こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

大統領の陰謀

All the President's Men
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 1976/08/07
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    大統領の陰謀 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 0.0

      シネマフロンティアの午前10時の映画祭で鑑賞。
      オープニングシーンがペンタゴンペーパーズのエンディングシーンと全く同じ画になってて感動。
      いつの時代もペンは強しであるべきだと痛感。

      2019/03/17 by mtmt

      「大統領の陰謀」のレビュー

    • 3.0 クール

      ウォーターゲート事件を調査する二人の新聞記者を描いたノンフィクション。ウォーターゲート事件を知らないから鑑賞したが、関係者がFBIや司法局にまで及ぶという根深さや、口外しようとする人間に圧力を加えるという横暴等が浮き彫りになる。サスペンスとしても見ごたえがあり、レッドフォードとダスティン・ホフマンがいいコンビ。でもあらかじめ予備知識があったほうがいい。

      2018/09/11 by kinako

      「大統領の陰謀」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      ウォーターゲートをすっぱ抜いた2人の記者の物語、ということ以外は知らずに見ました。
      地味だし、最初の方は話の焦点がちょっと分かりづらい映画なので、さぞかし評価は低いだろうと思いきや、各賞に輝いているし、このサイトの評価もすごく高いのですね。正直驚いた。

      いや、私もおもしろいと思った。というか、ラストにビックリした。
      なるほど、いったん負けをとった時点で物語は終わるのか!すごい!と思った。
      というのも、ラストのあの瞬間は「新聞社」としての踏ん張りどころだよね。
      裏付けをきちんと取って出したんだから、あそこで確実な証拠がない限りは簡単に引き下がったり誰かを懲戒したりしないのね。
      かくいう私はあの瞬間、「えーっ、この2人クビ?」って(事件の顛末は分かっているくせに)心配になったので、記者には向いてないんだろう。(笑)

      あの編集長ってか編集主幹?のブラッドリーが非常に興味深い人物でした。劇中で彼が語るフーヴァーの終身長官任命にまつわるエピソードもおもしろかった。部下に対する「信頼」と「指導」のバランスが絶妙な人として描かれている。ステキ過ぎる。

      もう一つおもしろいと思ったのは、主人公2人の「ウラの取り方」。
      いろんなやり方で、なかなか口を割ろうとしない人たちに切り込んでいく。おもしろーーーい。
      好きだなぁ、こういうの。

      昨今は、インターネットの登場のおかげで、新聞社は青色吐息で、こんな風に一つの小さな手掛かりに時間と人を割くって難しいだろうなぁ、としみじみ思う。
      それでも、新聞の連載コラム記事なんかを読んでいると(うちは諸事情により日経取ってますが)、今でも「えー、これってどうやって取材したんだろう、すごいな」って思うときが私はわりとあります。
      すっぱ貫くって感じではないけど、骨のある記者たちは今も奮闘してるんだよなぁ、と思う。記者魂は、世代交代されながら、表現の形は変わっても、きっとずっと続いていくんじゃないかなぁ。
      だって、真実と正義への欲求って、人間に自然に備わっているものの一つだと思うんだよね。

      でも、まさか映画の2人のようなやり方でウラ取ってないよねえ?
      取ってんのかな?
      そのへん、記者さんたちに聞いてみたいなぁなんて思ったりもしました。
      >> 続きを読む

      2018/01/01 by みけ猫

      「大統領の陰謀」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      1976年/アメリカ映画
      DVD鑑賞

      2017/11/11 by Chappy

      「大統領の陰謀」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ クール

      ※再々?鑑賞

      第49回アカデミー賞 助演男優賞・脚色賞・録音賞・美術賞 4部門受賞。

      史実にハラハラ・ドキドキ・・・後半は恐怖感(ホラー映画より怖い)・・・のめり込む!
      新聞社への圧力もみ消しもなく、記者が無事だったのは、時代が良かった(ベトナム戦争終結間際)からか?
      国のトップから国政機関全部が敵である。



      第49回アカデミー賞 作品賞は取れなかった?・・・受賞『ロッキー』、他ノミネート『タクシードライバー』・・・秀作揃いの年か・・・!
      >> 続きを読む

      2016/03/21 by 89bub

      「大統領の陰謀」のレビュー

    もっとみる

    大統領の陰謀
    ダイトウリョウノインボウ

    映画 「大統領の陰謀」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画