こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

激突!

Duel
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 1973/01/13
製作国: アメリカ
配給: CIC

    激突! の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 5.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      「激突!」を再見すると、少し誇張して言えば、ここにスティーヴン・スピルバーグ監督の全てがすでに顔をのぞかせているのがわかりますね。

      デビュー作に表現者の生涯の全部が表れると言われるが、奇しくも日本での初登場となった「激突!」の中に、スピルバーグの本質は、全て花開いていると思う。

      普通車に乗って出張中の平凡なサラリーマンが、巨大なタンクローリーに執拗に追われる。
      初めは気にもしていなかったのが、相手は「大」で、こちらは「小」、だんだん怖くなってくる。

      次第に生命の危機さえ感じて逃げて逃げまくる。タンクローリーが地獄の底までつけまわしてくる。
      最後にサラリーマンは、必死の覚悟でタンクローリー車に戦いを挑む。

      「小」が「大」と戦う。そして、タンクローリーは谷底へ落ちていくのだった-------。

      単純なストーリーだ。セリフはほとんどないし、だいいちセリフなんか必要がない。
      映像が全てを語って余りある。

      追いかけられる理由が全くない。だから、不安が増してきて、いつか恐怖におののいて逃げまどう。

      アメリカ西部の荒野を背景に繰り広げられるカーチェイス映画であり、延々と走り続けるという意味では、アメリカ映画お得意のロードムービーの伝統も引き継いでいるが、"不気味な不安と恐怖"が次第に高まっていくサスペンスが、実に見事だ。

      私は、この映画を観ながら、フランツ・カフカの小説「変身」が脳裏をよぎっていた。
      ある朝、主人公のザムザが目覚めると、大きな虫に変身していたという、有名な短篇小説だ。

      主人公がなぜ虫になってしまったのか、その他、全ての「なぜ」に説明がないまま、彼はよりによって家族に殺されてしまう。
      現代人の存在の根源的な不安を先取りした不条理を描いていた小説だった。

      内容は違うが、この「激突!」も何がなんだかわからないままに、追いかけられる。
      これまた不条理。タンクローリーの運転手の顔は一度も映画に出てこない。

      この映画の成功の大きな要素は、実はここにあるのだが、アイディアはスピルバーグの天才性を示している。
      相手がいかなる魂胆を持って追いかけてくるのか想像することさえ拒否している。
      いや、あらゆる想像が可能だ。だから不安が増す。

      主人公の不安と恐怖は、現代という時代を象徴している。
      現代は社会が肥大化し、機械文明が巨大化し、人間が機械を制御することが困難な時代だ。

      いや、機械に人間が振り回されていると言ってもいいと思う。
      なんとも恐ろしい。そんな不安と恐怖は、例えてみれば、理由もわからずにタンクローリーに追いかけられているサラリーマンの男に似ている。

      現代に生きる人々は、いつ何どき同質の不安と恐怖に陥れられるかもしれない。
      ある日、突然、虎になっていたという中島敦の「山月記」をも想起させる。

      そんな時代に我々は生活しているのだ。日常の隣に底なしの暗闇が我々を飲み込もうと待ち構えているようでもある。
      だからこそ、この「激突!」にリアリティを感じてしまうのだ。

      とにかく、スピルバーグの不安と恐怖の雰囲気づくりが見事だ。
      「第三の男」で見せたキャロル・リード監督の鮮やかなサスペンス描写に匹敵すると思う。

      スピルバーグの演出のうまさに舌を巻いて観ているうちに、すっかり私は画面の中に吸い込まれるが、スピルバーグ演出の基本はリアリズムだと私は考えている。

      スピルバーグは、大冒険活劇が得意であり、科学的ファンタジーの世界やら、恐竜時代を豊かな想像力で再現するなど、誰もが到達できなかった映像世界を切り開いた映画作家には違いない。

      だが、スピルバーグの出発はリアリズムだ。
      初め、気楽にタンクローリーを追い抜き、また追い抜かされる遊びをやっていたサラリーマンに恐怖が生まれる。
      そこに至る描写には種も仕掛けもない。つまり、ファンタスティックなものが入り込む余地がないリアリズムだ。

      ドライブインのシーンでの多少思わせぶりな演出を除くと、全編に嘘がない。
      スタジオで撮ったテレビ・ドラマではなく、ほとんどが自動車の実写を含むロケで撮っているが、後にスピルバーグがSFXやCG技術を駆使して、いわば「作り物」の世界を、いかに本物らしくどのように大袈裟に作り上げて、観る者を喜ばすかに全知全能を賭けることになるのとは、全く違っている。

      これが、スピルバーグの出発なのだ。

      「激突!」が追われる者の不安と恐怖を描く、すなわち不条理を押し付けるだけの映画だったならば、この映画の価値はさほど大きくなかっただろう。

      原題がDuel=決闘とあるように、追い詰められたサラリーマンは、逃げまどいながらも、その不条理=悪と「決闘」する決意をし、土壇場で男気を出す。
      リアリズムから離れるとすれば、このラストだけだ。

      不条理なものに対しては、己は例え小の虫であっても、不退転の決意で敢然と戦う。
      この正義の心をはっきりと打ち出したところに、アメリカ的な理想主義があり、ヒューマニストであるスピルバーグのスピルバーグたる所以があると思う。

      ヒューマニストとしてのスピルバーグは、早くもその第一歩の時点で、はっきりとその顔をのぞかせていて、この勇気と上昇的な気分がなければ、世界中でこれほどまでに支持される代表的な映画人にはなれなかったに違いない。
      >> 続きを読む

      2018/08/08 by dreamer

      「激突!」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ クール

      追い越したトレーラーにひたすら追いかけられるという、一見つまらなそうなお話に思えますがめちゃくちゃ面白いです。

      「十二人の怒れる男」もそうですが話や設定がシンプルでも見せ方一つで面白い作品になるんだということを教えてくれる映画です。

      途中カフェで休むくだりがあって、映画として一息つくのかなーと思いきやこのシーンも緊迫感にあふれて目が離せません。凝った構図やカメラワークで主人公の猜疑心を目一杯表現します。

      主人公の車が赤いのは、砂漠や荒れた山並みの背景の中でも映えるように設定したというスピルバーグの談があります。
      トレーラーもいくつかの候補の中からピックアップしたそうで、薄汚れた色が気に入ったということでした。恐怖感が増しますよね。

      時間は90分ほどと短くて見やすく、しかし内容の濃さは2時間長の映画にも劣らない細部まで凝った作りの本作、断然おすすめです。
      >> 続きを読む

      2018/06/28 by JSP

      「激突!」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      最後の最後まで安心できない。
      見終わったあとは疲れました・・・
      ハラハラ度では結構上位!

      2018/03/14 by YOU

      「激突!」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      「なんかすごいものを見てしまった」という思い。
      最初から最後まで見ているものに緊張を強いる。
      90分足らずの映画だけども、見終わったあとはどっと疲れている。

      2018/03/08 by taku

      「激突!」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      幽霊や人間以外の邪悪なものが出てくるホラーよりもよっぽど怖いなと思いました。
      何が怖いってこれ本当に起こりうるリアルなシュチュエーションなんです。
      最初からノンストップでハラハラしました。

      2017/10/19 by Henryk

      「激突!」のレビュー

    もっとみる

    激突!
    ゲキトツ

    映画 「激突!」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画