こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ウルヴァリン X-MEN ZERO

X-MEN ORIGINS: WOLVERINE
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , ドラマ , SF , アクション
公開: 2009/09/11
製作国: アメリカ
配給: 20世紀FOX

    ウルヴァリン X-MEN ZERO の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全18件
    • 3.0 切ない

      うお〜コイツがデッドプールやったんか!

      2019/08/04 by HAGANELLIC

      「ウルヴァリン X-MEN ZERO」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ クール

      すごく面白かったです。
      ガンビットがめちゃくちゃかっこよかったです。

      2019/07/03 by GEED

      「ウルヴァリン X-MEN ZERO」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      1作目以前のストーリーを加齢してから演じる件についてはおいときまして...。


      アメコミならではの楽しみ方ができました。
      この手の映画もエピソードZEROみたいなやつが近年やたら多いけど、こんなマンガみたいな(マンガ原作ですけども)やつこそ楽しめるっていうモンです。
      エピソードゼロとして楽しめたのは、えらい長生きしてたんだなぁってことや、兄弟のエピソードや、1作目につながる登場人物にも伏線を張ってたり、もちろんバトルシーンもおもしろいアクションがありました。
      バイク~ヘリコプターのシーンなんかおもしろかったです。
      エンドロール後もありますので一応見てってください。見なくてもどうってことないヤツですがw
      妙な日本語が飛び出すお楽しみシーンはシャレてるつもりなんだろうけどカンベン...。



      (~allcinema)
      「X-MEN」シリーズでヒュー・ジャックマンが扮した人気キャラクター、ウルヴァリンの誕生秘話に迫るSFアクション。
      少年時代に特殊能力を覚醒させ驚異的な肉体再生能力と戦闘能力を兼ね備えた主人公ローガンが、“ウルヴァリン”という名で生まれ変わり、悲しき過去を背負いながら宿命と復讐に立ち向かう波瀾の生き様を壮絶に描く。
      監督は「ツォツィ」のギャヴィン・フッド。
       
      19世紀半ば、特殊な能力を持つ少年ローガンは、父親の身に起きた事件でその能力を覚醒させ、同じく超人的能力を持った兄ビクターと2人で支え合って生きることに。
      以来、野獣のような攻撃能力を持つビクターと両拳から飛び出す鉤爪を武器とするローガンは150年以上に渡り、兵士として幾多の戦場を駆け抜けてきた。
      そんな2人はある日、謎の軍人ストライカーが指揮する特殊部隊“チームX”にスカウトされる。
      しかし、ローガンはアフリカでの非人道的なミッションを巡ってビクターらメンバーと対立、チームを離脱する。
      6年後、ローガンは恋人ケイラと穏やかな日々を送っていた。ところが、そこへビクターが姿を現わしケイラを殺害、ローガンも圧倒的な力の前に重傷を負ってしまう。
      復讐に燃えるローガンは、ビクターの暴走を止めるため力を貸してほしいと言うストライカーに協力、最強の戦士になるための改造手術を受けるのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/11/01 by motti

      「ウルヴァリン X-MEN ZERO」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネットで視聴(英語字幕)

      ウルヴァリンを主人公とするXメンシリーズのスピンアウト版。
      その第一作となるこの作品は、独特の情感があって、非常に良いデキ。

      2018/10/08 by Raven

      「ウルヴァリン X-MEN ZERO」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      X-MENシリーズで好きな映画。

      2018/09/16 by joey

      「ウルヴァリン X-MEN ZERO」のレビュー

    もっとみる

    ウルヴァリン X-MEN ZERO
    ウルバリンエックスメンゼロ

    映画 「ウルヴァリン X-MEN ZERO」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック