な要素も当然良いが、音楽もかなり良い。まあ、いまさらで恥ずかしいけど(笑)
      エンニオ・モリコーネだったんだ。これもいまさらで恥ずかしい。
      爆発で亡くなった女の子の母親がネスを訪ねるシーンが、音楽だけで泣ける。

      2019/03/30 by unkuroda

      「アンタッチャブル」のレビュー

    もっとみる

    アンタッチャブル
    アンタッチャブル

    映画 「アンタッチャブル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画