こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヘンダーソン夫人の贈り物

Mrs. Henderson Presents
ジャンル: ドラマ
公開: 2006/12/23
製作国: イギリス
配給: DHC

    ヘンダーソン夫人の贈り物 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 笑える 切ない ハラハラ

      第一次大戦で息子が戦死したヘンダーソン夫人はヌードレビューの上演を思い立つ。

      2018/09/09 by kinako

      「ヘンダーソン夫人の贈り物」のレビュー

    • 4.0 笑える 元気が出る

      富豪の夫に先立たれたヘンダーソン夫人。
      周囲はお悔やみをと言葉を掛けるが、友人の女性と二人きりになると、ようやく自由になれたわと毒を吐く。

      これだけでも魅力的な人物だとすぐに分かる。

      そんなヘンダーソン夫人が遺産で作ったのはミュージカル劇場。
      その劇場には支配人と演者たちが集まってくるが、戦争の影もちらついてくる。

      他の劇場と同じにしては意味がないと、ヌードを提案する夫人。
      時代の影響に逆らう行為がとてもおかしく滑稽に描き出される。
      この心地よい空気感をスティーヴン・フリアーズは見事な演出で紡ぐ。

      ジュディ・デンチとボブ・ホスキンスは時代に完全に溶け込み相性も抜群だ。
      惜しむらくは劇をもう少し見たいのだが、見せたかったのは劇場に関わった人間たちというメッセージだろう。
      >> 続きを読む

      2016/07/29 by オーウェン

      「ヘンダーソン夫人の贈り物」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      イギリスで初めてヌードレビューの上演を実現した、
      先進的な女性・ヘンダーソン夫人の物語です。

      現代よりも自由の幅がない、抑圧的な社会情勢下でも
      自分の意志を貫く夫人の姿が見所かと思います。

      でも決して気難しい映画ではなく
      夫人がお茶目でチャーミングなせいか
      楽しく観られる場面が多かったです。特に夫人と支配人
      (ジュディ・デンチとボブ・ホスキンス)の掛け合いが
      楽しかったです。
      それとともに夫人の真意等、切ない部分もあり
      人生についてしみじみとさせてくれて
      ほんのりとした温かさが後味として残りました。

      歌やダンスを観るのが好きな人は、いっそう楽しめると思います。
      >> 続きを読む

      2015/09/23 by ひで。

      「ヘンダーソン夫人の贈り物」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ヘンダーソン夫人の贈り物
    ヘンダーソンフジンノオクリモノ

    映画 「ヘンダーソン夫人の贈り物」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画